記事検索

活動報告ブログ

https://jp.bloguru.com/shunju_hokoku
  • ハッシュタグ「#交流部会」の検索結果88件

2019年 交流部会 4月報告

スレッド
シアトル桜祭り商工会主催おしゃ... シアトル桜祭り商工会主催おしゃもじ卓球トーナメント シアトル桜祭り商工会主催おしゃ... シアトル桜祭り商工会主催おしゃもじ卓球トーナメント シアトル桜祭り商工会主催おしゃ... シアトル桜祭り商工会主催おしゃもじ卓球トーナメント シアトル桜祭り商工会主催おしゃ... シアトル桜祭り商工会主催おしゃもじ卓球トーナメント
シアトル桜祭り商工会主催おしゃもじ卓球トーナメント
シアトル桜祭り商工会主催おしゃもじ卓球トーナメント
4月26日から28日にかけて、Seattle Cherry Blossom & Japanese Cultural Festivalが開催されました。1976年に当時の首相三木武夫氏が日米友好のために1000本の桜をシアトルに寄贈したことを契機に始まった大変歴史のあるイベントですが、今年は来年の東京オリンピックを盛り上げようということでおしゃもじをラケットに使った「おしゃもじ卓球トーナメント」が行われ、交流部会からもトーナメントの運営とともに出場チームを派遣して参加させていただきました。また、商工会では、会員企業や会の活動内容等を紹介するブースを設置させていただきました。

卓球トーナメントに出場したのは、当日飛び入り参加を含め8チーム。ラケットとしてご飯をよそうためのおしゃもじを使うほかは、全て公式の卓球ルールに則った混合ダブルスの形式で、2日間にわたって熱戦が繰り広げられました。卓球は、日本の温泉旅館などにも台が置かれ、風呂上りに楽しむ方もいるように、比較的手軽なスポーツとして知られていますが、面積がスマートフォンの半分くらいしかない小さなおしゃもじを使ってプレーしてみると、思いのほか難しいものでした。出場者も最初は苦労していましたが、慣れるに従ってファインプレーも飛び出し、勝敗をかけた1ポイント1ポイントに一喜一憂するなど、盛り上がっていました。
2日間にわたる熱戦を勝ち抜いて優勝したのは飛び入り参加のSakura Radioチーム。また、交流部会から参加したチームも準優勝と大健闘! 3位のJAEチームを含めた上位3チームには主催者からトロフィーが授与されました。

参加した各チームの方々と、スポーツを通じて楽しく交流することができたことに加え、トーナメントの試合が行われている時間以外には、2台用意された卓球台を一般の観客の方々に開放して観客として来場された方々ともお話しさせていただくことができました。また、他の参加者も、皆さん笑顔でプレーを楽しんでおり、卓球、そして桜祭りというイベントを通じた交流の輪が広がっている様子も実感した、充実した2日間となりました。

庄 徹也
交流部会 理事

updated 4/28/2019
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2019年 交流部会 4月報告

スレッド
2019年 交流部会 4月報告 2019年 交流部会 4月報告 2019年 交流部会 4月報告 2019年 交流部会 4月報告 2019年 交流部会 4月報告
Nisei Veterans Committee Memorial Hall訪問

4月9日(火)シアトルダウンにある日系退役軍人メモリアルホールを訪問
同コミッティ元会長のAllen Nakamotoさんと奥様に過去の歴史・展示物の案内を頂きました。

Nisei Veterans Committeeは日系アメリカ人の歴史・遺産を保存し後世に伝える事をミッションとして
2005年に設立されたNPO団体です。主に2世、3世の方々を中心に300名の会員を有します。

メモリアルホールの建物は1937年に剣道道場として建設され、その後長年退役軍人の憩いの場として利用されていました。
今は強制収容、戦争に関する沢山の展示物と共にダニエル・イノウエ元上院議員やへリー・ハリス駐韓国大使をはじめに
大きな活躍や勲章を授与された多くの日系アメリカ人が称えられております。

この機会をきっかけに、Nisei Veterans Committeeとシアトル日本商工会間で双方向の人的交流が
活発になるようにしていきたいと思います。

シアトル日本商工会 谷口明 会長
交流部会 山本尚樹
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2019年 交流部会 3月報告

スレッド
2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告
3月29日(金)シアトル南にあるチーフ・シールス・インターナショナル・ハイスクールで
第36回ワシントン州日本語スピーチ・スキットコンテストが開催されました。
第1回から10回まで日米協会、それ以降は兵庫県ワシントン州事務所が主催する歴史のあるイベントです。

スキット(寸劇)はレベル1、2、3、4の部で計6チームの高校生が参加、
怠け者の先生、喫茶店のウエイターに声かける、河童にキュウリを上げるなど
自作のストーリで笑いありの素晴らしい内容でした。

スピーチはレベル1、2、3、4に加えHeritage(自宅で日本語)部門に分かれ、
15名の高校生が日米貿易、自分の名前の由来、母親の愛、アイデンティティ、差別など
各自が選んだテーマを日本語で発表しました。レベル3、4は日本語の先生のQ&Aもあり
聞き取り・理解力・回答力なども競いました。

レベルが拮抗した熱戦・接戦で全参加者が頑張りました。
優勝者には日本往復航空券が送られ、また上位者には全米日本語スピーチコンテスト出場権が与えられました。

はじめての参加・審査員でしたが、日本に興味を持って日本語を勉強している高校生の姿を見て
嬉しい気持ちになったり、スピーチの内容にジーンと来たりと大変有意義な一日でした。



updated on 3/31/2019

山本尚樹
交流部会 部会長
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2019年 交流部会 3月報告

スレッド
2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告
3月19日(火)シアトル・ダウンタウンにある敬老ノースウエスト 
リハビリ・ケアセンター見学させて頂きました。

Uwajimaya会長でおられるTomio Moriguchi氏をはじめ7名のファウンダーが
高齢化した一世の方々のニーズを満たす、文化、言語、食事を日本風にしたケアセンターを
1987年に開所し、現在116名の方が短期・長期でお住まいです。

和食と洋食が選べる1日3食の食事、日替わりのアクティビティ、ケアマネージャーによる
生活のサポート等が受けられます。施設内には地域コミュニティで有名な画家の絵画が飾られています。

米国でも日本と同じように高齢者のケアセンターのニーズが高まっている中、
施設幹部の方々は、日本のケアセンターの動向や米国に長期滞在されている日本にゆかりのある方々の
ケアセンターに対するニーズの把握をしたいと考えられております。

最後に施設にお住いの皆様とおなじランチ(和食)を施設幹部の方々と味わいました。
とても美味しかったです。

次回訪問の際は、日本の動向・ケアセンターに対するニーズについてお話できればと思っております。

山本尚樹
交流部会 部会長
updated 03/21/2019
#交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2019年 交流部会 3月報告

スレッド
2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告
3月16日(土)に、ワシントン州バンクーバーのClark Collegeで第3回となるPacific Northwest Japan Bowlが開催されました。

当イベントの目的は日本語や日本の文化・歴史、また日米関係など多岐にわたる分野を勉強する高校生たちがクイズを通じ日本に対する理解を深めてもらうことにあります。第3回目となる今回はワシントンから3校、オレゴンから5校が参加し、優勝チームはワシントンDCで4月に行われる全米大会へPacific Northwestチーム代表として参加し、決勝戦に臨みます。クイズの中には、擬態語の「うきうき」を使って日本語で話をしてください!とか「夏目漱石」が使われている日本紙幣を答えなさい!?など日本人でもちょっと迷ってしまうような問題もありレベルの高さを感じました。

優勝はどこのチームが勝ってもおかしくない一進一退の白熱した争いとなりましたが、最後はオレゴン州のウェストビューHSがわずか3ポイント上回り総合優勝となりました。真剣勝負の中にも楽しみながら日本のことを勉強している様子が伺われ笑顔溢れる大変に意義深い内容となっており、より良い日米関係に貢献するイベントに感銘を受けました。

表彰式では、在シアトル領事館山田総領事より記念品やトロフィーなどが贈られ最後は参加者全員と関係者による笑顔の記念撮影で閉会となりました。

久野 嘉一
交流部会 常任理事

updated 4/9/2019
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2019年 交流部会 3月報告

スレッド
キャンパス内に立ち並ぶ赤レンガ... キャンパス内に立ち並ぶ赤レンガの建物の多くは100年以上前に建てられた歴史的建造物で、もともとは米軍関連施設として利用されていたものです。その後、スポケーン市と武庫川女子大学が設置されている兵庫県西宮市とが姉妹都市関係にあるということもあり、1990年より武庫川女子大学スポケーン・キャンパスとして活用されることになりました。 キャンパス内には学生寮や学生用... キャンパス内には学生寮や学生用のカフェテリアや図書館だけでなく、日本文化を紹介する日本文化館もあり、地域に根付いた武庫川女子大学と地域住民との交流を実感することができました。 2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告 2019年 交流部会 3月報告
2019年3月5日(火)、ワシントン州スポケーン市の武庫川女子大学キャンパスで行われた毎年恒例の雛祭りを訪問しました。

武庫川女子大スポケーン・キャンパスの雛祭りは今年で30年近く続く伝統ある行事です。90年以上前に当時の日米外交の一環として、日本から寄贈された日本人形のうち、現存する大変貴重な「ミス徳島」が中心に展示され、イベントは開催されました(ミス徳島については、山田総領事のブログに詳しく紹介されています)。

学生による「嬉しい雛祭り」の合唱に始まり、大学代表の中原副学長による挨拶、石川領事による祝辞と続き、その後学生による「さくら」の琴演奏が行われました。さらに地元小学校生徒による合唱と続きます。小学生が日本語で歌う姿はとても微笑ましい光景でした。

その後、大学関係者による近隣住民及び小学生に対するホームステイプログラムの紹介がありました。このホームステイプログラムも30年近く続く武庫川女子大学と地域住民の交流の一環であり、この大学関係者自身が幼少期に自宅で武庫川女子大学の学生をホームステイで受け入れたことをきっかけで、日本に興味を持ち始め、2年間日本で生活するという経験をしたうえで、現在では大学運営スタッフの一人として、このホームステイプログラムを運営メンバーとして草の根的な日米交流活動を続けている姿に、とても感銘を受けました。私自身も商工会活動を通じて微力ながら日米交流のお手伝いができればと感じました。最後は学生によるソーラン節で、雛祭りは大いに盛り上がりながらの閉会となりました。

久野嘉一
鈴木拓也
交流部会 理事
updated 03/07/2019
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2018年 交流部会 4月報告

スレッド
2018年度 コンテスト入賞者... 2018年度 コンテスト入賞者
https://jwspeechskit.wordpress.com/results/ 

2018年度 コンテスト写真
https://jwspeechskit.wordpress.com/media/
2018年4月20日(金)快晴の下、第35回日本語スピーチ&スキットコンテストが、シアトルセンターの Armory にて開催されました。桜祭りの第1日目となる当日、今年もシアトル地域で日本語を学ぶ高校生らが、熱の込もった寸劇とスピーチを披露しました。出場高校は計9校、コンテスト参加者は64名で、参加規模は昨年よりやや縮小したものの、質の高い、白熱したコンテストが繰り広げられました。例年、シアトル日本商工会交流部会は審査員として参加しており、今年も現地高校生の日本語による表現力や熟練度を、他の4名の審査員と共に審査しました。

午前中は、出場者のオリジナルによる若さ溢れるスキットが9点披露されました。今年は学年毎ではなく、初級(Beginner Level)、中級(Intermediate Level)、上級(Advanced Level)に分かれての勝負となりました。スキットの舞台は、学校やコンビニ、鬼のいる幻想世界など様々。時に微笑ましくユーモアたっぷりな内容に、審査員が顔を綻ばせることも多々ありました。

午後は、学年毎にLevel 1からLevel 4に分かれてスピーチを競いました。これらのLevelとは別に、Heritage部門では、家族に日本人がいる環境で育った高校生がスピーチを行いました。計23点のスピーチの内容は、日本での滞在経験や、日本とアメリカの違い、家族の絆、日本の芸術、さらには日本の資源問題と、様々な題材が個性豊かに紹介されました。また、上級であるLevel 3およびLevel 4の出場者には、それぞれのスピーチの最後に、現地高校の日本語の先生による質問も入り、手に汗握る様子も伺えました。

休憩時間や審査員による審議中には、高校生ダンスグループ「ZER0 Dance」のダンス・パフォーマンスや、兵庫県のマスコット「はばタン」の質疑応答もあり(はばタンは身振り手振りで回答!)、会場を大いに沸かせました。

1日を通して、高校生らの日本と日本語へ熱い想いや、日々の日本語の練習が伝わるコンテストとなりました。表彰式は、スキットは午前中最後、スピーチは午後最後に行われ、コンテストは盛会の内に幕を閉じました。

バクスター恵里子
交流部会 理事

updated 05/11/2018
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2017年 交流部会 7月報告 

スレッド
7月8日(土)~9日(日)の二... 7月8日(土)~9日(日)の二日間、Meydenbauer Center BellevueにてJapan Fairが行なわれ、約2万人のご来場者が参加され、七夕ウィークエンドの賑わいを見せました。JBAは、『ここシアトルで航空機産業を支える日本企業群のプレゼンスを体感頂けるプレゼンテーションパッケージ』をコンセプトに、展示を手作りし出展致しました。
※ブース前にて 山田総領事とJBA 桂田会長
素材、部材・部品、内装・装備品... 素材、部材・部品、内装・装備品、機体・販売、エアライン、物流、などシアトルの航空関連産業の川上から川下までの流れを各種展示や映像で示し、日本の企業群の貢献を紹介し、日米のビジネスパートナーシップの現状について、ご来場者に楽しんで頂ける体感型日米交流を企画致しました。
※会場正面のNorth America Subaru Inc様ご提供の大きなボーイング787中央翼の写真は会場の大注目を浴びました。
今回の催しは初の試みで、コンセ... 今回の催しは初の試みで、コンセプト・構想に始まり展示物の準備には、多くの会員企業の皆様の力を集結頂き、大変見ごたえのある、また体感できるブースとなり、子供から大人まで楽しんで頂け大成功を収める事ができました。
※飛行機の模型も沢山の会員企業様からお借りし、大好評でした!
※エアラインの制服試着コーナー... ※エアラインの制服試着コーナーは子供達に大人気!ハイポーズ 2017年 交流部会 7月報告... ※飛行機の塗り絵、紙飛行機コー... ※飛行機の塗り絵、紙飛行機コーナーは、目玉イベント。
土曜日の朝から大行列が出来、沢山のご家族にお越し頂き、日米交流を深める事ができました。
2017年 交流部会 7月報告... ※おまけ 一ヶ月の準備期間に構... ※おまけ
一ヶ月の準備期間に構築したブース全体構成案。皆様お疲れ様でした!
交流部会理事 辻薫
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

2016年 3月 武庫川女子大 雛祭り

スレッド
2016年3月8日(火)、爽やかお天気の下 ワシントン州スポーケン市郊外の武庫川女子大キャンパスで雛祭りが開催されました。広いキャンパスには大小30以上の赤レンガの建物が並び、芝の緑とのコントラストが印象的です。

(キャンパスの風景)



武庫川女子大スポーケン・キャンパスは既に26年間も操業を続けており,雛祭りも今年で24回目を迎える伝統行事です。
大きな講堂にはおよそ500名の参加者が詰め掛け,壇上には『ミス徳島』の愛称で親しまれる日本人形を始め,雛人形や五月人形も飾られています。

冒頭、『嬉しいひな祭り』の合唱で始まり,大学代表の椋本さんの挨拶,大村総領事の祝辞と続いたあとは武庫川女学生による琴の演奏が行われれました。 更にスポーケン市役所関係者の挨拶と地元小学生の合唱と続き最後は日本人形『ミス徳島』の来歴を伝える寸劇が女学生らによっておこなわれるなど,雛祭りは盛大に催されました。

(琴を実演する女学生)



この『ミス徳島』ですが写真の通り日本の伝統工芸品でありアメリカへ渡ったのは1929年と88年前です。当時は日米交流の一環として日本から友情人形、アメリカから青い目の人形を相互に1万個以上も交換していたそうです。第二次世界大戦中、敵国という事で、多くの人形が壊され、捨てられました。 ミス徳島は、当時ワシントン州の州都であったスポーケーンへ送られて、戦中下でも、スポーケーン美術館が奇跡的に保管、管理をしておりました。 その後、武庫川女子大の教授がそれを発見、人形外交の復活を継承し、日米友好活動を、3月のひな祭りという形で、復活させた歴史があります。(1927年の人形外交について、詳しくはこちらのリンク↓をご覧下さい。) 


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E3%81%84%E7%9B%AE%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%BD%A2



(ミス徳島人形とシアトル日本商工会メンバー)



雛祭りの後はお待ちかねの昼餐会。大学代表の椋本さん主催で大村総領事や我々 日本商工会メンバー、地元のボランティアや大学職員の方々とご一緒して、お抱えのシェフが作ってくれる料理に皆で舌鼓を打ちました。 武庫川女子大スポーケン・キャンパスでは教会・厨房設備も備えており一般の方向けの結婚式にも対応できるそうです。
今回訪問した 武庫川女子大雛祭りですが、来年以降も伝統行事として継続頂き、この先100年も続けていただければと思います。

シアトル日本商工会 交流部会 秋山 真輝
#交流部会

ワオ!と言っているユーザー

交流部会 9月 蚤の市

スレッド
2015年9月11日、12日、... 2015年9月11日、12日、13日にBellevue Collegeにて第17回イーストサイド秋祭りが盛大に開催されました。 シアトル日本商工会(春秋会)は... シアトル日本商工会(春秋会)は秋祭り会場にてファンドレイジングとして蚤の市バザーを行ないました。
蚤の市の主旨は 1.和物(着物・食器・花器)やアニメ本等の販売を通じた日本文化の紹介 2.イーストサイド地域社会との積極的なフレンドシップの構築 3.日本語補習校への寄付と商工会運営のファンドレイジング
蚤の市の売り物は、広く会員の皆様からのご支援とご寄付を募り、半年以上かけて準備されました。
ジャムコ様、米国ヤマト様、商工... ジャムコ様、米国ヤマト様、商工会事務局で北部・南部・東部の拠点となり、ご寄付受け取り場所として、さらに運搬等のご協力をも得ることができ、また紀伊国屋様には毎年本のご寄付をいただいており大変お世話になりました。 11日(金)午後から売り物の運... 11日(金)午後から売り物の運搬と陳列 12日(土)10:00 amよ... 12日(土)10:00 amより蚤の市バザーが始まりました。
例年同様、開催前には入り口近くで多数のお客様が列をなしており
この催し物が地域の人々に親しまれていることを実感しました。
会場では和食器や電気製品そして... 会場では和食器や電気製品そしておもちゃが人気です。特に古本セクションには大勢集まっていました。最近は日本の漫画 "MANGA"がとても人気で日本語書籍であるにもかかわらず若い米国人の方々が購入していたのが印象的でした。 12日と13日の2日間で数百人... 12日と13日の2日間で数百人の来場者数があり、例年以上の売上を記録できたのも会員の皆様からの真心と
多大なるご寄付のお陰です。交流部会部会長として心より御礼させていただきます。また約40人のボランティア、
担当理事、事務局の皆様には3日間連続の販売・宣伝・陳列・運搬と後片付け、大変お疲れ様でした。
蚤の市は商工会活動の重大な位置... 蚤の市は商工会活動の重大な位置付けとして今後も開催されるでしょう。
会員の皆様には引き続きご支援をいただけますよう心よりお願い申し上げます。
交流部会 9月 蚤の市
交流部会 部会長 井澤 大作
シアトル日本商工会(春秋会)

updated 10/09/2015
#イベント #交流部会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ