記事検索

ブログスレッド

  • 静岡県大井川沿いの七曲エリア

静岡県大井川沿いの七曲エリア

スレッド
標高差700mのテイクオフ。眼... 標高差700mのテイクオフ。眼下には大井川がうねっている。地名七曲がりの由縁だ。左から右に流れる。向こう川岸の裾野を、大井川鉄道の蒸気機関車「トーマス号」が走る。以前来た2年前に比べて、うんと整備されたテイクオフ。運営クラブの皆様の努力が感じられる。 進路を下流南側に向け「家山」ま... 進路を下流南側に向け「家山」まで行き、対岸の山並に行きたいけど、今日の気象条件は、それを許さない。弱いサーマル(上昇風)を捕まえて、少しは粘るけど・・・ ランディングは、流れ込む手前の... ランディングは、流れ込む手前の支流、右側草地。支流左側は運動公園。 ほぼぶっ飛びだったけど、標高差... ほぼぶっ飛びだったけど、標高差700mあるから、楽しく飛べた。・・さて、そろそろ着陸態勢に入るよ。 大井川の河川敷。手入れの行き届... 大井川の河川敷。手入れの行き届いた、広~い、ランディング。 飛び終わり、ゆったり地上で過ご... 飛び終わり、ゆったり地上で過ごしています。上空には怪しい雲、接近。 地元のフライヤー、H間お嬢さん... 地元のフライヤー、H間お嬢さんと、暇千家流のお抹茶を楽しんでいます。彼女から初物のミカンを頂いた。雨がポツポツ来ちゃった~ぁ。 この辺りは、茶畑が拡がる。水田... この辺りは、茶畑が拡がる。水田や畑作よりも茶葉畑の方が多い。ここは、お茶所静岡の中でも上質なお茶を産する「川根」だからね。穏やかな丘陵地「牧の原」のお茶も有名だが、急峻地形と大井川が流れる「川根」のお茶は1500年代今川時代から上質な茶葉と技術で、上品なお茶を産する・・と、地元茶園の婦人が自慢された。納得。
2019年10月6(日)

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ