記事検索

597.慢性子宮内膜炎と免疫

スレッド
597.慢性子宮内膜炎と免疫
着床障害、不育症と
慢性子宮内膜炎の関係について、
最近、よく問い合わせがあります。

子宮内膜炎という病名は
新しいものではありませんが、
2016年のひとつの研究論文を
きっかけとして、
注目されてきています。
(ブログNo.541を参照)


急性子宮内膜炎は、
細菌などの感染によるもので、
下腹部痛などの症状がありますが、

慢性子宮内膜炎は、
特に症状はなく、
細菌感染とはかぎらず、
子宮内膜症、
子宮内膜ポリープ、
子宮内の機械的擦過と
関係しています。


子宮内の持続的な炎症が
根本の原因と考えられています。


子宮内の持続的な炎症による
子宮内の免疫細胞の 異変 が、
着床障害、不育症の
原因の根本にあると考えられます。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。


#子宮内膜炎

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ