記事検索

fumikoのブログ

https://jp.bloguru.com/fumiko

フリースペース

私の反対側に来る人

スレッド
私の反対側に来る人
fumikoです。

最近になり
周りでボヤく人が増えたように感じて
原因はなんだろう?と
少しモヤモヤとしていました。

考えたり行動を振り返りながら
今のホロスコープも観てみました。

ホロスコープは天体の配置図、
円形を12区分して現します。
運勢はもちろん、
いい日を選んだり、
相性を観る時にも活用できます。

私の出生時間に合わせたホロスコープを見て
ハッとしたのは
私自身の運気の事ではありませんでした。

天界で起こる事も
この世で起こる事も
物事は全て相似形になっていて
ホロスコープがメッセージを発してくれます。

メッセージを読む前に
もっと大切な事を
ホロスコープは教えてくれています。

12区分されたホロスコープは対になっています。
1と7、
2と8、
3と9、
4と10、
5と11、
6と12、

例えば、
1は自分自身を
7は相手を現し
自分に合った相手が反対側にやって来ます。

相手は自分自身の合わせ鏡です。
相手や周りに不満を持ち勝手にモヤモヤして
自分の事を棚に上げていました。
様々な要因はあれど
周りに不満を持ったりイライラする事で
思い当たる方はいくつもあります。

過去と他人は変えられません。
変えられるのは未来と自分自身。
他人である周りや相手を変える事はできなくても
自分が変わる事で
相手も未来も変える事はできます。

煩雑な日々から穏やかな日常に戻りつつある今
自分自身をリセットして
自分も相手も変えていこう。

このタイミングで気付けてリセットできるのは
ラッキーだと受け止めて。

今日の月は、午後から双子座に入ります。
身近な場所でコミュニケーションしたり、
近所をウロウロして周りの情報収集する事に
ツキがあります。

行き詰まった時は
星の力を借りながら
一番寒い季節を進んで行きたいものです。






ワオ!と言っているユーザー

今年こそ先延ばしをやめたい!あなたへ。

スレッド
今年こそ先延ばしをやめたい!あ...
fumikoです。

終活やエンディングノートは
重要だけれど緊急ではないことの一つです。

講演会やセミナーに参加したり
誰かの経験談を聞いた後は
「今日から終活を始めよう」
「エンディングノートを買わなくちゃ」と
意気込んだり
気持ちに勢いも付きます。

とは言うものの
これらの事は大切だけど緊急ではありません。

毎日の仕事や
日々の家事や家族の世話で1日が経っています。
そして毎日が忙しく過ぎ去り次の週末に、
先週と変わらずに
「終活しよう」「ノート書こう」と
思えているでしょうか?

働き盛り忙しい盛りの40代50代は、
仕事に家事と目の前のタスクが山盛りです。
そんな日常からすれば
「大切だけど後でやろう」と思っている事は
就活やエンディングノートの他にも
きっとあるのではないでしょうか?

興味ある分野の勉強、
体力づくり、
連絡を取らなきゃと思う離れてる家族や友人…

いつかやろう、
明日から、
来週から、
春になったら、
年が変わったら…

先延ばしにしている事で
出来た事があるか振り返ってみると
どうですか?

現実に蓋をしたくなるかも知れません。
でも、しっかり現実を見つめる事も必要。
そして、本当にやりたい事なのかどうかも大切。
誰かの真似をしてとか、
みんなやってるから、
親や家族に言われているから、ではなく
自分がやりたい事なのかどうか?
自分でないと出来ない事なのかどうか?

私の場合、先延ばしにした事は
見事に出来ていませんでした。
忘れている事も沢山ありました。
出来てない事ってそんな一面もあるので
先延ばしがいけない事ではないと思うのです。

「明日出来る事は今日からできる」
母にいつも言われていた言葉です。

身体はひとつしかないし
1日は24時間の中で
仕事も家事も他の事もこなさないといけません。

だったら…
順番を付けて一つずつ取り組んでいく。
1日の中で意識する時間を作って取り組む。
期限を決めて取り組む。
やらなくて良い事はならない。

やり方はそれぞれ、
大事なのは
いつかやろうで先延ばしにしない事。

後悔を減らす生き方を
日々の積み重ねでも実践していくことも
豊かな人生の一歩に繋がります。

先ずは書き出してみてはどうでしょう?
結構わかりやすいと私は思いますよ。

ワオ!と言っているユーザー

心のパワースポット

スレッド
心のパワースポット
fumikoです。

お正月から1週間、
実家に帰りのんびりしています。

アレコレ忙しいお正月はゆっくり出来ません。
心からゆっくり出来るお正月は
いつも1週間遅れでやって来ます。

好きな事をして過ごせる
年に数回の貴重な充電の時です。

大雪で初詣にも行ったなかったので
近くの山頂の神社に行ってきました。
山頂から琵琶湖を望むお気に入りの場所で
今日の琵琶湖をパチリ。

何をするでもなく
ぼんやりと大好きな景色をひとり眺めるだけで
気持ちがふぅっと軽くなり
心の中のバッテリーが満タンになっていきます。

人それぞれ、
充電の方法は違うので
これがいいとか、
あのやり方がオススメだとか
当てはまらないと私は思ってます。

買い物に行ったり
ドライブしたり、
カラオケに行ったり、
美味しいものを食べに行ったり…

色々試した結果、
私の場合は
実家近くの景色を一人でぼんやり眺める事が
一番充電できる事に
実家から離れて20年近く過ぎて気付いたのです。

近すぎるとわからない事は
まだまだありそうです。

鏡開きもしたし、
お正月気分もそろそろ終わりです。

明日からはそろそろ仕事全開モードに切り替え
年度末に向けて走る日々が始まります。

充電が切れそうになる前に
またこの場所に戻ってチャージしよう。
充電の源がわかっていると
安心して突っ走れますからね。




ワオ!と言っているユーザー

頑張ると無理するは紙一重

スレッド
頑張ると無理するは紙一重
fumikoです。

頑張り過ぎて
失敗したり
ダウンしてしまう事が
時にはあります。

周りは
「そんなに無理しなくていいのに」と
心配したり呆れたり。

でも、当の本人は
「出来ると思ったんだけどな」
と無理をした自覚がなかったりします。

私自身、頑張ろうとして
無理をしてしまった出来事が
ありました。

一度に走る距離を
10キロから15キロに延ばしたのです。

いきなり2倍にするのは
無理があると思い、
間を取って1.5倍。

距離を延ばしたきっかけは
10月に参加した金沢マラソンでした。
30キロ過ぎてから脚が動かず苦痛に悶え
自身の練習不足と乏しい筋持久力を
嫌というほど実感したのです。

『レース中ずっと楽しく走りたい』と
走るたびに思います。

そのためには
余裕や余力がないと楽しめません。

走る距離を延ばすことで
走力と筋持久力に余力を作ろう、
そう考えて走る距離を延ばしたのでした。

そして
年齢を言い訳にしたくなくて、
いきなり高い目標を課したのです。

いきなり週に2回、
15キロ走るようになり
途端に身体が悲鳴を上げました。

腰痛、
痛めていた太腿の痛みの再来で
途端に思うように動けなくなってしまいました。

今は養生の甲斐もあり、
少しずつ回復しています。

今から思うと
一度に長く走る事ばかりに気を取られ
年齢や正味の体力を把握していませんでした。
長く続けられるやり方を考えていませんでした。

頑張るのラインを越えると
無理をしてオーバーフローしてしまいます。

「頑張る」と「無理する」の境界線はどこなのか
その差は紙一重です。

見分ける1つのキーワードは「SDGs」
今のままで持続可能かどうか?

無理せず頑張る、
挑戦はまだまだ続きます。








ワオ!と言っているユーザー

新しい自分の見つけ方

スレッド
新しい自分の見つけ方
fumikoです。

自分の事は
わかっているようで
わかっていない事が多い、
普段からそう感じて、
意識していても
自分自身の事には
なかなか気付くことが出来ません。

でも、
少し意識を変えるだけで
新しい自分に気付く方法はあるのです。

それは…
怒っている時、イライラしている時、
ものすごいチャンスがやって来ています。

意識の矛先を
「怒り」から
「ここまで腹が立つ理由探し」に変えるだけで
見えていた景色も変わる
新しい自分との出会いがやって来ます。

喜怒哀楽は一番素直な自分自身です。
「怒り」はマイナスな風に捉えられがちですが
怒り自体は悪いことではなく
人間の素直な感情のひとつです。

怒りの矛先を外に向けるからケンカになったり
トラブルが起こるのだと理解しています。

怒りの矛先を感情のままに振り回す事から
怒りの源泉を探し当てる事に変えてみる。

例えば…
腹を立てている自分自身を
幽体離脱して近くから見るイメージをしたり、

腹を立てている自分に
「何に腹が立つの?」
「イラついてるな。何が引っかかるのだろう」
と質問してみたり。

やり方は人それぞれ、
やりやすい方法でいいので
トライしてみてください。

最初は思うのです。
「そんなの無理」

無意識のまま
感情の赴くままを続けていれば
恐らくずっと無理かもしれません。

私はイラっとした後で
「何でこんなにイライラするんだろうか」と
自分に質問を繰り返すようにしました。
イライラした後のひとり反省会で
ひたすら自問自答を繰り返していくうちに
「これ以上は危険だ」の怒りのボーダーラインが
分かるようになってきたのです。

そして
「自分はこういう事が出来ないと腹が立つ」
「周りに求めているのはこういう事」
と、少しずつモヤが晴れるように
分かるようになってきたのです。

他人は変えられなくても
自分の意識を変える事で言動が変わり
その影響で周りも変わり始めたのです。

怒りの感情は自分知る最大のチャンス!
またイラついてしまった、と嘆く前に
チャンスに変えてみませんか?

ワオ!と言っているユーザー

両親のいないお正月

スレッド
両親のいないお正月
fumikoです。

今年のお正月、妹家族と共に
実家で過ごしました。

「ただいま」の声に「おかえり」と言いながら
嬉しそうに笑う父と母の姿はどこにもなくて
冷え切った家は暖房が直ぐに効かないくらいに
寒々しいオーラを出しています。

実家なのに父も母も居ない3回目のお正月、
言い表せない寂しさが押し寄せて来ました。

毎年のお正月は
私達姉妹の好きな物、孫達の好きな物を、
両親がいっぱい用意してくれていました。

いつも沢山になり過ぎて置き場所が無いほど
大好きな物で埋め尽くされたお正月、
久々に家族が揃って笑顔で過ごせるお正月は
本当に恵まれていて、幸せそのものでした。

実家は県内なので頻繁に出入りしているのに
お正月とお盆は何故か特別な感覚があり
大人数が揃うのが本当に楽しみでした。

去年はコロナの心配もあり姉妹で
別々の日に実家に泊まりお正月を過ごしましたが
今年は久々に短時間だけ集ることにしました。

出て来る話は楽しい思い出ばかり。
話が尽きません。

実家で過ごした後、
見送ってくれる両親の名残惜しそうな顔も
もう見ることが出来なくて
どこまで行っても
寂しさが纏わりついて離れません。

いつか子供達が巣立ったら
あんな風に名残惜しそうな顔をするのかなぁ、と
未来を少し想像して
更に寂しくなってしまう…
を繰り返していました。

夫婦2人で見送っても寂しかったはず、
父が亡くなり母ひとりで私たちを見送る時は
どれほど寂しいと思っていたのか想像すると
本当に胸が痛くなります。

45年以上もずっと両親が揃っていたので
有難い環境に甘えていたのは確かです。
「元気だし、まだ大丈夫」だと後回しにして
少しずつ小さく弱くなっていく親に
気付かないフリをしていた部分もあります。

親が1人になり、
そして両親共に居なくなってしまうと
こんなに切なくなるのだと
感じた3回目のお正月。
こんな感覚に慣れていくことも
まだ想像が出来ません。

2022年のお正月は
どんな気持ちで迎えたいんだろう?

鬼に笑われてもいい、
明るく笑って大切な人と過ごせる自分自身を
強くイメージし合おうと姉妹で約束しました。

生きている今、出来ることをする。

一回でも多く会って、
一回でも沢山笑いあって、
後悔するのは一回でも少なく。
そう思ったら後は実行あるのみ、ですね。

来年のお正月に向けた取り組みは
実はもうスタートしています!

ワオ!と言っているユーザー

勇気をチャージ出来る言葉がけ

スレッド
勇気をチャージ出来る言葉がけ
fumikoです。



お正月の風物詩「箱根駅伝」が大好きです。
走る姿に元気づけられるのはもちろん、
選手の後ろから監督達が選手にかける言葉に
私まで背中を押してもらった気持ちになれます。

苦しい時に「頑張れ」のメッセージを
頑張れ、以外の言葉でかけてもらえる嬉しさを
自分でも長距離を走るようになって
ヒシヒシと感じるようになりました。

「頑張れ」の言葉も勿論ありがたいのですが
時として「もうこれ以上頑張れない」と
心が折れそうにな時に
「何やってるんだ、頑張れ」と声がかかると
「もう無理…」と
気持ちが萎んでしまうこともあります。

もう十分に頑張っていて
でも、後一踏ん張り必要な時に、
「さあ、ヒーローになろう」
「カッコいいよ」
「振り向くな、前を見て、ゴールを見て」
「一緒に走ってくれてありがとう」
「何も思い残す事なく駆け抜けろ」

言葉の魔力はすごくて、
動かない脚を前に出す力を与えてくれます。
そんな振り絞る姿を見ると
「自分も頑張ろう」と勇気をもらえます。

人を動かすのはその人の行動、
人を動かすのは人から発せられる言葉、

私も大事な場面で
誰かの背中を押せる人になれるよう
今日からまた日々を紡いでいきます。

年が明け普段の生活が戻ってきました。
コツコツ、積み重ね進みたいものです。

ワオ!と言っているユーザー

明日がやって来る幸せ

スレッド
明日がやって来る幸せ
fumikoです。


「また明日!」
友達や恋人との帰り道、
職場で帰る前の一コマ、
さまざまなシーンで私たちは
「また明日」と言いながら生きています。

寝る前の「おやすみ」も
離れている誰かと電話を切る時の「またね」も
根っこには
明日が続くと信じる気持ちがあります。

でも、明日が来るのは決して当たり前ではなく
とてもありがたくて幸せな事。

「後でね」と電話で話したのが
父との最後の会話になりました。

「今週末は泊まるから」と月曜に話したのが
母との最後の会話になりました。

どれだけ待っても
もう父と母には
明日はやって来ません。

ごく普通の生活の中にある「また明日」は
突然、永遠にやって来なくなります。
自分の身に起こるまでは
どこか他人事に思っていた部分もあり、
わかっているようで腹落ちしていませんでした。

自分にも
大切な人にも
「明日がある」のは本当に幸せな事です。

明日があるから…
今日を頑張れる、
様々な挑戦ができる、
誰かの役に立ちたいと思い、
寄り添って一緒に乗り越える事も出来る。

どんなに辛くても
明けない夜は無いけれど
夜が明けて朝がやって来ることが
恵まれた環境にいるのだと忘れないで
明日がやって来る事を信じて
今日できることを一つずつやっていこう。

明日できることは今日から出来る事です。

先延ばししないで
自分に与えられた今日を
精一杯生きる、

新しい年になり
改めて感じたのでした。


ワオ!と言っているユーザー

自分のテーマソング

スレッド
自分のテーマソング
fumikoです。



私は歌が大好きです。

歌は、
喜びや楽しみは倍増してくれ、
悲しみや苦しみは半減にしてくれます。

そして
大好きな歌(曲)は
すごいベストなタイミングでやって来る!

悲しい時、
嬉しい時、
ここ一番の頑張り時、

今から気持ちを上げて進むたい時に
テーマソングを決めておけば
いつでも気持ちを上げる事ができると
思いませんか?

とっておきの一曲をテーマソングにするなら…
思い浮かびますか?

うわぁ、沢山すぎて選べない…
あれ?全然思い浮かばない…
一曲に決まらない…

珠玉の一曲でも
何曲あってもステキです。

どんな時でも
音楽は癒してくれて
勇気やパワーを与えてくれます。

助けてもらうのは
人だけではなくて
歌に助けてもらう事だって
ありだと思うのです。

さあ、テーマソング決まりましたか?

今年は抱負と一緒にテーマソングも
決めてみませんか?




ワオ!と言っているユーザー

以外と話していない夫婦のエピソード

スレッド
以外と話していない夫婦のエピソ...
fumikoです。

エンディングノートを書き始めてからずっと、
自分史の部分がなかなか確定出来なくて、
書き直しを何度も繰り返しています。

細かい部分をバラバラに思い出しては、
その都度書き足そうとするので
コンパクトに纏められなくて
まとまりのない箇条書きが増えています。

でも、こうして昔の出来事を思い出すようになり
記憶がパズルのように少しずつ組み合わさるのは
面白いとも思っています。

両親が亡くなった後、
実家の整理をしていた時に
大量の手紙を発見しました。
箱に入ったギッシリの手紙は
若かりし頃の両親が文通していた手紙でした。
数えてはいないけれど
ザッと500通以上はあるはず…

読み始めると片付けなんて出来なくなり
何時間も手紙を読み続けました。
それでも読み終わらない手紙の山は
読み終わるまでにまだまだかかりそうです。
知らなかった両親の結婚するまでの事、
聞いた事のない2人の日常を
半世紀以上後になり自分たちが居なくなった後に
自分たちの子孫が手紙を読む事になるなんて
2人はきっと想像すらできなかったはずです。

よく考えると…
夫婦の思い出を夫婦間以外で話す事は少なく、
むしろ、そんな機会は無い事に気付いたのです。

子供たちに私たち夫婦の思い出話を
伝えておくのもいいのではないかと
最近は思うようになりました。

夫婦の思い出は
映画やテレビドラマのような
キラキラしたり
ハラハラするストーリーばかりではないけれど、
淡々とした日常の中に
あったかい気持ちや
キラリと光る思い出の場所があります。

子供達が両親の思い出を知る事で
自分たちのルーツに興味を持ってくれたらいな、なんて思ったりもします。

思い出の場所とエピソードが
いくつかノートに書けるように
記憶の糸を辿ってみる時間も
設けようと思います。

そして、読むのが途中になっている
両親の手紙の続きも読み進めたいと思います。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ