記事検索

活動報告ブログ

https://jp.bloguru.com/shunju_hokoku
  • ハッシュタグ「#商工会」の検索結果17件

2022年 6月報告 臨時総会

スレッド
2022年 6月報告 臨時総会
6月16日にシアトル日本商工会の臨時総会を行い、会長交代の決議を頂きました。

おかげさまで会長に加え、経済文化部会・部会長1年、交流部会・部会長を2年やらせて頂き、お布施のつもりが、自分自身にとって深い満足感を得ることができた大変貴重な経験となりました。

地域コミュニティ・商工会会員様が元気になるような活動を応援しております。

ご縁ができた皆様、今までありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。
いつかまたお会いいたしましょう!

山本尚樹
シアトル日本商工会(春秋会) 前会長(2022年1月~6月)
#商工会

ワオ!と言っているユーザー

2022年 5月報告 

スレッド
2022年 5月報告 
2022年5月のとある日に
シアトル日本商工会の事務局長・名誉顧問を務められた
黒澤良春さんご夫妻にお会いしました。

オンラインでは普通にやり取りしておりましたが
対面でお会いするのは2年半ぶり以上(コロナ禍以降初めて)で感動の再会。

場所はシアトル日本商工会の新年会会場のヒルトンベルビュー・ホテル。
思い出深い場所で思い出話に花を咲かせ、あっという間の1時間半でした。

黒澤さん、ありがとうございました。
また近いうちにお会いできるのを楽しみにしております。

山本尚樹
シアトル日本商工会(春秋会) 会長
#商工会

ワオ!と言っているユーザー

2022年 補習学校卒園・卒業式

スレッド
2022年 補習学校卒園・卒業...
シアトル日本語補習学校の卒業式・卒園式が令和4年(2022年)3月12日にオンラインで開催されました。

小学部54名、中学部22名、高等学部4名そして幼稚園部48名の卒業生の皆さんが卒業・卒園されました。

稲垣在シアトル日本国総領事、柏校長先生、成田高等部校長先生、森久保学校運営委員長からのお言葉、在校生の送辞、卒業生の答辞、
いずれも思いの詰まった素敵なメッセージでした。

卒業生の皆さま、本当におめでとうございます!自分を労わり、常に周りの人の支えがあることを胸にとどめ、4月からの新しい挑戦に臨まれることをお祈りしております。

シアトル日本語補習学校 ホームページ
https://seajschool.org/

山本尚樹
シアトル日本商工会(春秋会) 会長
#イベント #商工会 #教育部会

ワオ!と言っているユーザー

2022年度 総会

スレッド
2022年度 常任委員会 2022年度 常任委員会
1月28日(金)にシアトル日本商工会のオンライン年次総会を開催いたしました。
おかげさまで名誉会長の稲垣在シアトル日本国総領事をはじめ、約40名の会員様にご参加頂きました。

2021年度の商工会活動報告と2022年度の会長・副会長・常任委員の選任、活動計画・予算の承認がなされました。

事務局を中心にボランティアの理事一同、明るく楽しく会員様のお役に立てるように運営して参りますのでよろしくお願いいたします。

会長 山本尚樹
#イベント #商工会

ワオ!と言っているユーザー

2017年 アカデミックオープンスペース

スレッド
2017年 アカデミックオープ...
東北大学とワシントン大学とでアカデミックオープンスペース (AOS) を開設することになり、その調印式(4/14)に先だって、東北大学航空宇宙工学専攻の岡部朋永教授による、当商工会への説明会 (4/11) を開催しました。
当日の岡部教授のプレゼンを掲載いたしますので、ご参考に願います。商工活動強化の一環と捉え、今回はまずAOSの考えにつき説明を受け、シアトル進出日本企業としてどのように活用できるのかを考える最初の機会として設定しました。


AOSの狙いや考え方についての岡部先生のご説明のポイントは下記のとおりです。
1.東北大学の狙いは、産業集積地であるシアトルに拠点を形成することで、全米へのゲートウエイとすること。

2.一方、ワシントン大学は東北大学との連携を通じてシアトル地域に進出している日本企業のR&Dの一翼を担うことが目的。

3.オープンスペースと名付けた理由は単に大学ー企業間の連携だけでなく、この仕組みを通じて企業―企業、大学-政府など様々な連携のケミストリーを生み出すことにある。

4.シアトルにR&D組織をもつ日本企業だけでなく、R&D組織を持たないが技術課題をもつ企業の方々にも積極的に参加していただき、自由で闊達な議論あるいは大学研究者とのマッチングを気軽に行える活気あふれる取り組みとしたい。


より詳しくは下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.washington.edu/news/2017/04/14/uw-tohoku-university-establish-academic-open-space-partnership-for-innovations-in-aerospace-clean-energy-disaster-preparedness/

http://www.dailyuw.com/news/article_0575cbae-2575-11e7-a2c1-2bb88603d249.html

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/05/news20170508-01.html


アカデミック・オープン・スペース資料はこちら

シアトル日本商工会(春秋会)常任委員
小田切信之
#商工会

ワオ!と言っているユーザー

役員異動のお知らせ

スレッド


会長 坂井一臣
双日米国会社
Sojitz Corporation of America


副会長・教育部会長の鳥原 正氏(Nichirei USA LLC)ならびに教育部会理事・副部会長の田村 裕文氏(CAESCO)の日本帰任による退任に伴い、去る3月24日の定例常任委員会において会則第三章第19条に基づき欠員補充が協議され、以下の人事が承認されました。なお、副会長・教育部会長の交代については4月21日の定例常任委員会(当日出席常任委員会定足数未達のため翌22日に持ち回り決議)において下記の通りとなりましたので茲許報告申し上げます。


■ 2014年4月1日付け
常任委員・教育部会理事・副部会長   大橋 功(Nabtesco Aerospace Inc.)

■ 2014年5月1日付け
副会長・教育部会長         安藤 威(Nippon Express U.S.A., Inc.)


以 上


#商工会

ワオ!と言っているユーザー

2014年2月 年次総会報告-2014年活動方針

スレッド

初めに-総論


商工会会長 坂井 一臣 
Sojitz Corporation of America




2013年度シアトルに商工会矢代前会長の後任として、2014年度会長を務めさせて戴くことになりました。諸先輩の皆々が築かれた50年余りの歴史と伝統あるシアトル日本商工会の運営をお預かりする責任に身の引き締まる思いであります。 本年度は当商工会会則第一章第二条にある当会運営目的を改めて確認し、会員相互の親睦、子女教育の充実、地域社会との交流を活動の三本柱とし、昨年度の活動方針である会員の皆様方にとって「入ってよかった」、「入っていてよかった」と思って戴けるシアトル日本商工会を念頭に引き続き運営して参りたいと思います。これら3本柱に直結する基本的な下記活動については新部会長のリーダーシップのもと、本年度も確実な運営をめざしてまいりますが、会員の皆様方はじめ役員・理事・顧問の皆々様並びに事務局各位とともに力を合わせて商工会組織運営の在り方を常に検証する姿勢を堅持し、よき伝統と歴史を守り継承していくとともに、時代が求める姿を念頭に有形・無形の投資を図り、必要な分野においては短中期的な計画のロードマップを構築していきたいと考えております。

シアトル商工会活動の柱
1. シアトル日本語補習学校設置責任母体としての商工会の役割をしっかりと確認し、同校運営支援を通じ、会員子女を初めとする次世代教育環境の維持向上に寄与する(教育部会)。
2. 日米協会初め他諸団体との各種合同イベントの開催・参加を通じ地域社会との融和・親睦を推進する(交流部会)。
3. 年間恒例行事の企画・開催・運営を通じ会員相互間の交流・親睦の促進と結束を図るととももに、経済・社会情勢に対応した情報の提供を図る(経済文化部会)。

尚、当商工会は期待役割の一つとして、これら活動を通じ、会員・そのご家族へのサポート及び会員相互のネットワーク作りの為にもよりよき「機会」のご提供という点に特に注力して参ります。
会員の皆様には、全ての商工会活動に積極的にご参加戴くことが当会の原動力であるという基本理念を共有戴きますとともに、ご支援・ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

以上



教育部会


部会長 鳥原 正
Nichirei U.S.A., LLC


photo_24286



シアトル日本語補習学校では現在660名を超える園児、児童、生徒が在籍しております。日本からの駐在員が減少傾向の中増加傾向にあることは現地に根ざした日本の教育が認められている証であります。また現在の補習学校運営方針によって進められた学校運営担当各位の日々の努力の賜物であります。

今年度につきましては、シアトル日本語補習学校設置母体としての商工会の役割を再度しっかり確認し、同行運営支援を取り進め更なる発展を目指して参ります。その目的の遂行の為下記項目を活動方針として取り組む予定です。

1. 補習校の充実
• シアトル日本語補習学校の教育サービスの品質向上を目的とした教職員サポート
• 安全で安心な学校作り(SHS改築工事中の児童の登下校での警備体制の構築)
• 図書や教育機器の充実
• 現地学校との友好関係の維持(オープンハウスの実施)
• カウンセラーの常任配置(月2回)

2. ベルビュー市教育関係者との友好関係維持
• シアトル日本語補習学校を通じ3名の現地学校教員の日本への派遣事業(日本文化への理解促進)
• サマミッシュ高校(借用校)との友好関係、協力体制の維持

以上、シアトル日本商工会教育部会としましては、上記の2点を重要項目に捉えるとともに、運営母体としての責任を念頭に、明るい学校運営維持を進めるために、引き続き、誠心誠意活動をサポートしてまいりたいと思います。

以上



交流部会


部会長 澤井 規行
Fuji Heavy Industries U. S. A., Inc.



photo_24287




2014年度交流部会に於きましては、シアトル日本商工会の活動方針の元、これ迄同様、「地域社会への貢献 および 地域の諸団体との交流を通じて、日米の友好関係を継続・促進すること、また、シアトル日本商工会の存在意義を内外で理解して頂けるような広報活動を行う。」という、その設立の目的に基づき、以下の方針の元、活動を進めて参ります。


1.地域社会への貢献 および 日米の友好関係の継続・促進する為の活動:
諸先輩の皆様が構築された、幅広い分野での地域交流・友好関係を、しっかり継承すると共に、環境や状況の変化を踏まえながら、それぞれの企画の改善/向上発展や、新たな交流機会の開拓についても、更に進めて行きたいと思います。

・日米協会 および 米系諸団体との各種合同イベントへの参加:
代表例:
・サマーソーシャル企画開催(日米協会との共催)
・ビジネスラウンドテーブル企画開催(日米協会との共催)

・地域貢献、日米交流、在米日系文化の維持とさらなる普及に資する企画への参加、寄付:
代表例:
・桜祭りへの参加・寄付
・ワシントン州高校生日本語弁論
・寸劇コンテスト参加・寄付
・イーストサイド秋祭りにおける、蚤の市企画開催
・Day of Caringなど地域ボランティア活動参加


2.シアトル日本商工会としての広報活動:
さまざまな規模/範囲のコミュニティーに於ける情報共有活動の広がりを念頭に置き、それらを効果的に取り入れて、商工会の会員各組織/各位の相互のコミュニケーションを活性化し、そこから、対外的な幅広い交流へと繋げ、商工会の存在意義の広報活動を、更に進めて行きたいと思います。

・商工会ホームページの維持管理や、より効果的な広報手段の検討/実施:
代表例:
・情報発信プラットフォーム整備/改善
・広報手段の改善/開拓

・商工会ファンドレイジングの為の商品企画や、イベント企画・実施:
代表例:
・商品企画/イベント企画の原点復帰


交流部会では、100組織/270人を超える会員各組織/各位のお力をお借りし、その活動をお手伝いする事で、交流/友好関係向上に努めて参ります。これ迄同様、あるいは、それ以上の、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、改めてお願い申し上げます。

以上



経済・文化部会


部会長 仲摩 良一
Toray Composites(America), Inc.


photo_24291



辻前部会長の後を引き継ぎ、2014年度の部会長を勤めることになりました。シアトルには昨年の5月末に着任したばかりでまだ土地勘もありませんが、50年以上の永い歴史と伝統をもつシアトル日本商工会「春秋会」の良き文化を継承しつつ、今年一年、部会内はもちろんのこと、会員の皆様方、役員・理事の方々及び事務局と良くご相談しながら、新たな1ページを加えるべく、精一杯努めさせて頂く所存です。

経済・文化部会は、商工会の年間恒例行事である新年会、マリナーズ観戦、総領事杯ゴルフ大会の企画・開催・運営を通じて、会員相互の親睦を深め、交流・ネットワークの促進を図るとともに、経済・社会情勢に対応したタイムリーな情報収集の機会提供を図ることを目的として活動しています。
2014年度も、引き続き「会員相互の親睦を深め、交流・ネットワークを促進する」という基本方針のもと、皆様にご満足頂けるように、より質の高いイベントをタイムリーに企画して参りたいと思います。

1.商工会の恒例行事(新年会、マリナーズ観戦、総領事杯ゴルフ大会)の企画運営
2.ビジネス知識や社会知識を深めるセミナーや、会員及びそのご家族の皆様が安全・快適に暮らして行くために必要な知識を提供するセミナー等の開催
3.会員相互のネットワーク作りを促進するイベントや「場」のご提供

なお、イベント内容の決定に際しては、「会員の皆様に“出席してよかった”と思って頂けるイベント作り」を基本として、より多くの会員の皆様にご参加頂けるよう、ご意見を積極的に反映していきたいと存じます。ご提案やご希望等がございましたら当部会にご連絡頂くとともに、是非とも積極的にご参加頂きますようお願い申し上げます。

以上







#商工会

ワオ!と言っているユーザー

2014年2月 年次総会報告-2013年活動報告

スレッド

初めに-総論


商工会会長 矢代 道也 Mitsui & Co., (U.S.A.) Inc.



昨年1年間、皆様がたのご支援・ご鞭撻によりシアトル日本商工会会長という重責を果たすことが出来ましたこと誠にありがたく、この場をお借り致しまして厚く御礼申し上げます。

2013年度を振り返りますに、役員・理事一同、会員の方々に「入っていてよかった」と感じて頂けるような商工会を目指して運営してまいりました。
具体的には「①会員相互の親睦、②子女教育の充実、③地域社会との交流と貢献」という3つの設立目的に沿って3部会(経済文化、教育、交流)体制のもとしっかりと遂行できたものと考えております。

1. 経済文化部会では、各種セミナーの他、新年会、マリナーズ観戦、総領事杯ゴルフ大会、ランチ・クルーズなど数々のイベントを開催し、数多くの方々にご参加頂きました。
2. 教育部会では、年々補習校の生徒数が増加する中、より良い教育環境実現のために学校運営支援を一層積極化すると共に、例年通りサマミッシュ高校教師の日本派遣を実施し、同高校との友好関係維持・強化と日本文化への理解促進を図りました。
3. 交流部会では、桜祭りや秋祭りへの参加、及び日米協会との合同イベントであるサマーソーシャルやビジネスラウンドテーブルの開催、またNikkei Community Networkとの連携など地域交流・貢献に積極的に努めました。

2013年度活動で至らなかった点及びやり残した点に関しましては反省事項として、2014年度役員・理事の方々にしっかりと引継ぎ、今後の商工会活動向上に結び付けたいと考えております。

最後になりましたが、改めて、商工会運営にご理解・ご協力頂きました皆様がたに心からお礼を申し上げますと共に、引続きご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

以 上




教育部会

部会長 坂井 一臣 Sojitz Corporation of America


シアトル日本語補習学校は2016年には創立45周年を迎える予定です。この一年教育部会はシアトル日本語補習学校運営委員会を組織し、歴史ある当校の運営に従事して参りましたが、会員皆様のご支援とご協力に厚く御礼申し上げます。

1.シアトル日本語補習学校状況について
現在、幼・小・中・高を合わせて、660名を超える園児・児童・生徒が在籍しており、全米でも高い評価を戴いている質の高い教育活動が維持されております。 ここ数年の児童生徒の増加傾向を分析してみますと下記の図の通り、2009年から2013年までの(いずれも4月1日末日の在籍数)間で20%の園児・児童生徒(以下児童生徒)数の伸びが認められます。幼稚園・小学部のみならず、現地校との学習・課外活動との両立がだんだんと難しくなるといわれている上級学年においても在籍数が伸びを示しており、シアトル日本語補習学校の大きなミッションである本邦帰国後の継続的学習へ対応できる学力の維持へのニーズを実感する次第であります。 この意味におきましても、2013年度は昨年に引き続き、当シアトル日本商工会の活動方針に沿いまして、シアトル日本語補習学校の高い教育水準と安定した教育環境維持に注力するとともに、補習学校教職員各位の要請に応じ、保護者の皆様への学校運営における説明責任を果たすべく活動・対応してまいりました。これひとえに会員の皆様方のご理解ご支援に教育部会理事一同、改めて感謝を申し上げます。

photo_24278



2.学校運営・予算管理
①運営管理
通常の学校運営事項につきましては、月例の補習学校学校運営委員会において学校長よりの校内運営報告に基づき正常な学校運営の状況を確認し、都度シアトル日本商工会常任理事会への報告実施。(部会長・副部会長が常任委員として出席)
②予算執行管理 
予算執行管理につきましては月次で予算執行・実績見通しに関する報告を学校事務総長より受け補習学校運営委員会において審議の上、疑問点ならびに報告内容に誤謬なきよう確認作業を行い、四半期ごとに当会会計監事のチェックを実施し学校運営委員長である教育部会長がこれを報告を受けている。尚、予算決算については商工会常任理事会にてこれを報告し承認を受けております。

3.サマミッシュ高校改築工事開始~工事期間中の対策~
日本語補習学校が開設されておりますベルビュー市サマミッシュ高校は、校舎の改築工事が昨年秋よりスタートいたしました。現在校舎敷地内は旧校舎取り壊し・資材管理等の影響から敷地内の駐車場の使用に大きな制限を設けており、これにともない、児童生徒の登下校時の送迎におきましては、周辺地域交通への影響を最小限とすべく、警備員配置計画を始め学校教職員並びにPTAの皆々様の多大なるご協力を得てましてほぼ従前通りのスムーズな登下校時の対応を実現するに至っており、関係各位のご尽力とご協力にこの場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。尚、一昨年2012年12月、年末に起きましたコネチカット州にニュータウンおけるサンディフィック小学校銃乱射事件の記憶も覚めやらぬまま一年の時間がたちましたが、上述の地域交通へ影響対策とあわせ、学校の安全管理につきましては次年度以降も状況に応じ対応を検討してまいります。

4.ベルビュー市教育関係者日本派遣事業実施

商工会ではシアトル日本語補習学校を通じ日本文化ならびに日本の教育現場の実情への理解促進を目的として、毎年現地学校教職員のの日本への派遣するプログラムを実施しており、今年は25周年目を迎えることができました。今年も生物化学科、数学科、音楽科の3名のベルビュー市教員の先生方が神戸市立葺合高等学校、八尾市立志紀小学校、曙川南中学校において、日本の児童生徒ならびに教職員の皆様との交流を深め、日本における学校教育の実情と日本文化を体験し日米交流に大きく貢献されました。 本プログラムは現在日本語補習学校の設置にご協力・配慮を戴いているベルビュー市教育当局各位からも高い評価を戴いております。

photo_24279


以上、シアトル日本商工会教育部会はシアトル日本語補習学校運営母体としての責任を念頭に、明るいシアトル日本語補習学校運営維持の為に、引き続き、誠心誠意を込めて活動を支援してまいります。皆様のご支援ご協力を併せてお願い申し上げる次第です。

以 上


交流部会

部会長 川添 眞一郎 Mitsubishi International Corp



活動方針 
1)地域への日本商工会としての貢献と商工会プレゼンスを示す為の活動
2)地域諸団体との交流促進イベント開催
3)シアトル日本商工会としての広報活動

活動報告
1)桜祭り(4/27-28 、シアトルセンター)
米国北西部での最大の日系文化イベントであり、2013年度は会場への延べ入場者数 3万人、延べボランティア数 1千人の規模で開催。商工会としては、商工会そのものの紹介と会員企業の案内資料の配布を主眼にブースを設置し、交流部会理事が交代で2日間対応。来場者の興味を引くためにダーツを設置して、会員企業から提供頂いたGive Awayを景品として渡しながら、商工会の説明を実施。
当初予想していたより多くの方がブースに来場してくれ、商工会や会員個別企業に関する質問などを受けたことから、商工会の存在を知ってもらうよい機会になったと総括。次年度の課題としては、商工会説明用のパンフレット(日英両方)の整備と、会員からの提供景品の充実、来場者へのアンケートの実施などがあげられる。
桜祭り協賛金として商工会からは1700ドルの寄付を行い、桜祭りの運営そのものにも貢献してきており、このレベルの寄付を継続することは必要ではないかと思料。(2011年の寄付額2700ドルから2012年に1700ドルに減額した経緯あり。)

2)サマーソーシャル(7/20、ニューポートヨットクラブ)
恒例のワシントン州日米協会との共同交流イベントとして150名を超える過去最高の参加者を得て、好評に開催することができた。提供された料理や子供向けの企画は好評。会場が参加者に対して手狭であったことなどもあり、導線の改善も含め、参加人数を考慮した場合の会場選びや屋外スペースの活用など次年度の検討課題となる。また、両組織会員の交流ということを考えた場合、座席配置などの面で工夫をして、さらなる交流イベントとしての質の向上が望まれる。

3)秋祭り蚤の市(9/7-8 、ベルビューコミュニティーカレッジ)
交流部会理事と事務局、数多くボランティアの参加を得て、成功裡に開催することが出来た。9/7はオープン前から会場前に長い行列ができ、秋祭りの目玉イベントとしてすっかり定着した感あり。収益余剰金は4900ドルであり、この全額を日本語補習校へ寄付することが出来、当初予算の4000ドルを上回る貢献ができたことは大きな成果。今後の課題としては、秋祭り事務局から提供受けるラッフルチケットの販売方法、提供寄付品の回収や当日ボランティアでの補習校PTAとの連携などがあげられるが、商工会の唯一のファンドレイジングイベントとして今後も盛り立てていきたい。

4)Day of Care (9/20 、Seattle Public Library周辺の清掃)
United Way 主催の地域ボランティア活動に交流部会理事を中心に参加。シアトル市内にあるSeattle Public Libraryの周辺清掃を半日かけて実施。図書館司書の方から図書館の施設や歴史、地域とのつながりなどの説明も頂いた。

5)ビジネスラウンドテーブル(10/18、ベルビューシティーホール)
ワシントン州日米協会との合同イベントとしてJapan Update Business Opportunities for 2014 and Beyondというテーマで講演とパネル討議を実施し、
その後参加者全員によるレセプションでの交流会を実施。150名を超えるイベントへの登録を得て、国際的に活躍している講師(浜田内閣官房参与、マーシー元米通商代表部)やパネリスト(マイクロソフト、スターバックス、アキュセラ)の登壇により、幅広い議論や質疑応答が行われた。本年は笹川平和財団のグラントを得ての開催となったが、次年度は同様のグラントは使えないことから、開催テーマやイベントの建付けなどを工夫していく必要あるが、時節を得た内容で幅広い層の参加者が一同に会し、議論を交わす貴重な場にもなっているので、次年度も継続発展的な形で企画していくべき。

6)地元団体への寄付と交流活動
Seattle Cherry Blossom Committee (桜祭り) 寄付額:$1700
Eastside Nihon MatsuriAssociation (秋祭り) 寄付額:$2500

Hyogo Business –Cultural Center (高校生日本語弁論、寸劇コンテスト):寄付額 $1300
*外国語として日本語を学ぶ高校生を対象にした日本語コンテスト、商工会からは当日の審査委員としても企画に参加。
Great Seattle Japanese Queen Committee(日系クイーンコンテスト):寄付額$ 300
*日系関連の年間行事に花を添える存在として、また州外のイベントにもワシントン州の日系社会の親善大使として活動するクーインを選ぶ企画で、長い歴史を持つ。クイーンへの奨学金という形で商工会からの上記寄付額をコンテスト会場にて寄贈。
Nikkei Community Network (マリナーズ岩隈選手歓迎会):寄付$ 100
*シアトル近郊で活動を行う日系関連団体(25団体程度)が加盟する連絡会で、定期情報交換会を2か月に一度開催。こうした地域日系社会でのイベントなどの企画も行い、本年はこれ以外に太田前総領事の送別会や大村総領事歓迎会も実施。
合計: $ 5900

7)商工会の広報活動
シアトル日本商工会として情報発信を行う場としてホームページを開設しており、内容の更新を事務局中心に行ってきている。会員交流の場として会員ブログも設定されているが、使い勝手も問題もあり積極的に活用されていない現状。
交流部会として、現在あるプラットフォームを使って情報発信の活性化や会員相互の交流活発化が図れないかの検討を重ねたが、現在のプラットフォームの改良を費用をかけて行うべきなのか、あるいはSNSとして普及しているプラットフォーム機能を取り入れていくべきかのPros & Consの整理が必要との本年度部会の判断。次年度の課題として、常任委員会レベルで商工会機能のとしてどこまでの費用とリソースをかけてプラットフォームを充実させるべきの判断できる材料を交流部会として準備することがあげられる。



以 上


経済・文化部会


経済・文化部会長 辻 宣一
JAMCO America, Inc.



2013年度 経済文化部会は、部会の基本方針、(a. 会員相互の親睦・交流・ネットワーク作りの促進、b. お互いが気軽に情報を交換し相互扶助できるような「場」の設定) にのっとり活動してまいりました。主に次の3つの分野での活動です。
1. 商工会の恒例行事 (マリナーズ観戦、総領事杯ゴルフ大会、新年会)- 恒例行事を通して、商工会会員間の和と一致を促進し、共同体としての商工会の基盤強化を図る。
2. 各界専門家による、安全・快適に暮らせるためにすぐに役立つセミナーや国際社会の動きを知るためのカルチャーセミナーの開催 - セミナーを通して、生活に役立つ情報、文化や教養を深める情報を提供し、商工会個々の会員の益を図る
3. 家族で楽しめるイベントの企画と実施 - 子供も楽しめるイベントを通して、商工会会員の家族同士の交友を深め、「楽しい商工会、みんなのための商工会」という意識を持ってもらうように努める。

この1年で11回のイベントを行なってきました。
photo_24277

簡単に振り返りますと、 商工会の恒例行事である新年会(1月)、ポートランド商工会との合同でのマリナーズ観戦(6月)、そして総領事杯ゴルフトーナメント(8月)、いずれも多くの方々にご参加頂き盛況となりました。特に新年会は、新たな試みとして、例年のGlendale Golf Clubから場所をBellevue Hiltonに移しての新年会を企画しました。新たな会場に伴うテーブルや料理の配置、メニューのなどの調整は、ゼロからのスタートのため、かなりの苦労がありましたが、参加者は一昨年の185名から昨年は230名以上となり、大盛況となりました。ちなみに先日行なわれた今年の新年会では、250名を超える参加がありました。これらの恒例行事に多くの方々のご参加をいただき、会員の方々には商工会会員としての意識を高めていただけたと感じています。
セミナーは6回開催されました。4月・5月の新たに着任される方の多い時期には、シアトルでの生活に役立つテーマを取り上げ、4月には総領事館にご協力いただいて「安全・安心に生活するために」セミナー、また5月には、特にシアトルに移動したために社会とのつながりが希薄になってしまう奥様方のために「女性は家庭の太陽!海外生活でも輝き続ける秘訣」、「将来設計にゆとりを!ここから学ぼう、投資の話」というテーマで、セミナーを実施しました。
9月・10月・12月はビジネスに関わるテーマで行ないました。9月には、ボーイング工場ツアーと「世界の空港と航空業界」というセミナー、10月はJETROとの共催で「最新の世界貿易・投資の見取り図と日本企業のビジネス展開」、また12月は「米国経済」テーマに取り上げ、「正常化への節目を迎えつつある米国経済~危機収束後の姿を見極める局面に~」「金融マーケットの動向 ~どうなる? 2014年の米国金利・為替~」を開催しました。さらに11月には、健康のためのセミナー、初めての試みとして体験型セミナーをゴルフの宮里愛プロの専属トレーナーを講師に迎えて「セルフケアのできる体を作ろう」というテーマで開催しました。それぞれのセミナーでは、 会員の皆様の関心のある話題が分りやすく話され、参加者の皆様も熱心に耳を傾けられていました。
家族で楽しめるイベントとしては、シアトルの夏の最高の時期にフィッシングツアー(7月)、アルゴシーランチクルーズ(8月)、ボーイングツアー(9月)が行なわれました。子供連れのご家族の方々が多く参加され、いっしょに楽しく一日を過ごされました。    
 この一年、わたしたちは「自分たちも楽しめるイベントを行なおう」ということで活動してきました。1年で11回ものイベントを行なえたのも、本部会理事自らが、一緒になって本当に楽しみながら行なってきた証拠と考えております。また、各イベントにご参加くださいました会員の皆様、セミナーの講師を快く引き受けてくださった皆様方のご協力、さらに総領事館、JETROおよび他の企業やNPOの方々のご支援なしには、達成し得なかったものと考えております。この場をお借りして、ご協力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。引き続き、2014年度以降もご支援ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

以 上


監査報告書



photo_24292


2013年度会計報告・2014年度予算


JBA


以上

#商工会

ワオ!と言っているユーザー

2014年度役員およびスタッフ

スレッド

2014_640x480

 
1月31日の総会にて、2014年度新役員が承認されました。総会の半ばでは、坂井新会長より矢代前会長へ記念品が贈呈されました。

DSC02900_640x360

【総会の様子】20140131_184929_640x480

2014_yakuin

#商工会

ワオ!と言っているユーザー

役員異動のお知らせ

スレッド

会長 矢代 道也 Mitsui & Co. (U.S.A.), Inc.


 副会長・経済文化部会長の永屋竜馬氏(Toray Composite America)の日本帰任による退任に伴い、去る3月18日の定例常任委員会において会則第三章第19条に基づき欠員補充が協議され、以下の人事が承認されました。

2013年4月1日付け
副会長・経済文化部会長     辻 宣一 (JAMCO America, Inc.)
経済文化部会理事・常任委員  佐藤 歩 (Achilles USA, Inc.)

以上
#商工会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ