記事検索

日常のつぶやき~この庭と草木

https://jp.bloguru.com/moon

【本】『羊の国のイリヤ』

スレッド
2020.3.30 2020.3.30

昨年『群青の魚』を読んでから、数冊この作者の本を読み、ドラマも観ました。

先日は、新聞にも円熟のストーリーテラーとして紹介されていました。

今回もダークな世界が描かれています。

『白日の鴉』と『Iターン』と『ジューンブラッド』がミックスしたような作品でした。

この作者の作品は、凄まじい展開の後に最後は、ほっとすることが多いです。

今回は、ほっとというか完全燃焼できなかった感じです。


◇内容◇
食材偽装の告発に絡み、子会社に左遷された50歳のサラリーマン、入矢悟。
過酷な業務に耐えかねて本社への復帰を図ったが、冤罪での逮捕をきっかけに解雇され、家庭は崩壊する。
さらに悪徳プロダクションの罠にはまった大学生の娘に助けを求められる。
殺人現場を目撃した入矢は殺されそうになるが、必死に命乞いをして殺し屋四科田から半年の命の猶予を得た。
四科田の指示通りに動く日々が始まった。恐怖と凄惨な暴力に苛まれる悪夢のような日々。
入矢は孤独と絶望のなかで、しだいに変貌を遂げていく。

本文より
「先があると思うから、いまが―現在が苦しくなる」
「現在は誰にも認識できない。認識した瞬間、現在はすぎ去っている。つまり現在とは、すでに過去だ。過去は記憶にすぎず、未来は存在しない」
「過去は記憶、現在は感覚、未来とは想像だ。未来はクロノス―過去から現在そして未来へと直線的に時が流れるという時間認識によって生まれる」
「こうしてる何秒かの間にも未来はやってきていると思えるのは、その数秒間が過去として記憶されたからだ。そもそも時間とは認識だ。計測的にはおなじ一秒でも、体感時間は長短がある」
「現在とは感覚であり、一瞬前の過去だが、人間が生を実感できるのは、やはりその瞬間しかない。にもかかわらず未来を思いわずらうのは、過去の思い出に耽る老人と同じだ」

今回は、意識の問い・・・哲学的でもありました。

この本は、ソフトカバーでした。
本は、ハードカバーの単行本が好みです。
本を読んだという実感になります。
文庫本は、文字がぎゅっと詰まっているだけで苦手です。

#本

ワオ!と言っているユーザー

【緑】花梨の実

スレッド
【緑】花梨の実

花園で

花梨の実が見られます。

まだ緑色で初々しい紅色が少し見られます。

そのうち、黄色に変わります。

#花

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ