記事検索

児玉希望展2

スレッド
美術館のホームページから割引券... 美術館のホームページから割引券を用意すれば、100円引き。 「波濤群鶴」1934年(昭和2... 「波濤群鶴」1934年(昭和2年)181.5X420.8cm の六曲一双屏風だ。 圧倒的な大きさ。僕に好きか、嫌... 圧倒的な大きさ。僕に好きか、嫌いか、って聞かれたら、う~ん、だね。つい最近フェルメール展を観ただけにネ。フェルメール作品のほとんどが50cm四方程度大きさだ。なのに大きな感動を受ける。フェルメール展で同時代&同作風のアリ・デ・フォイスが描いた「陽気なバイオリン弾き」なんかわずか約20cm四方だよ、それでも見入ってしまったもんネ。もちろん主題が違うんだけどね・・・ この作品は今回の展示には無かっ... この作品は今回の展示には無かったけど、同じような水墨画があった。これらはイイね! 欧州の風景を水墨画で表した。う... 欧州の風景を水墨画で表した。う~ん、無理があるなあ。って感じた。 「雨後」とい作品。この作品も無... 「雨後」とい作品。この作品も無かったけど、同類の作品があった。この作品よりも更に良かった。今日の一枚は、これ。水墨画でありながら、画面中央下部に松葉緑青の画材で、あたかも陽が射した様な表現は見事!
あいにく絵はがきの販売がなく、ここに掲示できない、残念。
2 実に多彩な画風を持った児玉希望だ。僕の率直な印象。油彩画、抽象画、仏画、水墨画で描いた欧州、これらはいずれも好きになれない。しかし水墨画、日本画は素晴らしいネ。暖色系よりも、寒色系の作品の方が好み。特に松葉緑青の色使いが素晴らしく、強く印象に残った。

ワオ!と言っているユーザー

児玉希望 生誕120年展

スレッド
東京駅発07:40の常磐道高速... 東京駅発07:40の常磐道高速バスで常陸多賀駅へ2時間のバス旅。とても快適。 列車待ち時間40分。ここから大... 列車待ち時間40分。ここから大津港駅へ35分。気候も良かったから大津港駅から美術館まで約2.5km/40分、歩いた。 ここでの展示会が11月25日ま... ここでの展示会が11月25日まで、と。だから今日来た訳。 この美術館、茨城県立なのね?素... この美術館、茨城県立なのね?素晴らしい立地に建ってる。 大きな窓ガラスの向こうに、海が... 大きな窓ガラスの向こうに、海が見える。 お庭もいい。 お庭もいい。 エントランスホールは広々として... エントランスホールは広々としている。平日のこの時間、お客はシニアばかり。 美術館に11時半到着。ランチタ... 美術館に11時半到着。ランチタイムには少し早いが、正午を過ぎたらレストランが混むだろうと、絵を見る前にランチ。有ったよ、僕の好物カツカレー。お味?う~ん、カツは美味しいけどカレーがいささか力不足。ここのレストラン、席数が少ないから注意ね。
2018年11月20日(火)数日前NHKニュースで、日本画家児玉希望の生誕120年展の事を知った。初めて聞く名前、児玉希望。作風をいろいろと挑戦した画家のようだ。日本画、水墨画、油彩画、抽象画、仏画と。興味がわいた。
思い立ったら吉日とばかりに、北茨城市の岡倉天心美術館に向かった。普段車ばかりで移動している僕だが、ひとりと云う事もあって、バスや列車で行く事にした。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ