記事検索

Enjoy sake more casually

スレッド
By Yuji Matsumoto

Japanese sake is still a largely unfamiliar beverage to American consumers.
Ninety percent of sake is consumed in restaurants, indicating the unfortunate reality that sake is still far from being casually enjoyed in private homes and parties.

One of the reasons is because the true flavors of sake and how they’re enjoyed is not widely introduced. Therefore, to American diners, sake is still a unique beverage to be enjoyed at local sushi bars. Also, because the prices can be at times higher, products may not be lined visibly on store shelves and information may be lacking on labels, which may be contributing to this issue.

In this issue, I will give you a simple overview of how to select sake.

First, it’s important to decide what menu selections to enjoy the sake with. Similar to how wine enhances the foods you eat, sake is also to be enjoyed during meals.

Meat dishes: Junmai or Junmai Kimoto is recommended (from Kyushu, Tohoku, Kanto, Hokuriku or Nada regions)

Chicken dishes: Ginjo class (from Hiroshima, Niigata, Nada, Hokuriku, and Kanto regions) is recommended

Fish dishes: Ginjo and Daiginjo class (Niigata, Hiroshima, Shikoku, Kyoto regions) are recommended.

Of course, flavoring and preparation methods will influence your choice of sake, but first, it would be interesting to sample sake by region.


日本酒をもっと気軽に

日本酒は、まだまだアメリカ人にとって馴染みの薄い飲み物である。

日本酒の消費の9割はレストランであり、まだまだ家庭やホームパーティーで気軽に楽しむ飲み物には、残念ながらなっていない。

その理由の一つに、まだまだその本当の味や飲み方が紹介されていないため、日本酒(サキ)はアメリカ人にとってスシバーに行った時に飲む特殊な飲料の位置づけがあるためであろう。また、価格も高く、マーケットでの商品陳列方法やラベル情報が乏しいのもその原因であろう。

さて、今回は大雑把ではあるが、日本酒の簡単な選択方法をお教えしよう。

まず、合わせたい料理は何かを決めることが重要。日本酒は、ワインと同じく料理を引き立てる食中酒だと理解していただきたい。

牛肉料理:純米や純米生もと造り(九州、東北、関東、北陸、灘産)がお勧め。
鶏肉料理:吟醸クラス(広島、新潟、灘、北陸、関東産)がお勧め。
魚料理:吟醸クラス、大吟醸クラス(新潟、広島、四国、京都産)がお勧め。

もちろん、味付け、調理方法によって合わせる酒は異なってくるが、とりあえずは、産地によって試してみるのは面白いのでは。


※這篇文章使用機器翻譯成中文。我們會用作今後參考,如果可以的話,請給我們意見。請聯繫alljapannews@gmail.com)←*これは機械翻訳されている旨の但し書きで中国語訳文の上にお願いいたします。
更隨意飲日本酒

日本酒是對美國人來說還是不太熟悉的飲料。
日本酒的消費9成是餐廳,很遺憾地還未成為在家庭和家庭派對中輕松享受的飲料。
其中原因之一是,真正的味道和飲用方法還沒有受到介紹,所以日本酒(sake)對美國人來說,大概定位是在去壽司店時喝的特殊飲料。另外,價格也很高,市場上商品陳列方法和標籤信息缺乏也是原因之一。
那麽,這次雖然很籠統,但我要告訴你日本酒的簡單選擇方法。

首先,重要的是要決定想搭配的菜式。請理解日本酒是和葡萄酒一樣,可以襯托菜式的食中酒。

牛肉料理:推薦純米、純米生酛製造(九州、東北、關東、北陸、灘產)。
鷄肉料理:推薦吟釀等級(廣島、新瀉、灘、北陸、關東產)。
魚類料理:吟釀等級、大吟釀等級(新瀉、廣島、四國、京都產)值得推薦。

當然,根據調味、烹飪方法的不同,相配的酒也會不同,但是首先試著按產地嘗試一下比較有趣。
#alljapannews #sake #Junmai #Ginjo #Daiginjo

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ