記事検索

682. 感染ではなく、過剰な炎症が原因

スレッド
682. 感染ではなく、過剰な...
細菌やウイルスに感染した場合、
感染を防ぐために、
炎症反応が起こります。

実は、
感染そのものによる流産は
それほど多くありません。


そうではなく、

感染により炎症反応が
起こりますが、

炎症反応の中の
免疫細胞が「過剰に反応」して、
炎症性サイトカインを
大量に放出することが、

流産、着床障害を
引き起こしているのです。


炎症性サイトカイン
(腫瘍壊死因子;TNFα)等が
細菌やウイルス感染した自分の細胞を
攻撃してしまうように、

胚や胎盤になる細胞(半分異物)を
攻撃してしまうからです。


ですから、
「慢性子宮内膜炎」の診断で、
抗生物質や乳酸菌の治療では、
不十分な場合が多いのです。

炎症性サイトカイン(同種免疫異常)
を詳しく検査して、
免疫の暴走を治療することが、
最も効果的なのです。



ブログの一番下(スマホの場合)か、
ブログの右側(パソコンの場合)
にある、
ハッシュタグ「#子宮内膜炎」
をクリックすると、
下記の6記事がチェックできます。

より理解しやすくなりますので、
ブログNo.597、
ブログNo.576、
ブログNo.572、
ブログNo.541、
ブログNo.528、
ブログNo.516、
を参照してみてください。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ