記事検索
ハッシュタグ「#アメリカお役立ち情報」の検索結果12件

シニアの住み替えに有利な法案「Proposition 60&90」

スレッド
シニアの住み替えに有利な法案「... シニアの住み替えに有利な法案「...
プロポジション60/90って聞いたことありますでしょうか?

これはカリフォルニア州の法案で、55歳以上のシニアが住み替えをするために自宅を売却した場合、
もし、その固定資産税が低い場合、次に購入する家の固定資産税が高くても、低いほうの
売却した家の金額を引き継ぐことができるというものです。

例えば、例を挙げてみましょう。
20年前に$300,000で自宅を購入した方が、今その家を売ると$800,000の価値だとします。
でも、固定資産税の値上がりは、実勢マーケットの値上がりよりも激しくありません。
仮に$500,000くらいの評価額だとすると、税率(約1.25%)を掛けると

$500,000 x 1.25% = $6,250

が現在、支払っている固定資産税の額となります。

もし、$800,000で家を売って同じ価格$800,000の家を購入すると、固定資産税は

$800,000 x (約)1.25% = $10,000

になります。住居費に対する固定資産税の負担が増えてしまいますね。

このProposition 60/90を利用して申告すれば、現在支払っている低い固定資産税($6,250)を
次の購入する物件に引き継ぐことができ、お金を節約できるというものです。

ただし、購入する物件が売却する物件と同額かそれより低い価格のものが対象になります。
つまりダウンサイジングするシニアにベネフィットがあるということですね。

もう少し細かく解説してみます。

1.Proposition 60と90の違いは?

Proposition 60は同じカウンティー内での住み替えの場合、Proposition 90はカウンティ-から
異なるカウンティ-への住み替えの場合の法案です。

2.いつまでにタックスファイルすると有効?

3年以内に、購入してタックスファイルする必要があります。

3.LAカウンティー外に住んでいて、LAカウンティー内に購入するのは対象になるか?

なります。

4.LAカウンティーから他のカウンティーへの住み替えは可能か?

現在は、以下の11カウンティーが対象になっています。
・Alameda
・Orange
・San Mateo
・Ventura
・Los Angeles
・San Diego
・Santa Clara
・El Dorado
・Riverside
・San Bernardino
・Tuolumn

このように、もし上記の対象になる方の場合は、かなりメリットがありますので
これを使わない手はありませんね。

そして現在のルールに対して、主に以下の2点の拡張が検討されています。

(1)法案の対象を、現在の11カウンティーからカリフォルニア州全域に拡張

(2)「55歳以上で1回限り使える」というルールを、何回でも使えるように拡張

この拡張を議会で検討してもらうために、各所で署名活動が行われていますが
私も地元で所属するBeverly Hills Greater LA協会のメンバーと協力して
署名を集める活動をしました。

ぜひ拡張の法案が通ってほしいです。

LAカウンティーの「Proposition 60 & 90」についてのウェブサイト
https://assessor.lacounty.gov/propositions-60-and-90/

-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

ホームワランティーとは?

スレッド
ホームワランティーとは?
アメリカで、家電や住宅設備に対する保証をホームワランティー(Home Warranty)と言います。
新品の家電を買うと、通常はそのメーカーが1年間の性能保証が付いていることがありますが、
このホームワランティーは中古住宅を購入した場合に、そこに付帯する中古の設備機器が対象です。

例えばどういったものがあるかというと、私の会社が良くお世話になっているFirst American Home Warranty
のサービスを例に挙げると、以下のような項目です。

・暖房機器
・電気配線システム
・ガレージの自動ドアシステム
・排気口、ダクト
・住居内の配管(上水・下水)
・ウォーターヒーター
・電子レンジ
・食洗器
・オーブン
・ガーベージディスポーザー
・冷蔵庫
・エアコン
・洗濯機、乾燥機

申し込み時には、当然きちんと動くコンディションである前提ですが、保証期間中に
もし対象の設備機器が故障などした場合、サービスコールフィーとして$65~$70を支払えば
修繕や取り換えなどをしてくれます。
年間の費用は、電気系統、ヒーター、水回りなどのベーシックプランだと$300前後、洗濯・乾燥機、冷蔵庫、エアコンなどもカバーするプレミアムプランだと、$500~$600くらいです。

不動産の売買契約でも、このワランティーが良く利用されまして、一般の商習慣では
売主が買主に1年間のワランティーを購入して付けるのが通例となっています。
これを付けることで、契約終了後、性能不備のことで買主からクレームが入ることを回避する効果もあります。

2年目以降は、買主が自己負担でリニュアルしたいかどうかを決めます。

また、不動産を賃貸に出す場合にも入ることができます。

対象となる設備項目が多いので、何かの不具合があってコストをカバーできて助かったと
いうこともよくありますので、有効なサービスだと思います。

First American Home Warranty
https://homewarranty.firstam.com/

-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

モバイル・ノータリー&ライブスキャン(指紋採取)って何?

スレッド
モバイル・ノータリー&ライブス...
アメリカの入国審査の際に、指紋を採取された方も多いと思います。

最近は、目の虹彩を認証するものなど、高度な技術がどんどん出てきていますが
アメリカで個人の認証をするための方法としては、指紋がポピュラーです。

これは私たち不動産の契約に際しても、重要な書類のサインについては
公証人の前でサインをするノータリーパブリックのサインが必要で、
その際には運転免許証と指紋を取ります。

ビザを申請する際や公務員の就職などの際にも、こういったサインや指紋採取が
必要で、これからはますますノータリーが必要になってきます。

さてこのノータリー、通常は公証人がいる場所まで出向いて行いますが、
忙しい人には決められた時間帯に行くことが難しいですよね。
そんな場合は、公証人のほうから出向いてくれるサービスがあります。

私の友人がこれを始めました。
その名も、「あんしんノータリー」。
実は、ご本人の苗字がAnshinというお名前で、彼は日本に昔住んでいたこともあり
日本語が堪能!なので本当に”安心できるノータリー”なのです。
ウェブサイトから申し込めます。

http://www.anshinotary.com/

必要な方がおられましたら、ぜひご利用ください。



-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

ロサンゼルス市の落書き消しサービスを利用

スレッド
ロサンゼルス市の落書き消しサー... ロサンゼルス市の落書き消しサー... ロサンゼルス市の落書き消しサー... ロサンゼルス市の落書き消しサー...
スプレーやマーカーペンを用いて壁などに描かれるグラフィティー。
アメリカのヒップホップなどに登場して、アートとして評価されているものもあります。

ところがアートにならないようなものは、単なる落書き。

これがロサンゼルスでも結構あって、綺麗な壁に様々な落書きをされ、
消すとまたしばらくしてやられてと、イタチごっこになることもあります。

これに対処するサービスがロサンゼルスのCityにあります。

この前、お客様の家がかなりひどく落書きされてしまったので、
落書き消しのリクエストを依頼してみました。

MyLA311
https://myla311.lacity.org

このサイトの「Graffiti Removal」というコーナーからオンラインで依頼すると
約1週間で対応します、という返答。

そして1週間後に落書きが取り除かれました、というお知らせがきたので
どうなってるかなーと、ドキドキしながら行ってみると
何と、落書きはすべて消されていました。

上から同じ系統の色のペイントで塗ってくれたので、一部残っている
ところもありましたが、これをハンディーマンや自分でやると
時間と費用が随分かかることを考えると、助かります。

落書きでお困りの方は、一度試してみてください。
素晴らしいサービスです。


-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報 #アメリカ不動産業界トレンド

ワオ!と言っているユーザー

アメリカの携帯電話T-Mobileの海外プランはすごい

スレッド
アメリカの携帯電話T-Mobi...
アメリカの携帯電話、4大通信キャリアは、Verizon、AT&T、Sprint、T-Mobile。

うちの家はずっとVerizonでしたが、最近回線の質が悪く、時々落ちてしまうことも
出てきたので、去年からT-Mobileに変更しました。

通信環境としては、Verizonの時とあまり変わらないのが今のところの感想。

でも良かった点の1つは、インターナショナルプラン。

1か月$30を追加で支払うだけで、アメリカ国外の約140カ国で、
・インターネットが使用可能
・テキストが使い放題
・電話が使える(例:日本・US間は1分20セント、日本国内は1分7セント)

日本に行く時はいつもポケットWifiを借りて使っていますが、取り急ぎなくても
携帯をオープンすればインターネットにつながるので安心です。

また、飛行機の機中では、有料でインターネットが使えるようになってきましたが
T-Mobileは1時間だけ無料で使用可能。

これを発見したときは、嬉しかったですねー。
飛行機に乗るときは、だいたい直前まで仕事が立て込んでいて、
これとこれのEmailを送ってから搭乗して、と思っていても、連絡を取りそびれた
メールがあったり、急ぎで送る必要のものが出てきたり。
機中で1時間、ささっとメールを返信できてほっとしました。

出張や日本と行き来している人にとってはいいサービスです。
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

優れもの「人感センサー+ソーラーパネル付き足元灯」

スレッド
優れもの「人感センサー+ソーラ...
私の家の庭にはジャグジーがありますが、夜に使う時は結構暗くて
よくつまづいたりしていました。

そこで、主人が見つけて設置したのが足元灯「Ever Brite」。
これはかなりの優れものです。

光に反応してスイッチがON/OFFするので、昼間は電気が付かず
暗くなっていくと薄暗い光がともります。

さらに!その足元灯にはセンサーが付いていて、近づくと
薄暗い光が、パッと明るくなってしっかり足元を照らしてくれます。

そしてソーラーパネルが日中、電気を蓄電するので、電源が不要!

気になるお値段は、なんと12ドル程度。
ウェブサイトをチェックするとプロモーションキャンペーンで、
1つ買うと2つ目が無料!リーズナブルですね。

庭の通路、パーキングなどいろんなところで使えます。

Ever Brite

https://www.buyeverbrite.com/


-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

風船はアメリカのバースデー必須アイテム

スレッド
風船はアメリカのバースデー必須... 風船はアメリカのバースデー必須... 風船はアメリカのバースデー必須... 風船はアメリカのバースデー必須...
この前、主人の姪の子供のバースデーパーティーをしました。
義姉の家でバッフェスタイルのランチ。
従妹とお揃いのサマードレスをもらって嬉しそう。

Happy Birthdayの風船を20個ほど持っていったら大喜び。
たくさん持ち切れるだけ持って、紐を引っ張ってはしゃいでました。

アメリカは何かあるとホームパーティーが盛んなので、
バルーンやら天井からつるすデコレーションなどが、いろんな
お店で売っています。

ホームパーティーしばらくやってないので、また企画したいと思います。

パーティーグッズがたくさん売ってるお店:
Party City
http://www.partycity.com/

クラフトなどが手に入るお店:
Michaels
http://www.michaels.com/


-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#ロサンゼルスの暮らし #アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

アメリカ学校探しに必須サイト「Great Schools」

スレッド
アメリカ学校探しに必須サイト「...
アメリカでもお子供さんの教育と住むエリア選びは密接に関係しています。

お家を探される時は、どの学校がどのくらいの成績か、またCityごとに
どの学校に行けるのかなどがとても重要になってきます。

多くの方が学校を調べるのに使っているのがこちら、
「Great Schools」です。

http://www.greatschools.org/

自分が住む場所のZip Codeを入力すると、通学する学校の
小・中・高校ごとの基本情報が出てきます。
学校ごとに、テストのスコアなどの成績や想像的に見た点数からの
10段階評価など、学校を選ぶ際に役立つ情報が詰まっています。

また住所を入力すると地図上に学区の境界が出てくるページもあります。

School Boundaries
http://www.greatschools.org/school-district-boundaries-map/

私たちの仕事にとっても有益で使いやすいサイトです。
ぜひご利用ください。

-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email:info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

英語の勉強に楽しくて役立つ「NHKワールド」

スレッド
英語の勉強に楽しくて役立つ「N...
日本ではお馴染みのNHK。
そのプログラムの中で、日本やアジアのニュースを英語で紹介するのが「NHKワールド」です。
ウェブ上では、特集番組のバックナンバーを見ることができるのはご存知ですか?

日本の食べ物や地方への旅、文化や最近のトレンドなど、とても興味深い
テーマや情報が満載されているので、次に帰国したらここに行きたい!
などとチェックしています。

日本のことが話題なので、英語が少し苦手な方でも日本のことを理解していたら
内容を楽しむことができます。

ぜひリスニングの勉強も兼ねてご覧になってください。

NHKワールド
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/

-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁止のルール

スレッド
ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁... ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁... ロサンゼルスの路上駐車と駐車禁...
この前、Cityから家の前が舗装されるという通知が来て、車を朝6時~夜6時まで
車を移動させる必要がありました。

いつもは車がたくさん停まっていますが、その日の朝は路上に車ゼロ。
1つ目が朝の写真。なんだか人っ子一人いなくなったような不思議な感じでした。
(地球上から人が消えたSF映画の中にいる気分…)
2つ目は舗装後の写真。道路が綺麗になりました。
3つ目は、通常の週末の写真。また車がずらりに戻りました。

このように、ロサンゼルスでは路上駐車ができます。
日本では最近は路上駐車ができるところはもうほとんどないようなので、
日本の方からは「へぇーそうなの?」と言われることも結構あります。

こちらは車社会なので、1人1台車を持つという場合がほとんど。
なので、家やアパートの敷地に車が駐車し切れないということもあります。

そんな時は、路上に駐車しますが、それがOKかどうかは、道の縁石の色によります。

縁石に何も色が付いていないところは駐車OK。
赤色は駐車禁止。
緑色は短期間駐車OK。
などです。

これ以外に道路標識に、曜日と時間帯によっては禁止とか、市街地の住宅街では
パミットを取っている車(住民の方が申請してもらえる許可)以外は完全駐車禁止、
というエリアもあります。

特にSanta Monicaは、多くのエリアが要パミットになってきているので、
道路標識を良くチェックする必要があります。
(夜に見えづらくて停めて、チケットをもらったことがあります)
あと、ウエストサイドのSawtelleの近くの住宅街も夜6時以降については
パミット車のみという道路が増えてきているので、注意が必要です。

昔、Redondo Beachに住んでいましたが、私のストリートは毎週金曜の
午前10時~12時は駐車禁止。
この時間帯に清掃車が道路をクリーニングするからです。
今の家の前面道路は、清掃は各自のため、定番の駐車禁止時間帯はありません。

こういう駐車禁止時間があると、気を付けているつもりでも「はっ」と
気付いた時は時間が過ぎていてことも…。
きっちり駐車禁止のチケットがワイパーに挟んでありました。
罰金は当時で$45だったと思います。結構高いですよね。

これからもチケットもらわないよう、気を付けていきます。


-----------------------------------------------------------------------
H2N / Hiroko Nishikawa Naumann(西川ノーマン裕子)
RE/MAX Estate Properties所属
アメリカ・ロサンゼルスの不動産の購入・売却・リースと、渡米・移住、アメリカから日本への帰国をサポートします。
RE/MAX Estate Propertiesはカリフォルニア最大の全米大手不動産会社RE/MAXのフランチャイジーです。
H2Nが持つ日米の不動産ネットワークを駆使して、心を込めてお手伝いいたします。
http://www.h2nusa.com/
Email: info@h2nusa.com
直通電話: 310-951-8233
#ロサンゼルスの暮らし #アメリカお役立ち情報

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1/2 ページ
  1. <<
  2. 1
  3. 2
  4. >
  5. >>