記事検索

687. コロナ禍の妊娠

スレッド
687. コロナ禍の妊娠
今年の4月時点での
日本感染症学会の報告では、
「新型コロナウイルス感染によって、
胎児の異常、流産、早産、死産のリスクが、
高くなるという報告はありません。」
という内容でした。

5月の米ノースウエスタン大学からの報告では、
コロナ(COVID-19)に罹患した女性の16人中、
14人は正期産で、1人は早産、
1人は妊娠16週で子宮内胎児死亡となり、
生児出産した15人の胎盤には、
血管の異常や血栓が多く認められていた
とのことです。

「COVID-19よる胎盤血管の異常の可能性は
ありましたが、それでも現段階では、
COVID-19に感染した女性から生まれた
子どもに悪影響は及ばないものと考えられる」
と指摘されています。


いずれにしろ、コロナ禍の妊婦さんは、
十分な睡眠と栄養と、
1日1.5~2.0リットル以上の
こまめな水分補給が特に必要です。


ワオ!と言っているユーザー

686. ストレスによる慢性子宮内膜炎

スレッド
686. ストレスによる慢性子...
炎症反応の症状は、
「赤く、腫れて、熱っぽく、痛い」
というものです。

炎症反応とは体を守る防衛反応です。

身体の一部に異常が起これば、
栄養補給のため異常部位の血管が拡張して
「赤く」なり、
血管内物質を組織液に出すため
「腫れて」、
免疫細胞が発熱物質を出して活動するため
「熱っぽく」、
神経系が異常の情報を伝達するため
「痛い」のです。


「ストレスによっても、
炎症反応は起こる」 のですよ。


たとえば、
不育症、着床障害で、
慢性的に酷使されている
子宮です。


「ストレスを受けると、その生体内で
炎症を起こす物質が発生する」
ことがわかってきていますので、

その炎症物質(免疫物質等)が
体内で最も酷使されている部位に
集積されていき、

たとえば、
子宮であれば、
「慢性子宮内膜炎」となってしまいます。


免疫攻撃物質が
胚や胎盤になる細胞を攻撃してしまいます。



子宮内の細菌感染による
慢性子宮内膜炎は
ほんの一部ですよ。


ストレスが原因ならば、
ラクトフェリンや抗生物質は
効果ないですよ。



参考として、
「不育症と着床障害のポイント解説」
(40)感染ではなく、過剰な炎症が原因
を、チェックしてみてください。




ワオ!と言っているユーザー

685. 思うような結果が得られない方へ

スレッド
685. 思うような結果が得ら...
コロナ禍のなか、
思うような結果が得られない状況では、
相当なストレスが溜まっているはずです。


高齢ならば、なおさらです。

一旦立ち止まって、
自分を分析してみてください。


不安が強く、
こころ安らかとは縁遠い状態ならば、

その状態も、
思うような結果が得られない
要因なのです。


まずは惰性の頑張りをやめて、
妊活の環境を変えてみては?


ワオ!と言っているユーザー

684. 賽の河原―水子供養

スレッド
684. 賽の河原―水子供養 684. 賽の河原―水子供養
賽(さい)の河原(Children’s Limbo)には
幼くして逝った愛児の成仏を願う石積みが
遺されています。

あなたのおなかの中だけで、
わずかしか生きられなかった
あなたの赤ちゃんに、
黙とうをささげます。

ワオ!と言っているユーザー

683. PGT-Aに利点がある方

スレッド
683. PGT-Aに利点があ...
着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
の検査を受ける利点がありそうな方は、

35歳以上であり、
経済的余裕があり、
(一つの受精卵の検査費用が約5~8万円)
5日目の胚盤胞まで数多く容易に育つ方
(一つの受精卵の染色体異常率が約70%ですから)
と、思われます。

その出産成功率は
子宮内環境を正常に整えた場合でも
約50%ですよ。


胚盤胞まで数多く容易に育たない方は、
かえって費用と時間が無駄になる
可能性が高いので、

2~3日目の初期胚を2個毎、
複数回、移植したほうが、
費用的にも時間的にも
効率的かもしれません。


ただ当院の治療経験から、

高年齢で、
移植回数と流産回数が非常に多く、

当院の子宮内環境を整える治療をしても、
流産を繰り返され、
毎回、流産児の偶然的染色体異常を
経験された方々には、

本当に効果的な検査であり、
約60%の方が無事出産されています。


詳しくは、当院のホームページの
「不育症と着床障害のポイント解説」の
(28)
「着床前スクリーニング(PGS)の利点と欠点」
をチェックしてみてください。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ