記事検索

799. 「免疫」が動くから「炎症」が起きる

スレッド
799. 「免疫」が動くから「...
子宮内の細菌の遺伝子検査(EMMA,ALICE等)
の問い合わせがよくあります。

当院では行っていません。

商業ベースの高額な検査であり、
治療的価値が低いと考えられるからです。


アレルギー、 ストレス、
細菌感染、 ウイルス感染、
生活習慣の乱れ 
などの原因により、

「免疫」が動くから「炎症」が起こり、

「炎症」を引き起こす免疫の異常が
着床不成功、
流産を引き起こしています。


細菌の遺伝子検査による
抗生物質、乳酸菌治療で
良い結果が得られないならば、

「免疫」の精査をして、
「免疫」の寛容状態を引き起こす
治療(ステロイド、ピシバニール等)
が最良の道と考えられます。


ワオ!と言っているユーザー

798. 当院ではタクロリムスではなくステロイドです

スレッド
798. 当院ではタクロリムス...
ステロイドは1948年に開発され、
タクロリムスは1993年にステロイドより
強力な免疫抑制剤として開発されました。


薬の胎児への移行性(胎盤通過性)について、

プレドニゾロンというステロイドは
胎盤をほとんど通過しませんが、
タクロリムスはヒトで胎盤を通過することが
報告されています。
(Br. J. Clin. Pharmacol. 76(6): 988, 2013)

ステロイドについては、
必要量をコントロールしやすく、
健康な妊婦さんへの投与例は世界的に多数あり、
胎児への長期的な影響も問題ないようですが、

タクロリムスについては、
健康な妊婦さん(臓器移植を受けていない)への
投与例は現時点でわずかですので、
長期的な母児への影響が不安です。


妊婦さんへのステロイド治療について、
私は30年以上の治療経験があり、
副作用も含めて、
最良の治療効果を得る技量を持っている
と思っています。


ワオ!と言っているユーザー

797. 妊娠は生理的な子宮内膜炎

スレッド
797. 妊娠は生理的な子宮内... 797. 妊娠は生理的な子宮内...
半分異物である受精卵が
子宮内膜に侵入すれば、
免疫細胞が活性化して、
必ず炎症(軽度)が起こります。

生理的な免疫反応により、
受精卵側の絨毛細胞の分化に必須な
コロニー刺激因子(M-CSF)が
充満され、さらに血液が充血してきます。


ところが、
アレルギー、細菌感染等の
原因があれば、
異常な免疫反応(慢性子宮内膜炎等)
が起こり、
移植失敗、流産となるのです。


異常な免疫反応が起こっているかどうかは、
Th1/Th2 検査だけではわかりません。
NK細胞活性や、M-CSFや、
TNFα等の免疫検査が必要です。


その結果により、
たとえばタクロリムスのような
ステロイド以上に強力な
免疫抑制剤の治療は、
かえって悪循環になることがあります。



ワオ!と言っているユーザー

796. 粘膜の炎症

スレッド
796. 粘膜の炎症
子宮内や腸管や鼻腔は、
粘膜の管であり、
外気と接しています。

粘膜内には、
異物の侵入を防ぐため、
多数の免疫細胞が
存在しています。

何らかの原因で免疫細胞が
活性化すると、
「炎症」が起こります。

「炎症」が病的に慢性的に続くと、
慢性子宮内膜炎、慢性腸炎、慢性鼻炎
となるのです。


「炎症」の主な原因としては、
アレルギー、ストレス、
細菌感染、ウイルス感染
自己免疫異常、
生活習慣の乱れなどが、
考えられています。


慢性子宮内膜炎の原因は、
細菌感染だけではありませんよ。


慢性子宮内膜炎によると考えられる
不育症、着床障害に対しては、

「炎症反応」の直接的な原因である

「免疫異常」を詳しく調べて、
免疫を正常化する治療
をすることがポイントです。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ