記事検索

ブログスレッド

水漏れ改修工事

スレッド
改修での樹脂管による給湯管の様... 改修での樹脂管による給湯管の様子 浴室洗い場を解体したときの銅管... 浴室洗い場を解体したときの銅管の給湯管
それは、一枚の通知から始まった。
水道局の検針係からのメッセージで「水漏れのあることの案内」であった。
早速調査を依頼したら、給湯管から漏れていることが判明した。
調べていくうちに、何と浴室の洗い場下付近で漏れていることが分かり、ユニットバスの交換が決まった。
建物は建築後19年が経過している。ユニットバスの交換と共に全体の給湯管を新しいものに交換、水栓バルブ、トイレのボールタップも交換した。
浴室を交換して良かったことは、浴槽本体が発泡スチロールで覆われていて保温性がいいこと。冷めにくいので追い炊きが少なくてすむことである。
今後10年後には外壁、屋上の防水工事が必要になる。
家の維持は予想より大変であることが分かった。
年金生活の厳しさが身にしみるようになってきた。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
yo_oh
yo_ohさんからコメント
投稿日 2017-11-23 16:38

写真の説明書きが上下反対でした。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2017-11-23 18:38

早めに水漏れがわかってよかったですね。戸建としての維持費はしかたないかなぁ。

ワオ!と言っているユーザー