記事検索

d(-_-)b

https://jp.bloguru.com/pico
  • ハッシュタグ「#リクガメ」の検索結果12件

フリースペース

うちのカメさんはタンポポ大好き Love Dandelions

スレッド
さぁカメさん、タンポポを集めて... さぁカメさん、タンポポを集めてまいりましたよ、っと。 カメさん、タンポポを見つけて猛... カメさん、タンポポを見つけて猛ダッシュ!リクガメも走る!!(多分) リクガメと言えども、アップで撮... リクガメと言えども、アップで撮ると恐竜...アーケロンか!!
食べているのはタンポポだけどね。
我が家のカメさん...ホルスフィールドリクガメは、タンポポが大好き。
タンポポと言っても、お笑い芸人ではない(ちなみに、チビ達はイッテQに出てくるタンポポ川村氏が割りと好きである)。

タンポポはキク科タンポポ属、らしい。
まぁ、菊に似ているわなぁ...キクならは食用菊というものが売っているので、かつてヨメが食用菊を購入してきた事があった。

が、カメさん食用菊には全く見向きもせず!

我が家のカメさんには非常に強いこだわりがあるらしい。というかある。
菊ではなく、タンポポじゃなくちゃダメの模様。

というわけで、ワタクシども一家はタンポポを探して日々うろうろしている...わけではないが、公園などでついついタンポポを見つけるとカメさんように頂いてしまうのである。

そして今年も...先週はまだまだタンポポが少なかったが、週の半ばとてもあたたかい日があったからか、そこら中にタンポポが出現する時期に。
家の周りをちょろっと一回り、タンポポを少々集めてきてカメさんにプレゼント。

「はいどうぞ。」

 猛ダッシュ!です(もちろん無言)

10個ほどのタンポポの花をあっという間に完食(ちなみに朝ごはんにはキャベツも食べている)。
カメさんにとってタンポポはまさしく別腹

いや、今年も頑張ってタンポポを探してきますからね〜カメさん。


タンポポも売っているのか!!?種から家で育てられるのか、タンポポは!!?(まぁそんな場所はないけどね)タンポポの葉っぱは食べないよ!!ポット苗の高級タンポポじゃ破産しちゃう!...orz


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桃花日本タンポポ ポット苗 1株(入荷予定:2018年4月頃) 価格:2800円(税込、送料別) (2018/3/31時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西洋タンポポ 種 価格:324円(税込、送料別) (2018/3/31時点)








#リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

おはようカメちん...Kame-san'2018 began!

スレッド
おはようカメちん...って寝て... おはようカメちん...って寝ているけど。
そう数ヶ月の冬眠状態から起きて、しっかりとご飯て元気に動き回るようになりました。
そして、ご機嫌で寝ているカメちん...なのでした。

今年も花粉の季節の到来とともに?カメちんはしっかりと起きてきてくれました。
ホルスフィールドリクガメのカメちん。性別はメス。年齢は...恐らく26歳くらい。そうヨメの連れ子、我が家の長女。

特別に冬眠をさせるわけでなないのだけど、11月に入ったくらいから、なんとなくスローモーになり、ご飯の量が減ってくるのです。
そして、去年は12月くらいからかなぁ...自分のおうち(と言っても半円形の植木鉢)に頭を突っ込み、ただ寝ている状態に入ります。

昔はそれでも心配だったので、時に起こしてお風呂に入れて温めてご飯を食べさせたりもしていたけど、今年は約3ヶ月位は放置状態(家の中で)。
ホルスフィールドリクガメの寿命は分からないので、もうおばあちゃんカメなのかブリブリのギャルガメなのかは分かりません。

起こすタイミングも注意して栄養取らせないと、そのまま...なんて事もあるのかも知れないけど、そこはヨメさまの野生の勘で叩き起こすタイミングを図り、無事に今年の冬も乗り越えたのでした。

2月から3月に掛けて温かい日に太陽の光にあててあげると、モゾモゾと動き出します。
動き出したら、まずは小松菜くらいからスタートすると、なんとなく食べだしてくれます。
何日か食べると、キャベツあたりもガンガン行くようになります。ニンジンをガリガリいくまでには、なんとなくもうしばらく待ったほうが良いような気がします。

うちのホルスフィールドリクガメ、カメさんは賢いのできっと野菜の値段が落ち着いた頃に起きてきてくれたんだろう...と言うのはきっとオヤバカです...orz

タンポポがたくさん咲き出すまでにはもうしばらくかな。
でもチビ達は、タンポポを見つけると「カメさんに」ということで持って帰ってきてカメさんに上げています。
タンポポが大好きなカメさん、チビ達の後を追いかけながらタンポポを一生懸命食べています。

今年も、タンポポがたくさん咲いている場所を見つけて、カメ散歩に連れて行ってあげよう〜〜っと。

我が家のホルスフィールドリクガメ、カメさんは全くカメフードは食べない、お気に召さない!!なのでご飯は私達と同じ野菜が基本。
カメように買っているものといえば、ペットシートくらい。昔は床材も使っていたけど、汚れがわかりにくいので、最近はペットシートのみ!
あとは、今年からセメントを混ぜるようのケース?をカメさんのおウチに。広くて深さがそれほどないので、カメさんからも周りがよく見えるようで、大好評!!(だと思う)






#リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

リクガメの飼育...我が家なりのhow to?

スレッド
うちのカメさん(ホルスフィール... うちのカメさん(ホルスフィールド)はタンポポの花が大好き。
チビの手からムシャムシャとタンポポを食べている...ちゃんとお行儀よく....
と、思いきやこれはもう恐竜の域... と、思いきやこれはもう恐竜の域ですな。
このカメがでっかかったらホントに恐竜にみえるでしょう...アーケロン?
ご飯を見つければ...ダーッシ... ご飯を見つければ...ダーッシュ。
遠くからでもご飯はしっかりとみつかるものなのです。ニンジンのニオイがするのか??


我が家のリクガメ...ホルスフィールドロシアリクガメまたの名をヨツユビリクガメ...というらしい。
ヨツユビリクガメ、そう指が4本というか爪が4本(×4)なので、そのままヨツユビリクガメというらしい。

リクガメの飼育は難しい...らしい。
冬場は専用ライトやヒーターで温度を保ったり、家の中を暖かく保ったり。
専用のカメフードを食べさせたり...もするらしい。

・・・・・。

我が家のリクガメ、もう24歳くらい。24年間もそんな飼育をしてきた...わけではない。

<温度管理編...まぁ自然に任せて...>
暖かかくなってきたらご飯を食べ始め、寒くなってくれば勝手に動かなくなる。
カメ専用ヒーターで温めることもなく、天気の良い日はベランダにでも放置しておけば(落っこちるかもしれないので放置はできないのだが!)、勝手にお日様にあたってのんびりしたり、ベランダを何往復も歩き回っていたり。

<お風呂編...ゴシゴシいきまっせ!...>
残念ながらトイレのしつけはできないので、気が向いたらそこいらでジャー、ブリブリ〜なのはいたしかたない。
お腹(腹甲)にべったりブリブリ〜がついてしまえば、お風呂に入れてから歯ブラシでゴシゴシと磨く...特にデリケートな扱いは一切なく、専用洗面器をお風呂にしてしばらく温まったら、ゴシゴシゴシ。
逃げ回るが、知ったこっちゃなくゴシゴシゴシ。

ちなみに、リクガメはお風呂が好きらしい。我が家のカメさん(これが名前)もお風呂に入れれば最初は脱走しようと暴れるが、温まってくるとのんびりと浸かっている。
ただし、冬場はリクガメは変温動物なので冷たく(!)、お湯がすぐにぬるくなってしまうので、こまめに足し湯が必要だったり。
温まってくると、内臓の動きが活発になるのか、お湯の中でジャー(白い尿酸が出る)とブリブリが出るので、これが終わったら磨き頃、と勝手に理解している。

<冬場の過ごし方編...ゆっくりおやすみください...>
リクガメは変温動物。冬は本来であれば冬眠するらしい。
ただし、東京のしかも家の中の温度であれば冬眠はしなくても大丈夫だし、怖いのでさせない(春になって掘り起こしてみたら....なんて怖くてできない)。

冬場は、ただひたすらじっとしている。
たまに暖かい天気の良い日があれば、お日様にあてる。そうするとモゾモゾと動き出しご飯を食べることもある。でも1ヶ月近く何も食べない事もある。それでも平気、おそらく半分冬眠しているような状態なんだろう。エネルギーを極力セーブしているようだ。

ちなみに、昨年1年は上海にカメを連れて行くことはできなかったので、ヨメ実家に。
ヨメ実家は床暖房が入っているので、毎日元気にご飯を食べていたらしい(1年間高待遇だった模様)。

<お食事編編...大好物はリーズナブルに...>
好きなご飯の双璧はキャベツとニンジンなんだろう。
キャベツは外側の緑の葉っぱが大好き。農薬が怖いのでゴシゴシ洗ってからあげるが、ご機嫌な時はキャベツの外側のでっかい葉っぱを1枚まるっと平らげてしまう。
ニンジンも大好きで、あーでもないこーでもないと考えながら、かじりつきやすいポジションを見定めながらかぶり付いている、ように見える。

ただ最近分かったのは、キャベツ&ニンジンの双璧を超える大好物があること。
それはタンポポの花!!
天気の良い日に公園で散歩させていると(※物珍しげに見られるのは間違いないが、気がつけばそれなりに人気者になってしまう)、タンポポにかぶりつくかぶりつく。
チビがせっせとタンポポを運んでくれば、ムシャムシャと食べる食べる...30個(花の単位は個?)くらいのタンポポの花を平らげた。
いや、なんとも経済的で助かるよ...カメさん。

<クチバシ編...爪切りで爪は切りませんが...>
やわらかいものばかり食べていると(?)伸びてきてしまうのです...クチバシが。
自然界にいるときは硬いものにもガリガリと齧りついているようなので、クチバシもいい感じに削れるらしいが、キャペツを食べているリクガメはそうはいかない...気がついてみればクチバシも伸び放題に。

というわけで、クチバシを切ってあげないといけないのですが...その昔は爬虫類専門の病院にお連れしたこともありました。
でも最近は、夫婦の共同作業 with 爪切り。ワタクシがカメさんを押さえつけ、ヨメさんがカメさんのクチバシをパチリパチリとカット。
最近では、美亀(ビガメ?)に仕上がることもできるようになった??かはわからないが、特に問題なくキレイになったクチバシでニンジンにかじりついているので、カメさん的にはOKなんだろう。

<まとめ...カメさんのいる生活...>
と、我が家のリクガメ飼育はこんな感じでもう15年が経過(ヨメの連れガメのため、もっと前から生きているのです)。
リクガメの飼育は大変、なのかは分からないですが...日本に戻ってきてカメさんも戻ってきて、カメがいる生活が戻ってきたことは、結構ウレシいことなのでした。

カメは万年、というのでこのまま長生きしてもらって、ぜひひ孫のその先くらいまで我が家を見届けて欲しいものですね、カメさん!



  • おぉ、懐かしい!この本は、我が家の愛読書でした!まぁ、この通りに飼育できているわけではありませんがね...。
  • このネコ用トイレ床材が、我が家で最も多く使ったカメ用床材。理由は、この床材だけは濡れても固まらないので、万一カメさんが食べてしまってもお腹の中でたまらないから、らしい(ヨメ談)。でも一度も問題になったことはありませんー。

カメの飼い方がよくわかる本 [ 霍野晋吉 ] 価格:1188円(税込、送料無料)





#リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

カメさんのお散歩とタンポポ walk with Kame-san

スレッド
そう、カメさんも無事に我が家に... そう、カメさんも無事に我が家に戻ってきました。
カメさんの公園での散歩は、もう1年以上ぶりだろう...。
カメさんはタンポポの花が大好き... カメさんはタンポポの花が大好き。
これも忘れてしまっていた1つの出来事。ごめんよカメさん。
タンポポをガッつくカメさん。 ... タンポポをガッつくカメさん。
ヨメ実家では良い野菜ばかりだったろうから、久々の野生の味?
上海から戻ってきて、カメさんも無事に帰任となりました。
カメさんはヨメ実家に出向しており...ペットを連れて海外に出るのは簡単ではなく、特に犬やネコのように前例もないだろうから、今回はやむなく出向としておったのでした...。

しかしながら、ヨメ実家では毎日ベランダを散歩し放題。
美味しい野菜を贅沢にもらっていたようなので、おそらくカメさん的には、もうしばらくヨメ実家出向を希望していたのではないのだろうか....。

とはいえ、帰任したのでいつまでもご厄介になるわけにもいかず、連休初日に無事に帰還。
これまで毎日朝から夕方までベランダ散歩し放題、3食昼寝付きの生活から、一気にカメのケージに収納となり、愕然としていたカメさん(想像)。
そう、我が家のベランダは隣の家へも散歩し放題&一歩間違えば数十メートルを落下し放題(?)のベランダのため、散歩をさせておくことはできないのです。

というわけで、近くの公園までカメさんを散歩に連れ出した次第。
今日は会わなかったが、以外とカメさんを散歩させている人はいたりして、これまでも「ホルスフィールドですね〜」なんて言われることも数回あったり。
まぁ、もっと多いのは、少年少女に囲まれてしまうだが。

カメさん、タンポポが大好きだったんですね。思い出しました。
目の前にタンポポを差し出すたびに食べる食べる。タンポポだったらバケツいっぱい食べるのか!!と思わせる食べっぷり。


あ〜なんだかこんな感じだったな〜〜といろいろと感覚を思い出す連休なのでした。
#リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

カメさんのゴールデンウィーク G.W. with Kame-san

スレッド
カメさんのゴールデンウィーク ...
ゴールデンウィークだし、ちょいと出かけるか〜〜。

「カメさんは?」
「おおぉ、そうだ....んまぁ車だし、つれてっちまえ」

ということで、カメさんも車にのってお出かけした次第。
普段はベランダで、キャベツやらニンジンやらを食べているが、芝生に放すと、あっちこっち動き回り、芝生の間から生えているタンポポなどを、ムシャムシャとおいしそうに食べていました。


なんだか、このカメさん(ホルスフィールドロシアリクガメ)が、元々は中央アジア付近のサバンナにいる事を思い出した...きっとのそのそ歩き回っては、草を見つけて食べているんだろうなぁ....。


んまぁ、このカメさんは日本で生まれ、19年間ず〜〜っと都会暮らしをしてきた、シティカメさんですが〜。
#ブログ #リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

ホルスフィールドとリンゴ Love Apples

スレッド
ホルスフィールドとリンゴ Lo...
我が家のカメさん、ホルスフィールドロシアリクガメの大好物はニンジン...だけどリンゴも大好き(ナシも大好き)。

最近あまりにも暑いので、いくら野生では長い間雨が降らないことがあろうとも耐えられるカメさんと言えども、干からびてしまう...と思い、ニンジンより水分の多そうなリンゴを「ほい」とトス。

すると....おおおおおお、「待ってました~」とばかりにガブリ!!

んま~でっかい口だこと~~。
#ブログ #リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

家の中が大好きなカメさん Love our rooms

スレッド
家の中が大好きなカメさん Lo...
我が家の一員、ホルスフィールドロシアリクガメの「カメさん」。昔からおうちの中が大好き。ただし、カメさんハウスではなく、お部屋の中が大好きと言うこと。

カメさんハウスにいれれば「出せー出せー」と暴れ、ベランダに出せば、「中に入れろ~」と、頑張って覗き込んでくる次第。

やっぱり、カメさんだってみんな一緒がいいんだろう....が、暖かくなってくると、たくさん食べて、おしっこ、○んこが、たくさん出るので部屋の中を闊歩させるわけにはいかないのだ....。ごはんを出せば、ダッシュ(カメでも走る)でやってくるし、ベランダの中で寝場所は勝手に決めているし、とってもお利口だと思うのだが、排泄のしつけは、カメさんだけに難しい....。排泄がちゃんとできるカメさんっているのかな?
うちのは、ホルスフィールドロシアリクガメだけど、他のカメさんは....一緒だよね。

ごめんよカメさん。でも太陽をいっぱい浴びて、もっと大きくなってください...ってホルスはもう大きくならないね。
ケヅメさんとかってどうやって飼うんだろう...持ち上げるのにも一苦労なんだろうなぁ。
#ブログ #リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

やっぱりオフトンが好き

スレッド
やっぱりオフトンが好き
ここ数週間、諸事情により一人暮らしのワタクシ。
そうなると、カメさんも昼間はケースの中、夜帰宅したときには、真っ暗なので既に就寝中。と、外にでる機会を逸しているわけなのである。
出勤前に、ベランダに出してあげてもいいのだが、昼間直射があるうちは良いと思うが、夕方以降、もう寒すぎるだろう...と思われ、ケースの中。

というわけで、久々におうちの中に放流してあげた....ら、やっぱりそこに直行なのね、アンタ!!
そう、このカメさんはオフトンが大好き。その昔、チビが出てくる前は、一緒に布団に入っていたこともあったなぁ....(遠い目)。

というわけで、何度戻しても、オフトンに直行→戻す→オフトンに直行→....という無限ループに陥っているのでした。


ああ、この写真ヨメが見たら悲鳴上げるかもな....でも元々は向こうのカメさんだし...ちゃんとお風呂いれてあげたし....orz
#ブログ #リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

というわけで、手で抑える

スレッド
というわけで、手で抑える
ご機嫌に、カリカリにんじんにかじりつくカメさん。



昔はきざんで野菜をあげてたこともあったな〜毎日手渡しでゴハンあげてたこともあったな〜一緒に寝てたこともあったな〜(冬場限定)。



ここのところ、毎朝ベランダに放流。夕方回収の毎日。でも涼しそうなところを見つけて、あんとかやっている模様。



しかししかし、きっとカメさんの一番ご機嫌な場所は....フトンの中だと思われる。

夏場はご勘弁を.....。
#ブログ #リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

にんじんが逃げる〜

スレッド
にんじんが逃げる〜
少し長めのにんじんを渡したら、ころころ転がって、食べにくいカメさん。



ちょっとクチバシが、のびちゃてるから、食べにくそう〜ごめんYO m(_ _)m
#ブログ #リクガメ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ