OD缶の再充填(禁止されています)

使用済みガス缶への再充填は危険性があるので禁止されています。
が、実際には再充填用器具が販売されており、充填して使って
いる方も多いようです(私もです)

再充填で最も危険なのは容器の腐食などによる損傷です。
ガスではありませんが、その昔、叔父が狩猟家で、私もよく
銃弾の充填を手伝いました、小さいときから器用であったようで、
叔父は「お前は器用で作業が早い」とよく言われました。
銃弾への充填手順は使用済み薬莢(真鍮)を湯洗浄して乾燥させ、
雷管(信管)をはめ込み、黒色火薬を充填し、押さえ蓋をし。弾丸
を最後に入れます。
このとき、さんざん言われたのは薬莢の変形と傷でした。
散弾でも変形や傷があると、薬莢は破裂して取り出しが困難程度ですが
ライフルの場合は、暴発の危険があり要注意、古くなったライフル弾は
点検が必要でした。

OD缶の場合の次の注意点は過充填です。

最もよく使う(軽いので)IP110では全重量が203g前後であるため
充填時にはこの重量を絶対に超えてはいけません。

CB缶からならこの重量まではなかなかなりませんが、ODの大型缶
からの充填の場合には、この恐れが発生します。

特に受け側を冷却し内部圧が低いと短時間で過充填になります。
充填後は必ずデジタルスケールで計量し、重量の確認が必要です。

周囲温度にもよりますが、CB缶からなら180g前後で充填が一息つきます。
ここで頑張らずに、この状態で携行すれば、1日の山行なら十分な量です。

満タンにする必要はなく、8分目でOKにしましょう。

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ

充填は私もしてます
貴重な情報  ありがとうございます
投稿日 2019-06-06 23:14

ワオ!と言っているユーザー


お役にたって何よりです。
投稿日 2019-06-07 10:12

ワオ!と言っているユーザー