心が震えた図面…エンジニアリング

思い出して書いてみました(笑)
こんな感じだったと思うんだけど…
正式には中心線は細い一点鎖線です(笑)


最近随分昔のことを色々と思い出します。
何でかなあ〜?

今回はエンジニア時代のこと。

今更だけど(笑)

先輩ってか時の上司から

:設変(せっぺん-設計変更)やってみるか?

そう言われて緊張が走った
流動してる製品の設計変更は事が重大だし(笑)
(関係する人、部署が多いし、何しろ何万台って流れてるからね)
技術部のしかも製品設計にかかわる関わるエンジニアには
かなりの時間を占める仕事でもありました。
まあ小さなちょっとした物理的な変更なんで
それほど難しい内容ではなかったと思うが…

数日経って上司から…

:来たよ!

って渡された図面、それは正式な形式の図面では無く
白紙のトレース紙に数本の線がCADで入れられただけの
絵(通称語)
だけどね
見た瞬間、心が、身体が震えた。

その紙には当時流れてた人気6気筒エンジンの
基準線から変更する箇所までの寸法がわかるだけの線だど…

その基準線てのはクランクシャフトの中心線
つまりエンジンの心臓のすべての中心のなる線
この線の凄い重みに震えたわけです(笑)

物凄い重要な線


ちょっとわかりにくいよね(笑)
エンジニアしか伝わらないかなあ〜

エンジニアリングの世界では線に震えるってことがあります(笑)
そんな昔話でした〜〜

もう時効だよね(笑)








#製図 #エンジン #設計変更

ワオ!と言っているユーザー

またまた古い記憶をたどって…伝説のお店へ

もう興奮でメガネ曇ってるのも御構い無し(笑)
味玉子は追加しましたが…野菜たっぷりで
コーンが乗っかって
theサッポロラーメン
ですよね(笑)
餃子羽やこのお皿のカタチも当時のまま
お店は随分現代的でステキな雰囲気になってます
お持ち帰りのこの箱!
子供頃よく組み立てたなあ〜(笑)
このパッケージデザインが旨さを醸すよねえ(笑)

ここんところ週末にニンニクを食べててね
家族に不評ってか嫌われてます(笑)
もうさあ〜そんな事どうでもいいオッサンなんでね
身体の方が大事です!って開き直ってて…(笑)


先日母を連れて岐阜の名店へラーメンを食べに出かけました。
そこはね…
実は私の亡き父が当時サッポロラーメンのお店を
併設することになり、勉強に伺ってたお店のひとつでね

昭和40年代に北海道から札幌ラーメンの店舗展開が
始まり、それに横浜中華街出身の中華料理のシェフや
全国の製麺所がブームに乗って一気に
サッポロラーメンブームが起きました。
うちの親父はすずらんチェーンってのに乗って
始めるんですが…
小学校から帰ると、裏の狭い厨房で
両手北京鍋に野菜をスープで煮込んだ
いわゆるサッポロラーメンの練習をしてました。
正直何じゃこれ?って子供頃はなんだか
野菜がいっぱいで食べにくそうだなあ〜ってね(笑)
思ってました。

愛知県から飛騨路へ向かう旧41号線の取り次ぎね
その当時18番と21番って丸?六角形みたいな
独特の建物に、丸いカウンターを備えた
サッポロラーメンとギョウザがメインの伝説の店ありました。
岐阜市内は元より、愛知県側からも車飛ばしたって
60代以上の方は懐かしいとよく聞きます。

そのお店にオヤジに連れられて何度か出かけた記憶…

ところが、10年ほど前か?仕事で出かけた飛騨路の帰りに
21番さんが営業してるのを発見!もうビックリして夢中で入りました。
(残念ながら18番さんはやめられてましたが)
札幌味噌ラーメンを注文し、当時と変わらぬ
味噌スープの当たりやどんぶり、野菜の雰囲気にね
30年前からの親父の仕事ぶりなど走馬灯のように駆け巡り
涙でなかなか食べられなかった事がありました。
それから何代目かの若いご主人がリニューアルされて
現在のお店に。
もう昔の人しかわかりませんが(笑)そこには懐かしい
札幌ラーメンが存在しました。

そんな事を母に伝えたくて…
母はそれほどでもない感じでしたが(笑)
自分としてはひとつの節目となる
機会でした。

素朴な昔ながらの札幌ラーメン機会があれば是非!


ラーメン21番
〒509-0123 岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町3丁目40
058-384-2621
#ラーメン21番 #札幌ラーメン #サッポロラーメンブーム

ワオ!と言っているユーザー

玄関

実際はもっとステキな玄関なんです(笑)
でも他所のお宅なんでね(笑)

もうねえ〜いつまで暑いんだよ
Indian summer?要らないほんと(笑)
熱中症かと思うくらい身体に堪える日々です

ところで…
仕事中に見えるお宅の玄関が物凄くいい雰囲気で
ついつい見ちゃうんです
なんだろう?デザインなんだろうけど
照明と夜の闇が醸します(笑)

若い頃、会社の寮に遅くに帰ると
暗い部屋にひとりでカギ開けて入るのがイヤでした(笑)
残業で疲れてるのに食堂もやってない
お風呂も温いし……ってね(笑)
会社への不満もあるけど
人として寂しい気持ちになるよね(笑)

このお宅はご家族が皆お帰りになった頃
玄関の灯りが消えます。
つまり…玄関が家族の帰りを待つ温かい雰囲気を
醸しててそれが伝わってくるんですよねえ〜

良いですよね、こんな家庭…。

今ではね、子供達にひとり玄関に入る時は

:ただいま〜〜♫
:お帰り〜〜♫

ってねひとりで二役(笑)言うように言ってます(笑)
そうすれば温かい玄関になるよね(笑)

醸すステキな玄関を拝見してて思ったのはそんな事です(笑)
何考えてんだ!おしょうは(笑)
#玄関 #醸すステキな玄関 #ただいま #お帰り

ワオ!と言っているユーザー

ラグビーフットボール W杯 闘魂

オーストラリアVSウェールズ
毎日新聞さんから〜
地元で南アフリカのチームが練習してくれました。
ラグビー部マネージャーの娘を特派員に派遣(笑)
映像だけですが…共有(笑)
連日のW杯の熱戦に感動しっぱなしのおしょうです(笑)
いやあ〜物凄いよね!

実は高校時代ラグビー部でね(笑)恥ずかしいけど…
全く勝てない上に、ラフプレーで出場停止なったこともある(笑)
でもね
最近のルールはわからないものもあるけど
現場の状況や選手の気持ちは少しリアルに感じ取れます(笑)

日本の第1戦のロシア
これは幸太郎の走りにシビレました〜(笑)
逃げ足の速さに(笑)
パス回しの、いわゆる従来の展開が痛快で…

で、凄かった第2戦
もうねえ〜感動なんてもんじゃない涙が止まらなかったです(笑)
物凄いフォワードの当たりの連続
もう身体もボロボロになりながら何度も何度も
猛烈な当たり!リーチマイケルなんて首大丈夫なんだろうか?
そのタックルで何が変わるとか展開に何がなんて
全く結果なんてわからないと思うけどね
ひとりでひとり確実に倒さないといわゆる
費用対効果(笑)じゃないけど
どっちの人が余るか?が攻撃のカギになるわけで
捨て身で確実に止める!って仕事の連続
相手が強いとか強豪とか関係ない!
何度も何度もぶち当たって止める!
倒れても起き上がる!何度も何度も……

もうねえ、人生訓みたいだよね(笑)
これはどの国も一緒
勝った負けたは運もあるしね
今回のW杯は凄いものを見せて頂いてます。

なんかさあ〜気楽にラグビー部でしたなんて言えない(笑)恥ずかしくて
いやね、もちろん耳がちぎれそうに何度もなったし(笑)
骨もあちこち折れたし(笑)今だに低気圧が近づくと
ラックで何度も踏まれて複雑骨折した手首が痛くてね(笑)
そんなチンケなおっさんの浪花節は恥ずかしくてもう言えません(笑)

なんかもう一度捨て身でぶち当たること…身体が出来ないけど(笑)
何かにつけて挑んでみよう!
そんな勇気を与えてくれました。
まだまだW杯も途中だけど
益々目が離せない日々が続きます

https://images.app.goo.gl/TWQZ5EX4SW82j3L39


#ラグビーW杯 #W杯日本大会 #ラグビーオールJAPAN #昔ラグビー部のつぶやき

ワオ!と言っているユーザー

小さな橋の物語の旅始まっちゃいました(笑)

橋の上で興奮してるおしょう(笑)
ね!何か感じるでしょう?(笑)
え!わからんの〜?(笑)
実は良く見ると結構近代的に
作り直してある(笑)
渡って見たけど怖えーーーーーーーーー!
グラグラするわ(笑)
結構怖えーーーーーーーーー!
(笑)
炎天下でアホみたいにシャッター切りまくるおしょうです
良かったわ〜この橋(笑)

先月楽しんだ鉄道の旅で
車窓から見つけた東濃の山あいの小さな川に
かかる橋たち…
実は前から気になってたんだけどね
川幅に狭い川に架かる小さな橋に惹かれます(笑)
それぞれ地域の方々の思いや生活があって
無くてはならない存在。
小さいけど大きな役割をして
川が増水でもした時には〜そりゃあ大変

実はね
親父の在所前の川に橋が無かってね
太い丸太少し削った角材?を二本を
川中央で繋いでそこを渡ってた
ある意味怖い橋でした。
大雨が降るたびに流されてね
川を渡るって事が凄く大変な事だと
幼少の頃目の当たりにしてた。
もちろん今では立派な橋がかかって
車でもトラックでも普通に渡れますよ(笑)

そんな事もあってか?
最近急に気になりだしてね(笑)
先日東濃方面に出かけた折、
走り慣れない山道を走ってると

あった〜〜橋橋!って(笑)

急に車を川沿いに止めて思わずパチリ
いやなんだろうこの橋が醸し出す雰囲気…
やっぱりいいね(笑)こういう小さな橋
住民の生活を感じるわ
#小さな橋 #小さな橋の物語旅 #おっさんのおひとり様

ワオ!と言っているユーザー

偶然見つけた坂折棚田

展望台にあったカカシがまた愛嬌のある彼でした(笑)
右奥に見えるのは恵那山みたいですが
笠置山だそうです
形が恵那山に似てるよねえ〜小さいけど(笑)
ちょうど稲刈りが始まるところでした
もうちょっと遅かったら既に秋の棚田だったなあ〜〜
台風シーズンな訳ですが…
備えたってねえ
ありがたいことにほとんど酷い被害を受けた事が無い
地域に住まわせていただいてまして…
でも想定外の事が起こるのが災害な訳で
全国の被災地の一日も早く復旧される事祈ってやみません


さて、先日所用で出かけた東濃で偶然見つけた
坂折棚田。
いやあ〜美しい光景にビックリしました。
何か導かれて見せていただいたようで…
保存会の方の話も伺えてとても興味が湧きました。
ちゃんと棚田っていうものを見たのは初めてだったので
地理的あるいは農作の知識も無いだけに新鮮で
ご苦労も垣間見えてね
また四季折々に伺ってみたいなあ〜
そう思いました。

全国の棚田百選ってのも初めて知り
今更ですが日本人として各地に棚田を
訪れてみたくなりましたよ〜

https://sakaori-tanada.com/
坂折棚田保存会さんです
#坂折棚田 #日本棚田百選

ワオ!と言っているユーザー

秋を探してきました〜

栗は来週あたりかなあ〜
よくわからないけど秋です(笑)
親父の在所…いろんな原点でもあります
夏と秋が混在する山あい

最近親父の古い仕事の重要書類を見つけてね
特段驚く内容は何もないけど、断片的な記憶が
線で、形で繋がり色々と深い衝撃を受けました(笑)
このタイミングでこれを見せられる…
これも必然ですね、人生の…(笑)


さて、先日お盆に伺えなかった親父の在所へ
御墓参りに出かけましたが…
思わぬ秋の気配の森林浴をさせていただきました。
先祖の墓石の数々を見るたびに細くなった
先祖の記憶を思い起こし、初心に戻り
改めて感謝させていただけます。

そんな思いとは別に、道中に深い森はいつも
変わらず優しく迎え入れてくれる
そんな気がします。
細い山道に栗が落ちてたり
夏と秋の落ち葉が混在してたり
思わず車を止めて写真撮ったりしてしまいます(笑)

何かお墓へ来たご褒美(笑)のようにも思えます
今年の秋は色々と楽しめそうな予感です!(笑)
#御墓参り #親父に在所 #山の秋の気配

ワオ!と言っているユーザー

MEITETSU犬山ホテル…そしてもうひとつ

未だに何か緊張するホテル裏門です
この通りの左手に椿の木が目印のツバキ跡です
ちょっとショックな告知看板です
今でも営業してそうな雰囲気です

まあ〜しっかしいつまでも暑いね
もうほんと要らないです(笑)
一旦涼しくなってから暑さが戻るのはほんと身体に堪えますね

先日友人から送られてきた写真に
閉鎖された犬山ホテルの裏門?の写真でした。
まあ〜聞いてはいたけどね
実際に告知看板を見ると
えーーーーーー!って驚くわけでして…

地元の人はご存知と思いますが
犬山は観光地でお城と並んで
ランドマーク的な存在でもありました。
また、名古屋鉄道の運営という点でも
名鉄さんホテルグループの冠的な存在でもあり
格式と風格を備え持つ…そんな特別なホテルとして
地域にも親しまれた存在でした。

おしょう自身も友人の結婚式や食事、それに
仕事でも長きに渡りいろいろとお付き合いいただき
沢山のことを学ばせていただき
忘れる事な出来ないホテルのひとつです。

そんな存在とは別に…
子供頃に父親が犬山城近くの会社に勤務していたことがあり、
その関係で良く犬山に食事などに連れていかれました。
そのひとつに
犬山ホテルの南側?裏門前に
純喫茶の佇まいの

ツバキ椿(正式な名称は記憶にないですが)さん

というカウンターと少しのテーブル席の小さな
いわゆる喫茶店がありまして
そこへ伺った記憶。
カッターシャツに黒いベスト、蝶ネクタイの
とてもダンディーなマスターが
ひとりでやってみえたような…
そのカウンターに犬山ホテルの支配人さん?が
休憩にみえてました。
ステキな喫茶店のカウンターに
ダンディーなマスターとちょっと気を許した
ビシッとしたバリバリのダンディーなホテルマン
そりゃあメチャメチャ大人のカッコいい世界で
子供が行くようなところじゃない雰囲気なところが
好きでした。

犬山ホテルとセットのように存在でしたツバキさん
もちろん今はお店も跡形も無くなっていますが
ホテルの告知看板で蘇った
忘れたくないもうひとつの犬山ホテルです。






#MEITETSU犬山ホテル #犬山ホテル #喫茶ツバキ椿 #古き良き犬山

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ