記事検索

日常のつぶやき~この庭と草木

https://jp.bloguru.com/moon

ブログスレッド

  • 【本】本と鍵の季節

【本】本と鍵の季節

スレッド
集英社 (2018/12/20... 集英社 (2018/12/20)

1月のはじめ、朝のテレビで、4人の若手作家が面白かった本を1冊ずつ挙げていました。

試しに予約して、読むことにしました。

『最初の悪い男』と『両方になる』は全く本が開きませんでした。

この本は、しっくりしないながらも、ページは開き続け、

最後は、予想しなかった展開に。

それなりに読めました。

本の装丁の雰囲気も良く、図書室の懐かしい居心地を感じた作品でした。

◇内容◇
堀川次郎は高校二年の図書委員。
利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門と当番を務めている。
背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。
そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。
亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが…。
図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。

#本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ