記事検索

676. 流産させる物質の測定(TNF-α)

スレッド
676. 流産させる物質の測定...
30年ぐらい前より注目されていた物質が、
やっと高感度で簡単に測定できる
ようになりました。

当院では、早速7月より検査開始します。

それは免疫細胞が放出する
炎症性サイトカインのひとつで、
腫瘍壊死因子(TNF-α)という物質です。

1989年に、ラットの生体実験で、
TNF-αは胎盤を壊死させ流産させたことが
報告されています。(Am J Pathol)

米国では、最近、TNF-αを抑える治療が、
不育症の新しい治療法として
臨床研究され、注目されています。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ