記事検索

709. 妊娠の同種免疫 異常とは

スレッド
709. 妊娠の同種免疫 異常...
正常妊娠において、
胚は半分異物(夫由来)ですが、

胚の胎盤になる細胞が
子宮内膜の奥深くへ侵入して
増殖しなければなりません。

そのために
胚の胎盤になる細胞(非自己)と
子宮内膜の免疫細胞等(自己)は
盛んにメッセージ物質を
交換していることがわかっています。


その交流のバランスが壊れると、
胞状奇胎や絨毛癌になったり(頻度は低い)、
胚の発育が止まったりするのです。


子宮内における
母児間の同種免疫は
特殊な免疫環境です。

胚が正常に発育するために、

子宮内の免疫細胞は、
生着を抑える働き以外に、
生着を促進する働きも持っているのです。


ですから、
妊娠の同種免疫 異常とは、
胎児を攻撃するだけではなく、

胎児の生着を助ける働きの低下も
含まれているのです。

#同種免疫

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。