記事検索

ブログスレッド

  • フォンテン朝走りで見た2

フォンテン朝走りで見た2

スレッド
フォンテン駅。このディーデル列... フォンテン駅。このディーデル列車は、東方約20kmのリューテ(オーストリア)、北西35kmのケンプテン(ドイツ)を結ぶ、「国際列車」だ。この辺りは、ドイツ・オーストリア国境が複雑だ。しかし現在、お互いEU国家だから、国境検問はない。 この路線は電化されていない。新... この路線は電化されていない。新型ディーデル車が走る。自転車を乗せられる車両もあるよ。 フォンテン駅舎。 フォンテン駅舎。 町の高台に建つ、教会。この裏に... 町の高台に建つ、教会。この裏には広大な美しい墓地があった。 昨日の日曜日、街の中心広場で、... 昨日の日曜日、街の中心広場で、クラシックカーの見せっこ会があった。それに参加していた車が、教会近くのB&Bに止まっていた。すごく古い車だよ!これ。何年かは知らないが・・・。エンジン始動はクランクを回す。方向指示器は収納式の赤い板を出し入れ。 FORD製。この車の持ち主はス... FORD製。この車の持ち主はスイスのサンモリッツあたりの人(車のナンバーから推測) アクセル。ブレーキ、クラッチ、... アクセル。ブレーキ、クラッチ、シフトレバー、木製むき出しの床・・・興味深いネ。しかし、この車、お飾りではなく、実際に公道を走る。走れるようにメンテナンスをする事もすごいが、このレベルの車を公道走行許可を出す行政もすばらしい!

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ