記事検索

地元アッペンツェルの山の礼拝

スレッド
正面のとんがり岩山、この上空を... 正面のとんがり岩山、この上空を飛んで、サンティス(2502m)攻略するよね。しかし今日は地上からその、飛ぶ空域を下から眺めながらのハイキング。それもまた良し、ルン。 ゆっくり1時間ハイキングで、こ... ゆっくり1時間ハイキングで、ここグロース・ルーに到着。そこではお祈り行事が始まっていた。日本で言うところの「山開き」みたいなもんか? この服装がアッペンツェル地方男... この服装がアッペンツェル地方男子の衣装。釣りベルトや腰ベルトの細工が特徴だ。 地元アッペンツェルの山の礼拝 牛小屋の二階は、急ごしらえのテ... 牛小屋の二階は、急ごしらえのテーブル席が用意されていて、ここでお祭りが始まる。歌に踊りだ。このアルム(草原)で聴いた、生のヨーデルは心に浸みた。雨が降ってきた。 地元アッペンツェルの山の礼拝 や~、牛さん。美味しそうな草を... や~、牛さん。美味しそうな草を食べているね。登り口のレーメンで。
2019年7月7日(日) 飛べない天気。何をしようかと思案していたら、ホテルオーナーのMr.マイケルが「レーメンのグロース・ルーに行ってみな? 山の礼拝をやっているから」と。ホテルから駐車場まで車で10分、登り歩いて1時間だ。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ