記事検索

714. 妊娠初期のストレスが危険な理由

スレッド
714. 妊娠初期のストレスが... 714. 妊娠初期のストレスが...
子宮内膜は、粘膜の層です。

鼻の中の粘膜層とよく似ています。

そこには細い動脈が密集しています。

細動脈の血管壁には、
交感神経と筋肉細胞があり、
交感神経が興奮すると
筋肉が収縮して
細動脈が狭くなってしまいます。


妊娠成立前後の時期と、
妊娠初期の子宮内膜内の
血管(細動脈)の断面の
写真を見てください。

妊娠中期の血管の断面と
大きく違っています。


妊娠初期の血管壁は
母体の交感神経と
筋肉細胞で構成されていますが、

妊娠中期の血管壁では
胎児側の絨毛細胞に
すべて入れ替わっているのです。

ダイナミックな「再構築」です。

再構築により、
血管腔の直径も
0. 05mmから0.5mmと
10倍太くなっているのです。

さらに妊娠中期以降は
母体の神経支配から
逃れているのです。


胎盤内の血管網の絵写真を見てください。

子宮内膜内の母親の動脈の
胎児側への出口が
「恵みの窓」です。



この母親の動脈が、
妊娠初期だけ、
ストレスにより
細くなってしまうから、
危険なのです。
#妊娠ストレス

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ