記事検索
ハッシュタグ「#sake」の検索結果43件

Standardize Labels

スレッド
By Yuji Matsumoto

When I go to a nearby Japanese supermarket, I often find Americans at complete loss as to what to choose in the sake/shochu section. The same goes even for the Japanese, unless you have the brands memorized. So how can we categorize sake to make it easy for consumers to choose? We need to look into their purchase motivations, and what questions they have.

Consumers’ purchase motivations

• I like sake A because it’s rich-bodied and has good acidity and pairs well with meat dishes, but I couldn’t find it in a supermarket. How can I find something similar to it?

• My friend likes sushi (especially white fish), so I want to give him a bottle of sake. But I don’t know how to pick one.

• Which sake will be good as a birthday present for my girlfriend(boyfriend), who usually prefers red wines with higher tannin levels?

• My wife never had sake. She likes fruity white wines and champagnes, so which sake would she enjoy?

• I usually enjoy drinking B, but today is a special occasion and I want something similar but more expensive. How do I choose one?

• What’s good as hot sake?

Generally speaking, these are the sorts of questions normal consumers have.

It’s impossible to provide answers to all such questions and display sake accordingly, but it is possible to categorize them by the aroma, body, and food parings. Below chart is what I would use as an attempt to categorize most of the sake, based on my innumerous tastings in the past.

First, have the breweries categorize all their sake being exported to U.S. into “zones.” If they think their sake is refreshing with an aroma of a cantaloupe, it should be in the “summer zone.” The categorizations should be displayed on labels in an industry-wide standardized format. Restaurants and retailers can then post posters or hang messages on the neck of the bottles, to explain the zoning map. The breweries can have their own logos in the middle of the labels as they wish. I sincerely hope that sake bottle labels can be standardized as such.


正夢になってほしいラベル統一化

近所の日系スーパーの日本酒・焼酎売場でよく見かけるのが、何を選んだら良いのか分からず途方にくれているアメリカ人だ。もちろん、おそらく日本人でも銘柄を覚えている人以外は何を飲んだらいいのか迷うであろう。では、どのように日本酒を分別したら消費者が選びやすいか、それは消費者が選ぶ際の動機や疑問を見てみれば答えが見えるはずだ。

一般消費者の購入動機
• Aという濃醇なボディーで酸味香のある肉料理に合う日本酒が好きだが、スーパーに行ったらこの銘柄が無かった。Aという銘柄に近いものを探すのにはどうするか。

• 友人は、スシ特に白身魚が好きだから何か日本酒をプレゼントしたいが何を選んだらよいのであろうか。

• 今回は、彼(彼女)の誕生日なので、普段タンニンの効いた赤ワイン好きな彼(彼女)が気に入る日本酒はどれだろうか。

• 妻は日本酒は今まで飲んだこともないが、フルーティーな白ワインやシャンペンは好き。何を飲ませたら喜ぶだろうか。

• 普段はBという銘柄を好んで飲んでいるが、今日は特別な日なので値段が高い同じ傾向の日本酒がほしいがどうやって選ぶか。

• 熱燗に適した日本酒はどれ?

などなど、これらが一般消費者の考えることである。

これらを全て説明したものを作成し、日本酒を陳列することはできないが、香り、ボディー、相性の良い料理で大体分けることはできる。下記の表は過去多くの日本酒を利き、大体の日本酒を分けたものである。

まず全ての輸入される日本酒に蔵元が自社の酒はどのゾーンタイプかを吟味してもらう。自分の酒がメロンのような香りでさっぱりとしているのら「サマーゾーンタイプ」の酒とする。それをもとに業界が決め統一した場所に貼ることにしていけばよい。レストランや小売店にはこのマップの意味を理解してもらうポスターや簡単な説明書をボトルの首にかけておけばよいのである。ボトルの真ん中は自由に自社のロゴを貼ればよい。将来いつかこのような統一されたラベルが完成してほしいものだ。
#alljapannews #sake #labels #standardize

ワオ!と言っているユーザー

First in the world! Ginjo event held at the United Nations Headquarters: Part 3

スレッド
By Kosuke Kuji

In the previous column, Naotaka Miyasaka, 7th President of Japan Premium Sake Association wrote the association had set sail with the goal to establish Ginjo sake worldwide.

No brewery objected to his opinion, and I was highly anticipating the future of Japan Premium Sake Association.

The current political climate also provided support to Miyasaka’s ambition, as the Japanese cabinet under the Prime Minster Abe’s Administration just approved the project “Enjoy Japanese Sake,” setting the course to promote the export of Japanese sake overseas at the national level.

Currently, this movement is now moving forward as “Cool Japan” to create opportunities for sake breweries throughout Japan to export their sake products overseas, to position Japanese sake as “Japan’s traditional culture” as a nationwide effort led by the Japanese government to proudly export Japanese sake to the world as a national treasure.

Japan Premium Sake Association’s aim to introduce Ginjo sake to the world to establish Ginjo sake overseas was recognized by the Japanese Government at a time when efforts export of Japanese sake overseas are supported at a national level in Japan, which resulted in gaining support from the Japanese government.

In this climate, days of reflection continued on how the Japanese Premium Sake Association will introduce “Ginjo” sake to the world, how to kick-off the initial undertaking, for which I also joined the discussion team to simulate ideas on how to kick-off the business that would stun the world with awe.

During these discussions, I noticed my colleague from my hometown of Iwate prefecture among the Japanese government representatives to the United Nations (UN) and consulted him, which led to the proposed idea of holding a Ginjo sake sampling event at the United Nations headquarters.

I was rather in doubt at first, asking “Could we really do something like that?” But as the discussion continued, we realized it was possible, which led to the sampling event to promote Ginjo sake to the world from the United Nations (UN) headquarters.

We will continue in our next issue.


「世界初!国連(UN)本部での吟醸酒の会 その3」

前回のコラムでは、吟醸酒協会第7代の宮坂理事長が、吟醸酒の世界定着化、を目標に掲げて新しい吟醸酒協会が船出したと書きました。

この意見については反対の蔵元はおらず、新しい吟醸酒協会に私も大いに期待をしておりました。

そんな宮坂理事長の想いに時代も味方をし、その当時、安部政権では国家戦略会議において、「ENJOY JAPANESE KOKUSHU(國酒を楽しもう)」プロジェクトが閣議決定され、国家レベルで日本酒の海外輸出を推進していく流れが整っていました。

現在ではこの運動は「クールジャパン」となり引き継がれています。この流れは、日本中の酒蔵に海外輸出の機会を創出し、国を挙げて日本酒を「日本の伝統文化」と位置付け、世界に誇る日本の宝として輸出に取り組んでいく事を国が先導して行っていく、ということになります。

このような国家レベルで日本酒の海外輸出を応援している時に、まさに吟醸酒協会が海外で吟醸酒の定着を目標に、世界に向けて発信していく、という方針はすぐに日本国政府に伝わり、日本国政府からも応援を頂ける手筈となりました。

そんな中で、吟醸酒協会が「吟醸酒」を世界へ向けて発信する、最初の事業をどのようにしていくか、それを模索する検討チームに私も所属し、吟醸酒協会にしかできない、何か世界を「アッと」驚かすような事業が出来ないか、考える日々が続きました。

そんな中で、国連(UN)の日本国政府代表団の中に、岩手出身の私の仲間がおり、相談したところ、是非国連本部で吟醸酒の試飲会をしたらどうか、という話になりました。

最初は「そんなこと出来るの?」と半信半疑でしたが、話を進めていくと、どうやら可能である、ということになり、国連(UN)での吟醸酒を世界にPRする試飲会を開催することになりました。

続きは次回。
#alljapannews #sake #nation #Kokushu #Ginjo

ワオ!と言っているユーザー

Sake Seminar of the Future

スレッド
By Yuji Matsumoto

Conventional sake seminars (for the general public and businesses) were often about the brewing process, ingredients, and the sake categories. Textbooks and professional books have the same approach. With this seminar, however, I skipped all of them and talked about how to recognize the taste characteristics of sake, food pairing, how to choose sake that suit your restaurant, and how to add a twist to the menu. The seminar was geared toward professionals working in the restaurant business and purchasing.

Key points:
1. Understand what is offered and/or is the best-seller at one's own restaurant, then select matching sake

2. How to set prices, including the relationship between the average customer expense and the pricing of alcohol sold

3. Whether or not to offer popular sake brands

4. Types and brands you should focus on

5. How to create the menu; do not categorize the sake by category but by food pairing and taste, to make it easier for customers to choose

6. How to utilize and select sake samplers

7. How to utilize cocktails, and popular cocktails

8. Important items for employee training; know the taste, know how to sell by type of food ordered, do a short sales talk, know the type of rice, Sake Meter Value (SMV), and area the sake comes from

9. Differences between distilled liquor and fermented liquor, which is often not well-understood

10. Product management and its methodology

11. Way of the promotion and build relationship with businesses

This seminar was for those in the sake business, but if I am to do it for the general public I will omit the menu-building and training portions, and instead add how to enjoy sake at home and how to choose sake in the market. I would like to recommend those in the business to revise what is being discussed so it is not too much about brewing methods and categories, and consider focusing more on content useful in helping customers to enjoy shopping for sake.


これからの日本酒のセミナー

いままでの日本酒のセミナー(一般消費者向け、業者向け)と言えば多くの内容は"造り、原材料、特定名称"についてであった。また、日本酒の教科書や専門書もこれに重点が置かれている。しかし、今回試みたのは、これをまったく話さず、日本酒の味の特徴のつかみ方、食事との相性、自分の店に合った酒の選び方、メニューの工夫について講演会をした。対象は、レストラン業者や仕入れ担当の業界向けのもの。

ポイントとしては;
1.自分のレストランで提供してる、または売り上げの多い商品郡を把握し、それに合った日本酒の選び方

2.価格帯の決め方。客単価と出るアルコールの価格帯の関係

3.人気の日本酒をおくべきか否か?

4.適正な種類と重点に置く銘柄

5.メニューの作り方。特に特定銘柄で分けず、料理帯や味で分けることにより消費者が選びやすくするメニューつくりの方法

6.酒サンプラーの活用法と選び方

7.カクテルの活用方法と人気なカクテル

8.従業員トレーニングにおいて重要なこと。味を知る、食事による推薦方法、簡潔なセールストーク、メニューに記載してある純米、日本酒度、地域について理解させることなど。

9. 意外と理解していない蒸留酒と発酵酒の違い

10.商品管理とその方法

11.プロモーションの仕方と業者との関係作り
について話した。

今回は、業界向けであったが、これが一般消費者向けになるとメニューつくりやトレーニングは抜いて、家庭で楽しく飲む方法やマーケットでどのように選ぶかを追加しておけばよい。

業界の皆さんも日本酒の造りや特定名称などについて偏った内容や話になっていないか、本当に一般の消費者が楽しく日本酒を見つける方法に役立つ内容を検討してはどうだろう。
#alljapannews #sake #seminar

ワオ!と言っているユーザー

First in the world! Ginjo event held at the United Nations Headquarters: Part 2

スレッド
By Kosuke Kuji

The previous column detailed the first Japanese sake tasting event in the world held at the United Nations (UN), organized jointly between the Japanese government and Japan Premium Sake Association, and how the Japan Premium Sake Association was founded. Founded with forty-three member sake breweries in 1981, the Japan Premium Sake Association boasted over eighty sake breweries during its peak membership in the nineties, capitalizing on the organization's influence to promote the benefits of Ginjo sake throughout Japan through large-scale sampling events, etc.

The association's achievements are now evident in the sake category "Ginjo Sake" found today in every department store and restaurants throughout Japan, with Ginjo sake generally recognized as "high-quality sake" among other types of Japanese sake.

As the Japan Premium Sake Association boasts a long history, the necessity of working together as an association started to decline in recent years as Ginjo sake became established in the market. Therefore, the main events for the association today is the large-scale sake sampling event held in the spring and fall in Tokyo, in the fall in Osaka, and once every two years in Sapporo.

Needless to say, the predecessors played a vital role in establishing Ginjo sake throughout Japan. However, the association's seventh Chairman Naotaka Miyasaka of sake brewery "Masumi" in Nagano prefecture stated during his speech on the association's general policies, that the association's new mission based on the achievements of predecessors is no longer limited to domestic efforts, but to promote the consumption of "Ginjo sake" worldwide, accelerating efforts to promote Ginjo sake for worldwide consumption.

We will continue further in our next issue.


「世界初!国連(UN)本部での吟醸酒の会 その2」

前回のコラムでは、世界初の国連(UN)での日本国政府と吟醸酒協会が共催で行った酒の会について、吟醸酒協会という団体の生い立ちについてお話させていただきました。1981年に43社の蔵元でスタートしたこの吟醸酒協会は、一番加盟蔵が多かった90年代には80以上の蔵が加盟し、日本国内へ吟醸酒の素晴らしさを、大規模な試飲会などを通して、団体の力を持って伝播していきました。

その功績は、今では日本国内どこのデパートでも、飲食店でも「吟醸酒」というカテゴリーのお酒を見ることが出来るほど一般的になり、吟醸酒は日本酒の中でもとりわけ「品質の高い酒」と一般認知されるようになりました。

このように、長い歴史を誇る吟醸酒協会ですが、ここ数年は吟醸酒の定着化と共に、団体で行動する理由が減ってきており、春と秋に東京で開催する大規模な試飲会と、秋に大阪で、2年に1度札幌で開催する大規模な試飲会が主な事業となっておりました。

確かに私たちの先代の努力で、吟醸酒は日本国内に定着化して一定の役割は達成されたのですが、第7代の理事長で長野県の「真澄」醸造元の宮坂直孝氏は、所信表明演説で、先代達が築き上げてきた歴史をしっかりと踏まえながら、国内にとどまらず、世界で今度は「吟醸酒」を定着化させていくことこそが吟醸酒協会の新しい使命である、とお話し、吟醸酒の世界定着へ向けた取り組みを加速化させることになりました。

続きは次回です。
#alljapannews #sake #ginjo #masumi

ワオ!と言っているユーザー

When in Rome…

スレッド
By Yuji Matsumoto

If you ask me if I enjoy having cocktails, my answer would be no. But that’s my personal preference. Develop sake and shochu cocktails at the restaurant and sell it. These cocktails are actually more popular, so I even have a “Sake Bomb” (a mix of hot sake and beer) on the menu. Other popular cocktails on the menu are the “sake-tini” using nigori (unfiltered)sake, and shochu mojitos.

Perhaps the sake and shochu specialists and breweries would scorn me for straying from traditions, but I am simply following the proverb of “When in Rome, do as the Romans do.” An American once asked me, “The Japanese people said that to me during my Japan stay, but then why don’t you follow that saying yourselves?” It was a perfectly logical question.

What’s important here is that I used sake and shochu as base for the cocktails. It is about showcasing the many ways you can enjoy them other than having them straight, so people can gradually learn their flavors.

The reason why sushi became so popular in America is, without any dispute, because of the new-wave creation of “California Rolls,” although it was looked down as not being authentic by many sushi chefs from Japan. But this contributed to the increase of sushi fans, bringing in customers to the traditional nigiri-only (i.e., no rolls) and chef’s-special-only venues. If the California-style sushi, such as spicy tuna rolls and shrimp tempura rolls, disappeared from the current venues, the sushi fan base would probably diminish to 1/10 or even 1/20 of its current scale. No doubt this would eradicate the currently popular sake and shochu markets.

It is my belief that those selling sake and shochu should make efforts to “localize” when recommending them.


郷に入っては郷に従え

個人的にカクテルを飲むかと聞かれれば答えは「ノー」だ。しかし、それは私個人の嗜好であり、レストランではもちろん日本酒や焼酎カクテルは開発し販売している。むしろ、これらの日本酒・焼酎カクテルの方がうけが良く、熱燗とビールを混ぜた「サケボム」もメニューに載せているくらいだ。また、にごり酒を使ったカクテル、サケティーニ、焼酎ベースのモヒート(ミントとライム、もとはラム酒がベース)などは飛ぶように売れる。

業界の日本酒・焼酎スペシャリストや蔵元の多くからは「邪道」と叱られるかもしれないが、日本にある諺で「郷に入っては郷に従う」を忠実に守ってるだけの話だ。以前、あるアメリカ人に聞かれたことである。「日本にいる時に日本人から教わった諺だが、なぜ海外にくると日本人は郷に従わないのか」と、ごもっともだ。

重要な事は創作したカクテルになっているベースのアルコールが日本酒や焼酎であり、ストレートだけでなくいろいろな楽しみ方があること、そして徐々に酒本来の味を教えることだ。

寿司が米国でこれほどの市民権を得たのは、まぎれもなく創作すし「カリフォルニアロール」(多くの日本からの職人さんは邪道と決め付けたが)のおかげと言っても過言ではない。これが寿司人口を増やし現在、握り一本、おまかせオンリーの店でも顧客が来るようになったのだ。もし、スパイシーツナロールや海老天ロールなどの創作寿司が現在の寿司店から姿を消したら米国での寿司人口は1/10以下、いや1/20以下にもなるだろう。現在売れている日本酒や焼酎の市場がおそらく消滅してしまうのは間違いない。

日本酒や焼酎に携わってる方は、もっと「郷に従った」楽しい日本酒や焼酎の提案をしていくべきである。
#alljapannews #sake #shochu #localize

ワオ!と言っているユーザー

First in the world! Ginjo event held at the United Nations Headquarters: Part I

スレッド
By Kosuke Kuji

The first Ginjo event in the world was held at the United Nations headquarters in New York several years ago. This was the first Japanese sake event held in the world inside the United Nations headquarters by the “Japan Premium Sake Association,” of which I’m also a member, jointly with the Japanese Government.

To briefly describe the background that led to this first Ginjo sake event held at the United Nations in the world, the organization “Japan Premium Sake Association” (of which I’m a member) was founded in 1981 with an ambitious goal to make Ginjo sake widespread and casually enjoyed throughout Japan, at a time when Ginjo sake was produced only as submissions for sake competitions, even in Japan.

Sake in the Japanese market at the time consisted mostly of sake brands advertised in commercials produced by major sake producers. At the time, sake was distinguished mostly as first or second grade sake, with special-designation sake such as Junmai not yet distributed.

At a time when sake was not named according to the production method or sake ingredients, most sake such as Ginjo and Junmai were all classified as “second grade.”

The National Tax Administration Agency sponsored the only competition for domestic sake production techniques in Japan at the time, the “Annual Japan Sake Awards.” The sake production techniques used for the Daiginjo recognized with the Gold Prize was used on a trial-and-error basis to produce sake that would sell in the market.

While this was an impossible feat for one company alone, forty-three breweries awarded the Gold Prize during the Annual Japan Sake Awards gathered at the time to make quality Ginjo sake widespread in the domestic market.
To be continued in the next issue…


酒豪大陸 「世界初!国連(UN)本部での吟醸酒の会 その1」

ニューヨークにある国際連合(国連 UN)本部で、世界初の吟醸酒の会が数年前に開催されました。国連本部内での日本酒のイベントは世界初で、その世界で初めての酒の会を私も加盟する「日本吟醸酒協会」という団体と、日本国政府との共催で行いました。

この世界初の国連での吟醸酒の会が開催されるまでの経緯についてお話させていただきますと、私たちが所属する「日本吟醸酒協会」という団体は、1981年に発足し、まだ吟醸酒が日本国内でも鑑評会の酒でしかなかった時代に、吟醸酒を日本中で普通に飲めるように普及させていこう、という大きな目標を掲げました。

その当時の日本国の日本酒は、大手メーカーの大量導入されたCMのお酒がほとんどで、まだ純米酒や吟醸酒などの特定名称酒が流通しておらず、ほとんどすべてが「1級」「2級」と言った級別で区分けされていました。

製造方法や、原材料によって名前を名乗ることが出来ない時代で、今の吟醸酒や純米酒などのお酒は全て「2級」に分類されておりました。

そんな中、当時は国税庁が主催していた、日本で結一の日本国内の日本酒の技術コンテスト「全国新酒鑑評会」というものがあり、そこで金賞を受賞した大吟醸の技術を使って作った酒を何とか市場で売れないか、試行錯誤していた時代でした。

1社では出来ませんが、全国新酒鑑評会金賞受賞の蔵元が43社も当時集まって、この素晴らしい吟醸酒を世の中に広めていこうと立ち上がりました。

続きは次回になります。
#alljapannews #sake #ginjo #NY #junmai

ワオ!と言っているユーザー

Four Key Points of Selling and Developing Sake

スレッド
By Yuji Matsumoto

Many of those involved in sake tend to prefer to use vague and mysterious expressions. It seems as if they dislike saying anything definitive about a product’s characteristics. However, in order to sell specific sake in a market full of many options (including wine and beer), sake makers need to have a more focused development and sales effort. This can be said about both the manufacturers and the sellers. If a sake is just “good for anyone” or “goes with everything” it just won’t stand out.

Think of it as a description of a person who wants a serious relationship with you. If you really like the person, saying “he/she is a very nice person” is simply rude.

Dealing with many consumers on a daily basis making proposals on sake, I realize that there are requisite key points. Going over these points alone makes the conversation a success. Roughly speaking, there are four points. The first is aroma. Explain the strength of the product’s aroma (gorgeous or tender) and its characteristics (fruity, floral, alcohol).

The second is body. Explain the product’s sweetness, acid taste, bitterness, and also how it goes down one’s throat.

The third is food pairing. Select the absolute best dish for it. Don’t explain too much, just say it simply: “No other sake goes better with salmon sashimi!”

The fourth is temperature. Explain which temperature setting is best for the product: room temperature, hot, or cold?

Sake manufacturers need to be aware of these points as well. Have a clear vision when developing a product, such as where your target market is, and what you want it to do. “I want my sake to pair with beef steaks like no red wines can” is a good example. And make sure you convey the message in your marketing effort.

Also make sure that these four points are mentioned in your menus, and stressed in your staff training sessions.


日本酒を売る・開発する4つのポイント

多くの日本酒に携わっている人たちは、あいまいな微妙で神秘的な表現が好きだ。商品の特徴を特定したり、断言することを嫌うように感じられる。しかし、多くの選択肢(ワイン、ビールも含めた)から特定の日本酒を選んで売るためには、ある程度特定した市場に対してその商品を開発したり、提案する必要がある。これは造り手も販売者も同じだ。万人にうける商品や何にでも合うものは、あってもいいが説得力がない。

あの人は、どいういう人、と聞かれ「とてもいい人です」では、真剣に交際をしようとしている人に失礼なのと同じだ。

多くの消費者と日々接し、日本酒について提案しているとやはりセールストークには “落としどころ” というものがある。ここのポイントだけを抑えていれば大体は納得してもらえるものというツボだ。大きく分けると大体4つに集約される。

一つ目は、香りだ。まずは強弱(華やかかおとなしい)と特徴(果実、花、アルコール臭など)を伝える。

二つ目は、ボディー。甘さ、酸味、苦味以外にドライ感などのど越しの感覚を伝える。

三つ目は、食事との相性。ここではこれなら絶対負けない一番の料理を選ぶ。あれこれ言うとポイントがぼけるので、ずばり「サーモン刺身ならうちの酒に敵うものなし!」ぐらいがいい。

四つ目は、温度帯。なぜこの酒は冷(常温)、燗、冷酒が向いているのか?を理解してもらう。

これは、販売者だけに限らず、生産者も商品を開発する際に重要な点である。しっかりとしたビジョンで開発し、これならこの市場、たとえばビーフステーキ料理ならどの赤ワインにも負けない、くらいの日本酒がほしいものだ。そしてそれを伝えるきちんとしたマーケティング資料や商品パンフレットの文面に記載するべきである。

また、この4ポイントをメニューの中に生かしたり、従業員トレーニングにも生かしていただきたい。
#alljapannews #keypoints #selling #sake

ワオ!と言っているユーザー

1st France Sake Competition

スレッド
By Kosuke Kuji

At the “Kura Master – Le Grand Concours de Sake Japonais de Paris 2017” this year that was held in France for the 1st time, we are excited to mention that Nanbu Bijin “Shinpaku” won the “Platinum Award” in the Jyunmai Daiginjyo division!! Continuing from IWC, we are most grateful from our hearts to receive high recognition at sake contests overseas. This contest is officially certified by the France government and is a sake competition that is held in France, operated by the French for the French people. For other sake competitions held around the world including IWC, there are none that have all foreign judges, but this Kura Master is a very valuable contest because it is only judged by French. I can’t help but express my joy that it’s incredible that out of all places in the world that this kind of sake competition was held in France that is traditionally known as a wine producer, and that sake is being accepted at many countries as a world liquor. In this wonderful age when we have “Joy of Sake” which is well known in the U.S. and sake being watched around the world, I would like to continue to surely offer the highest level of sake to the world. I feel it has become an age when you may hear the voices of “kanpai” from around the world! For sake that is Japan’s traditional culture to become more popular in Japan and to be recognized around the world, I will continue to work hard as one of Japan’s brewmaster!!


酒豪大陸「フランス初の日本酒審査会」

フランスで今年初めて開催された日本酒審査会「KURA MASTER– le grand concours de sake japonais de Paris 2017」において、南部美人「心白」が純米大吟醸部門で見事「プラチナ賞」を受賞しました!!IWCに続き、海外での日本酒コンテストで高い評価をいただけたことを、心から光栄に思います。

このコンテストはフランス政府が正式に認定したものであり、フランスの地における、フランス人によるフランス人のための日本酒コンクールです。ほかの世界の日本酒のコンクールはIWCはじめ、外国人だけでの審査はありませんが、このKURA MASTERはフランス人だけで審査をするという非常に貴重なコンテストになります。

世界中で、しかもワインの伝統的な産地でもあるフランスで、このような日本酒の審査会が開かれること自体がすごいことで、それだけ日本酒は世界の酒として、様々な国で認められ始めている事がうれしくてたまりません。

アメリカでは歴史のある「JOY OF SAKE」もあり、世界中が日本酒を見てくれているこの素晴らしい時代に、日本の酒のレベルの高さをしっかりと世界にこれからも伝えて行ければと思います。

まさに世界中から「カンパイ」の声が聞こえてきそうな時代になりました!日本の伝統文化である日本酒がさらに日本で、そして世界で評価されるために、これからも日本の蔵元として頑張っていきたいと思います!!

■KURA MASTERホームページ
http://kuramaster.com/ja/concours/comite-2017/
#alljapannews #sake #FranceSakeCompetition #KURAmaster #joyofsake

ワオ!と言っているユーザー

Expanding consumption areas for Japanese sake and shochu

スレッド
By Yuji Matsumoto

Recently in the U.S., wine discount stores like BevMo and Total Wine and More, etc., are prosperous. Also, rural areas have local large liquor stores that sell various alcoholic beverages (tequila, ji-beer (local craft beers), champagne, whiskey, etc.) in addition to wine. When I went to Las Vegas last week, I stopped by the largest local liquor chain store, where I was surprised to see the very limited selections of Japanese sake. With various foreign tequilas, wines, and ji-beer lining the shelves, why were there so little selections of Japanese sake offered? Also, the few selections available were without tages and lost in the “Asian” alcoholic section.

With the current Sake Tour indicating high public interest in Japanese sake and shochu, it’s disappointing to see so few outlets offering the products. The question I’m most often asked is, “This sake is delicious. Where can I buy it?” However, as of yet, the only answer I can provide is our restaurant. I’m also surprised to see customers who wish to purchase by the bottle.

Over ninety-percent of Japanese sake and shochu consumption takes place at Japanese restaurants. However, as long as this is the case, the market will not expand. Japan-affiliated markets are available only in some major cities. To have Americans consume sake and shochu “at home,” it is necessary for these products to be distributed more and more to specialty liquor stores and their staff trained.

The other day, I participated in a wine sampling held at a liquor store in Pasadena, Calif. I paid five dollars at the front, then enjoyed various red wines and cheese with various customers in a small crowded corner no more than 107 ft2. I thought for a second, “This would be fun to try with Japanese sake.”


日本酒・焼酎の消費現場の拡大

最近米国ではBevmoやTotal Wine and Moreなどのワインディスカウント店が繁盛している。また地方に行くと地元の大型リカーショップ店があり、これらの店にはワイン以外にありとあらゆるアルコール飲料(テキーラ、地ビール、シャンペン、ウィスキー等)が陳列されている。先週ラスベガスに行った際にも地元最大のリカーチェーン店に足を運んでみたが、日本酒の種類の乏しさに唖然とした。海外産のテキーラやワイン、地ビールがこんなにあるのになぜ日本酒がこんなに少ないのか、また、何もタグがなく、ただ「Asian」のアルコールの中に埋もれていた。

現在行っているSake Tourでこれだけ日本酒や焼酎に興味を持っている人がいるのに、購入する場所がないのはとても残念なことだ。一番多く受ける質問は、「この酒美味しいですね、どこで買えるのか?」である。しかし、現状としては当店のレストランのみ、ということしか言えない。ボトルで購入したい、という顧客の多さには驚くばかりだ。

日本酒や焼酎の消費現場の9割以上が日本食レストランだ。しかし、これを変えない以上市場は広がらない。日系マーケットは、ほんの一部の大都市にしかなく、米国人に「家庭で消費」させるには、もっともっとこのような専門リカー店に卸し、彼らを教育していく必要があるのではないだろうか。

先日、パサデナ(カリフォルニア州)のリカー店でワインのサンプリングをしていたので参加してみた。フロントで5ドルほどを支払い、3畳もない狭い一角に多くの顧客がいろいろな赤ワインとチーズを楽しんでいた。これを日本酒でやってみたら面白いのではないか、とふと思った。
#alljapannews #sake #shochu

ワオ!と言っているユーザー

Bizarre labels on Japanese Sake bottles

スレッド
By Yuji Matsumoto

While I’ve written repeatedly in the past about the lack of marketing efforts in branding Japanese sake bottles, it’s very disappointing that most breweries still haven’t implemented my suggestions. Every time a new Japanese sake product is introduced, many manufacturers still use labels very different from previous ones.

The bizarre marketing strategy is evident as soon as one picks up a product. Take vodka for example. While colors of the bottles may change, neither the label design nor the fonts of corporate logos ever change. Wine, whiskey, beer, etc., no matter what product you grab, the branding is such that customers immediately recognizes the manufacturer at first glance.

Wine labels share the same design, but different shapes of bottles and colors depending on the variety of grapes. For vodka, the shapes of the bottles are the same, and only the color of the label is changed according to the flavor. For beers, light vs. regular is differentiated by color, while the design is the same.

Designs of alcohol products are standardized in this manner. However, why not so with Japanese sake? Considering the cost and time required to launch a product, the lack of standardization in design for marketing purposes is “bizarre” to say the least.

I once heard from a sake manufacturer that when displaying sake bottles in small retail shops, various products by the same brand lining the shelves would confuse consumers, thus there was no choice but to change the labels. Another’s opinion was that if one brand fails, sales of other products under the same brand would also suffer due to chain reaction.

Looking at the current brands of Japanese sake, there isn’t one manufacturer whose labels are standardized among Nigori, Junmai, Ginjo, and Daiginjo. The changes in design and fonts are easy to notice.

American consumers are very loyal to brands. While the majority of them cannot read Japanese, using a standardized logo design would help consumers who happened to like Junmai to next sample Ginjo, Daiginjo, or Nigori sake.


奇怪な日本酒ラベル

以前にも繰り返し日本酒ラベルのブランディングのマーケッティング不足について話を書いてきているが、未だにほとんどの蔵元が実践していないのは非常に残念なことだ。

日本酒で新商品がでるたびに以前のラベルと全く違う顔のラベルを使ったものを使用している会社が多い。

これは、身近にある商品を手に取ってみるといかに奇妙なマーケッティング戦略であるかが分かるはずだ。たとえば、ウォッカ。ボトルの色を変えることはあってもラベルのデザイン変更や会社ロゴの字体を変えた商品はまずない。ワイン、ウィスキー、ビールどの商品をとっても基本的にその会社と一目でわかるようになっている。

ワインは、ラベルに関してはデザインが一緒でブドウ品種によりボトルの形状や色を変えている。ウォッカについては、ボトルの形状が一緒でフレイバーによりラベルの色だけを変えているケースが多い。ビールは、ライトとレギュラーで色別でデザインは一緒、というようにどのアルコール商品を見ても統一されている。しかし、なぜ日本酒だけはそうでないであろうか?一つのブランドを立ち上げるための費用と時間を考えると“奇怪”としか言えない。

ある酒造会社によると日本での小売の棚取りの際、同じブランドが多数並んでいると消費者が戸惑うからラベル変更しざる追えないという話を聞いたことがある。また、もし現状のブランドが失敗したら連鎖で他のものも影響が出る、という意見もあった。

現存する日本酒をみてみるとにごり酒、純米、吟醸、大吟醸と全てラベルが統一されている会社は一社もない。どこかデザインや字体に手を入れてあることに気づくであろう。

米国人はブランドに対してのロイヤルティーが強い。しかも日本語は読めない人が圧倒的である中、統一したブランドロゴデザインを使用することで、純米を気に入ってくれた人は次は同じブランドの吟醸や大吟醸、またはにごりを試していくことに繋げていけるはずである。
#alljapannews #Japanese #sake #branding #sommelier

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/5 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. >
  8. >>