記事検索

シアトル・イノベーション研修

スレッド
シアトル・イノベーション研修
今回ICC社との協業で、ビジネスパーソン向けのイノベーション研修を担当することになりました。

秋にシアトルで実施予定です。

応募は3−9名で先着順に締切となります。

詳細は、こちらのICCウエブサイトをご参照ください。

滞在中にはGoogleやMicrosoft本社などの企業訪問も予定しています。
#シアトル #研修 #ビジネスコーチング #ICC

ワオ!と言っているユーザー

#7 サステイナブル経営

スレッド
輸送コンテイナーで出来たスター... 輸送コンテイナーで出来たスターバックスのお店

Photos are quoted from StarBucks website
http://www.starbucks.com/blog/sustainable-store-design-in-action/1158
スターバックス本社から見える景... スターバックス本社から見える景色

Photos are quoted from StarBucks website
http://www.starbucks.com/blog/sustainable-store-design-in-action/1158
前回の記事でご紹介した2つの飲食業がパートナーになったきっかけでもあるMolly Moon’sの企業ビジョンは、食を提供するという過程で築きあげるサステイナブル(持続可能)な経済、都市、環境作りでした。

アイスクリームの材料は、地域経済発展、そして運送によるCO2削減のため、 地元のオーガニック製品という地産地消で、地元ワシントン州内で数々の農家とパートナーを組み地域へ貢献しています。また、 カップやスプーンなどの使い捨ての物は、全て生ゴミと一緒に捨てられる堆肥可能な材料で出来ており、環境にも貢献しています。

自然を維持しつつ、都市発展してきたシアトルエリア。おなじみのスターバックスもサステイナブル活動に力を入れています。“サードプレイス”というコンセプトに基づき、コーヒー、音楽や店内の空間の経験に対してお金をもらっているという程ブランドイメージをとても大事にしています。そんなスターバックスですが、ワシントン州Tukwilaにあるドライブスルー店はなんと、不要になった輸送コンテナを再利用して建てられたもの。世界中からコーヒーや紅茶を仕入れた際に使われた山済みのコンテナの景色が本社の窓から見え、考えついたのがこのドライブスルーだそうです。輸送コンテナといってもさすがスターバックス、建てられた店舗は、洒落ています。

私自身も5年、10年先を見ろと言われ続けてきましたが、将来的にもサービス提供が持続できるこういった取り組みに挑むスターバックスは、ビジネスコンセプトから当然サステイナブル。確かにサステイナブルな生産者、提供者がいなければサステイナブルな消費者、そして環境は成り立ちません。こういったクリエイティブな発想でサステイナブルな理念を支持する企業を、街を歩けば発見できるそんなシアトルエリアは、今もユニークで自然豊かです。

Erina Sugita
#3 issue
#スターバックス #サステイナブル経営

ワオ!と言っているユーザー

Partner紹介(吉田たくほ)

スレッド
Takuho Yoshida Takuho Yoshida
Highline CollegeにてBusiness Administration and Managementを専攻し、2015年に卒業。現在はインターンをしながらIT系の組織などでもボランティア活動を行っており、2016年9月よりSeattle Universityに編入する予定。ITが変える新しい社会やビジネスの形に興味があるので、ITという視点を常に持ちながらビジネスを学んでいきたい考えています。

吉田
#TakuhoYoshida

ワオ!と言っているユーザー

#6 アメリカ企業文化とコミュニティへの貢献活動

スレッド
Microsoft PressPass - Image G... Microsoft PressPass - Image Gallery:. (2011, January 1). Retrieved May 11, 2016,
from https://www.microsoft.com/presspass/ImageGallery/ImageDetails.mspx?id=E8A168C3-8519-40ED-A62D-5537DC7D1EF4
前回の記事では、企業文化を示す指針としてミッション・ステートメントがあると紹介させて頂きましたが、ミッション・ステートメントが企業の持つ文化を示す全てではありません。今回は、企業文化を知るための別の方法として、企業によるコミュニティへの貢献活動について書かせて頂きたいと思います。シアトル並びにその近郊では、世界的な大企業からベンチャー企業を含む、数多くの企業が存在することで有名ですが、その中で最も有名な企業の一つがMicrosoftです。

シアトルから比較的近いレドモンド市に本社を構えるMicrosoft社は、実はとてもオープンな会社で、Microsoftの社員は、お子さんを連れて来たり、見学として友人を招いたり、Microsoftのビジターポリシーを順守する限り、外部の人をMicrosoftに招き入れることが可能となっています。これがどのような形でコミュニティへの貢献活動に繋がるかというと、例えば、Microsoftの中に子ども達を招き入れ、子どもにコンピュータを教えるなどのMicrosoft社員によるボランティア活動の場として使用されていたりします。私の知り合いのMicrosoft社員の方は、こういった外部へのオープンさがMicrosoftの文化であり、彼がMicrosoftにずっと務めている理由の一つだと語っていました。

他にもMicrosoftでは、社員の方がボランティア活動を行うと、ボランティア先の非営利団体などに一時間あたり$25の寄付を行っており、そのお金で子ども向けの教科書などを購入し教育支援に使っている団体が存在していると耳にしたことがあります。また、Microsoftはシアトル近郊の大学への支援も積極的に行っており、そのためか、シアトル近郊に位置する多くの大学において、大学生は無料でMicrosoft Officeをダウンロードして使用することが可能となっています。

もちろんMicrosoftのミッション・ステートメントの中に上記のようなコミュニティへの貢献に関する記述はありません。(Microsoftのミッション・ステートメントの記載は長いので割愛させて頂きます。) しかしながら、全てのMicrosoft社員の人達がこのようなコミュニティへの貢献活動を積極的に行っていくべきだという共通認識を持つことにより、Microsoftでは既に外部への支援が企業文化として根付いています。その結果、Microsoftの企業文化に誇りを持ち、長いこと留まり続けている方々も大勢いらっしゃいます。企業の持つミッションだけでは測れない、企業の行っている活動を通して初めて分かる企業文化、これらもきっとアメリカで会社を選ぶ際の基準の一つになっているのかなと思います。

by Takuho Yoshida
#2 issue
#マイクロソフト #企業理念 #ミッションステートメント

ワオ!と言っているユーザー

ReachNow by BMW

スレッド
ReachNow iPhone Application ReachNow iPhone Application You can select and reserve a... You can select and reserve a car from a map easily. iBMW EV car. It runs very fas... iBMW EV car. It runs very fast than I expected You can see unlock a door an... You can see unlock a door and park a car.


ReachNowというBMWが提供するカーシェアリングのサービスが世界最初にここシアトルでスタートしていますが、この週末に物は試しでトライしてみました。

すでにiPhoneにはアプリケーションをダウンロード済み。まずは、$39の入会料で登録をします。氏名、住所、電話番号、メルアドにクレジットカード情報。利用料は、1分間あたり$0.41。駐車している間は$0.30かかります。それにガソリン代・充電料金はすでに含まれています。

次に、ReachNowアプリで車を探して予約。車種は、BMW、Mini、BMWiの3種類から選べます。アプリを開けると地図が出てきて、車が今どこに駐車してあるかが一目でわかります。乗りたい場所の車をクリックして予約完了。

車のあるところに着いたら、iPhoneアプリから鍵を開ける。そして、自分だという認証が終わったからスタートボタン押して、ドライブ開始。乗り終わったら、路上でも駐車可能な場所に乗り捨てて終わり。その時に再びiPhoneアプリから終了させて施錠。

慣れていないと開始・終了の操作に戸惑います。まだアプリがちょっとわかりにくいかも。

1分約50円としたら、30分運転すると1500円。しかし、ガソリン代込み。
AからB地点に急いでいる時、相乗りだったらタクシーよりずっと格安。

現時点は、シアトルダウンタウン周辺でしか使えません。住宅街であるEast Sideまでサービス網が広がると案外利用者はもっと増えて、利用料金も安くなるのではないかと思います。

UBERといい、ReachNowといいで加速する所有から共有へ。これにオートパイロットが進み、自分の居る場所に車を呼び寄せるサービスになれば、まさに流星号の世界(ちょっと古いか?)

これからの5年−10年の経済、産業、ビジネスモデルに目が離せないという好例だと思います。

4月12日記事参照ー所有から共有へ
#ReachNow #BMW #Carsharing #Seattle #シアトル #カーシェア

ワオ!と言っているユーザー

Amazon HQ Building

スレッド
Amazon HQ on 5/26/2016 Amazon HQ on 5/26/2016
Amazon HQ Building
Amazon HQ is under construction at downtown Seattle.
#Amazon #Seattle #アマゾン

ワオ!と言っているユーザー

IDEAS Los Angeles

スレッド


Here is the list of startup in this business category.

MARKERSKIT

PopChest

PUNDIT

SENTIO SOLUTIONS

WHITESTONE
#startup #moveis #digital #entrepreneur

ワオ!と言っているユーザー

#5 エンジェルの規模

スレッド
日米エンジェル投資比較... 日米エンジェル投資比較
全米エンジェル投資分布図 全米エンジェル投資分布図
前回のエントリーでは、エンジェル投資がスタートアップ企業の活性化に繋がると書かせていただきました。今回はアメリカでの投資規模について書かせて頂きたいと思います。

Center of Venture Researchが発表しているここ数年の統計によると、毎年およそ240億ドル規模のエンジェル投資がされています。これは、毎年Panasonic社を買収出来る程の資金がエンジェルとしてスタートアップ企業に流れている事になります。この金額はベンチャーキャピタルと比較しても遜色ありません。表に表記されている2012年度のデータによるとエンジェルとベンチャーキャピタルの規模にそれほど違いはありません。ちなみに日本でのエンジェル投資額・投資件数・投資家数共にアメリカのと比べると圧倒的に少ないです。

*経済産業省に掲載されている野村総合研究所によるエンジェル投資家等を中心としたベンチャーエコシステムについての最終報告書より抜粋

地域別で規模を見てみるとカリフォルニア州での規模が突出して一番大きいです。これはシリコンバレーの存在による所が大きいです。その他には世界の金融が集まるニューヨーク、そしてビジネスに優しい環境があると知られているテキサス州が二位、三位と続いています。

業種別で見るとソフトウェアが一番投資規模が大きいですが、最近のトレンドとしてヘルスケア関連会社への投資が人気を集めています。

この様にアメリカでは様々な地域、様々な業種で規模の大きいエンジェル投資が行われています。起業家目線から見てみるとこれは大変助かる事で、事業拡大に向けた資金を比較的低リスクで集める事が出来る上に投資家の経験や知識、そしてネットワークにアクセス出来るからです。低リスクで新しい事にチャレンジし成功の手助けをする環境の構築。アメリカが世界経済をリードしている理由がここにあるのかもしれません。

by Takaichi Aoki
#2 Issue
#エンジェル #投資 #スタートアップ #起業

ワオ!と言っているユーザー

斎藤一 新撰組三番隊長

スレッド
時差ぼけと週末に任せて、二晩連続気が付けば、空が白み始めるまで徹夜で本を読む贅沢な時間を過ごしながら、日曜日の明け方を迎えました。

幕末小説は好きですが、一刀斎という題名から剣術の話かと思いきや、斎藤一を逆から読ませると一刀斎。なかなか言い得て妙だと感心しながら上下二巻を成田空港で買って帰りました。坂本龍馬暗殺の本当の下手人は、斎藤一という展開も龍馬ファンとしては興味をそそられました。

  死するは易く、生くるは難い。
  殺すは易く、生かすは難い。          (下巻 432ページ引用)

先ほど夜が明ける頃に目に飛び込んだ上記の一節が心に染みました。
武術が武道に通じる部分でもあるかと思います。



#新撰組 #斎藤一 #浅田次郎 #幕末

ワオ!と言っているユーザー

#4 アメリカの企業文化とミッション・ステートメント

スレッド
#4 アメリカの企業文化とミッ...
皆さんもご存知だとは思いますが、日本と比べアメリカでは転職することがごくごく一般的です。もちろんレイオフなどにより余儀なく転職をされる方も多いですが、自らの意志で転職を決めた人たちは果たして何を基準に次の仕事を選んでいるのでしょうか。転職をする理由でよく言われているのは自身のキャリア・アップ(給料や地位の向上)のためですが、本当にそれだけが判断基準なのでしょうか。

私自身シアトルに長期間滞在をする中で、幸運にも多くの世界的大企業で働かれる方々とお会いし、お話ししてきましたが、実はアメリカにも同じ会社に留まって働かれている方が大勢おり、転職を繰り返したのち、現在の会社に留まることを決めた方もいらっしゃいました。そんな方達に今の仕事を選んだ理由について尋ねてみると、皆さん口を揃えて言っていたのは、現在働いている会社の文化が好きだからということでした。では一体、会社の文化とはどういったものなのでしょうか。

この答えの一つとして、以前Amazonのプロダクト・マネジャーとして働かれているアメリカ人の方とお話をする機会がありました。彼女に先と同様の質問を投げかけてみると、Amazonの持つカスタマー重視の企業文化に共感ができ、仕事に対して非常にやりがいを感じられるからという答えを頂きました。彼女曰く、Amazonは多くの投資を行っている企業の一つだが、これは常にカスタマーに満足をしてもらうための新しいサービスや製品開発に使われているとのことです。事実、近年でこそ黒字を出していますが、Amazonは売上の多くを投資に回し赤字体質の企業として有名でした。また、この企業文化は、Amazonの持つミッション・ステートメントの中で如実に示されています。

Amazon Mission Statement
“Our vision is to be Earth's most customer centric company; to build a place where people can come to find and discover anything they might want to buy online.”

Amazon Japanの翻訳に沿うと、「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」そして「オンライン上で求められるあらゆるものを探し、発見でき、購入できる場を創ること」がAmazon持つミッションであり、ビジョンとなります。

アマゾンはなぜクラウドサービスでも成功できたのか? ジェフ・ベゾスの思考を読み解く3つのキーワード. (2014, November 6). Retrieved May 11, 2016, from http://logmi.jp/33928

このミッション・ステートメントがあるからこそ、Amazonはカスタマー重視の企業文化を持ち、私がお話をしたマネージャーの方のように働きがいを見出す方がいるのだと思います。転職が一般的なアメリカにおいて、企業の持つ文化というものは仕事を決める際に重要視される要素の一つであり、ミッション・ステートメントというものは企業文化を示す大切な指針ということなのでしょう。

By Takuho Yoshida
#1 Issue
#アマゾン #ミッションステイトメント #経営理念

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 9/89 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. >
  15. >>