記事検索

683. PGT-Aに利点がある方

スレッド
683. PGT-Aに利点があ...
着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
の検査を受ける利点がありそうな方は、

35歳以上であり、
経済的余裕があり、
(一つの受精卵の検査費用が約5~8万円)
5日目の胚盤胞まで数多く容易に育つ方
(一つの受精卵の染色体異常率が約70%ですから)
と、思われます。

その出産成功率は
子宮内環境を正常に整えた場合でも
約50%ですよ。


胚盤胞まで数多く容易に育たない方は、
かえって費用と時間が無駄になる
可能性が高いので、

2~3日目の初期胚を2個毎、
複数回、移植したほうが、
費用的にも時間的にも
効率的かもしれません。


ただ当院の治療経験から、

高年齢で、
移植回数と流産回数が非常に多く、

当院の子宮内環境を整える治療をしても、
流産を繰り返され、
毎回、流産児の偶然的染色体異常を
経験された方々には、

本当に効果的な検査であり、
約60%の方が無事出産されています。


詳しくは、当院のホームページの
「不育症と着床障害のポイント解説」の
(28)
「着床前スクリーニング(PGS)の利点と欠点」
をチェックしてみてください。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ