記事検索

神戸ご当地(712)第二の繁昌亭の名称「神戸新開地・喜楽館」に決定

スレッド
< 新開地 「ビッグマン」 に... < 新開地 「ビッグマン」 にて名称の発表 >
神戸市兵庫区新開地に来年夏のオープンを予定している 上方落語の定席(演芸場) について、事業を担当するNPO法人「新開地まちづくりNPO」(高四代=たかよんだい=理事長)と出演者を派遣する上方落語協会(桂文枝会長)などは16日、同市内で記者会見を開き、名称を公募の結果、「神戸新開地・喜楽館」に決定したと発表がありました。。

3月から5月にかけて行った名称募集には1046通の応募があり、新開地のイメージにふさわしい名称を協議して決めたということです。

上方落語の定席をめぐっては平成18年9月、大阪市北区に「天満天神繁昌亭」がオープン。繁昌亭は今年6月、来場者150万人を突破するなど落語ファンの人気を集めています。

「第2の繁昌亭」として神戸での定席は26年、文枝会長が、若手や中堅落語家の出演機会を増やそうと発案。敷地は約500平方メートル、鉄筋2階建てで、客席数は約200席。運営は主にNPO法人が担当し、同協会が落語家を派遣する形で協力していきます。
#ブログ #落語

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ