記事検索

小原古邨(おはら・こそん)展

スレッド
太田記念美術館に行くのは初めて... 太田記念美術館に行くのは初めて。ここは浮世絵収蔵で有名(らしい)。場所は東京原宿駅近所。僕の入館は13時。観覧者はポッツリぽっつり。しかし14時を過ぎた頃から、チラホラに変わった。それも外人が半分。 小原古邨(1877年金沢生まれ... 小原古邨(1877年金沢生まれ~1945年)展覧会は前期と後期に分かれている。 僕の「今日の1枚」はこの「月と... 僕の「今日の1枚」はこの「月と木菟(みみずく)」と同類で月が三日月なのにしたかったけど、絵葉書がなかった。その三日月なのは、みみずくから下の空間がもっと空いていて、観て気持ちが良かった。 今日の1枚は、これにする。あり... 今日の1枚は、これにする。ありきたりけど、構図とグラデーションがイイ。僕は思う、版画って絵師の名前で作品が語られるけど、何故彫師、摺師は名前が出ないのかな?と。版元は出るけどね。彫師、摺師の技が素晴らしい。なぜ日陰なのだ?彼らは!
2019年2月6日(水)去年の11月、NHKテレビ日曜美術館で「小原古邨」を知った。その時は神奈川県茅ヶ崎市美術館の企画展だった。海外では知られた花鳥絵師なのに、日本ではほとんど紹介される事がなかった(そうな・・僕も初耳にの絵師)。そしてテレビを見て、こりゃ是非観て見なくっちゃ、って思った。しかし見損ねた。でも2月に太田記念美術館に巡回して来る事、知っていた。
僕の友人に山岳画家&版画家がいる。名前は「杉山修」。彼のHPは下記。いちどのぞいてみてよ。彼の温かい人間性が作品に現れているよ。それに杉山修氏は4役をこなす・・つまり版元、絵師、彫師、摺師、これを全部ひとりでこなす。すごいよ!  http://osamuhanga.com/

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
コメントの投稿にはメンバー登録が必要です。
ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
ログイン
まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
新規ユーザー登録へ