記事検索

三菱1号館美術館・2020年1月9日

スレッド
この美術館、東京駅丸の内南口か... この美術館、東京駅丸の内南口から400m。初めての訪問だ。周辺は最新鋭の高層ビルが建ち並ぶ中、時代を感じさせる素敵な建物だ。 入っていきなりこのコローだ!大... 入っていきなりこのコローだ!大好きなコロー。僕がコローを好きな理由はなんだろう・・う~ん・・寒々とした空気の中に、繊細な高木、更に繊細な消え入るような枝と、寒風にも落ちなかった葉、かな?
バスティスト・カミーユ・コロー(1796-1875) 「牧場の休息地、農婦と三頭の雌牛」1870ー1874 油彩/46x38cm
ルイ・ブーダン(1824ー18... ルイ・ブーダン(1824ー1898)「アブヴィル近くのソンム川」(1890ー94頃)油彩/61x50cm
最近(半年以内)どこかでブーダンに出会った。いいな!って思った。・・あっ!ポーラ美術館でだ。これもイイな。早いスピードで移り行く月と雲だ。
カミーユ・ピサロ(1830ー1... カミーユ・ピサロ(1830ー1903)「モンフーコーの冬の池、雪の効果」(1875)油彩/114x110cm.。寒いな。そして大胆に中央に配置された構図。当時パリで流布していた浮世絵の影響か?(解説書の受け売り)
オーギュスト・ルノワール(18... オーギュスト・ルノワール(1841ー1919)「シュザンヌ・アダン嬢の肖像」(1887)パステル/61x50cm。このモデルは銀行家の10歳のお嬢様。パステルで描いてもこれだけの表情がだせるんだね!・・って事でこの際、パステル、クレヨン、クレパスの違いをググってみた・・ふ~ん。 クロード・モネ(1840ー19... クロード・モネ(1840ー1926)「テムズ河のチャリング・クロス橋」(1903)油彩/73x100cm.。このモネはいいね! クロード・モネ「サン=ジェルマ... クロード・モネ「サン=ジェルマンの森の中で」(1882)油彩/81x65cm。僕の「今日の一点」はこれにする!色彩の豊かさに、今日の冷たい外気を払拭してくれそうだから。そして今時分にMTBでシングルを下る、夢心地の様な一瞬を感じるから。 クロード・モネ「睡蓮」(190... クロード・モネ「睡蓮」(1906) 油彩/81x92cm。モネと言えば睡蓮や積みわら。しかしそのいずれも僕の好みではない(良さがわからない)。しかしこの睡蓮はイイね!・・イイ、いい!
2020年1月9日(木)午前。とても気になっていた同美術館企画展開催中の「吉野石膏コレクション展」ようやく行けた。山形美術館で観た作品と再会する事になるけどね。1月20日でこの企画展が終わるから。

ワオ!と言っているユーザー

成人の日は宇都宮で遊ぶ

スレッド
今日も「かつぎ上げ」。モノラッ... 今日も「かつぎ上げ」。モノラックに乗って登ると700円の費用がかかる。節約セツヤク。パラグライダーはスポーツ的要素が少ない。スポーツ的要素を補うためにも、かつぎ上げを心がける。 サーマル(上昇風)を待って待っ... サーマル(上昇風)を待って待って、ようやくその気配を感じて、僕、テイクオフ。 今日は、新潟、宮城、山形からの... 今日は、新潟、宮城、山形からの飛び人も飛んでいる。風が良好で無いから練習生は、地上で初期動作の練習中。この青空も予報どおり30分後には雪雲を伴った強い北風になった。 タンデム(二人乗り)が、スパイ... タンデム(二人乗り)が、スパイラル(きりもみ降下)講習を終えて降りて来た。
2020年1月12日(月・祝) この冬の時期になると、東北や新潟の飛び人は宇都宮に集まって来る。その訳は北西の季節風が吹き、パラ飛行をしにくいから。しかしここ宇都宮は日光の山が屏風の役目をして、その季節風が弱い、特異地区だ。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ