記事検索

日常のつぶやき~この庭と草木

https://jp.bloguru.com/moon

【本】ソロモンの偽証

スレッド
クリスマスの朝、雪の校庭に急降... クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。
彼の死を悼む声は小さかった。
けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。
そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした。
新たな殺人計画。
マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。
そして犠牲者が一人、また一人。
学校は汚された。
ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。
騒動の渦中にいるくせに僕たちは... 騒動の渦中にいるくせに僕たちは何も知ろうといなかった。
けど、彼女は起ちあがった。校舎を覆う悪意を拭い去ろう。
裁判でしか真実は見えてこない!
彼女の覚悟は僕たちを揺さぶり、学校側の壁が崩れ始めた…
気がつけば、走り出していた。
不安と圧力の中、教師を敵に回して―他校から名乗りを上げた弁護人。
その手捌きに僕たちは戦慄した。
事件の封印が次々と解かれていく... 事件の封印が次々と解かれていく。
私たちは真実に一歩ずつ近づいているはずだ。
けれど、何かがおかしい。
とんでもないところへ誘き寄せられているのではないか。
もしかしたら、この裁判は最初から全て、仕組まれていた。
一方、陪審員たちの間では、ある人物への不信感が募っていた。
そして、最終日。最後の証人を召喚した時、
私たちの法廷の、骨組みそのものが瓦解した。

第一部741頁、第二部715頁、第三部722頁 新潮社 (2012/10/11)

分厚く長い長い文章の本でした。
先週から読んでいましたが、ようやく完読しました。
面白くて止まらなくて・・・
それでも今週は、PET検査・診察・結果説明と毎日のように
総合病院に付き添ったりと多忙でした。
寝るのも惜しんで読んでいたので、眩暈がしています。

自己愛性パーソナリティ障害の人に出合ったら、逃げなくてはいけない。
逃げられない場合は?

ワープロ、ポケベル、公衆電話・・・懐かしい品々が出てきます。

◇追記◇11.15
文庫本に掲載された続編『負の方程式』を読みました。
私立探偵杉村三郎が登場して、藤野弁護士と絡む話でした。
これは読まないほうがよかったです。
面白かった読後の余韻が興醒めへと変わりました。

#本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ