記事検索

588.着床前検査 着床前スクリーニング

スレッド
588.着床前検査 着床前スク...
2018年12月16日、東京にて、
受精卵の形を顕微鏡でみる
従来のグレード検査ではなく、

細胞の核の染色体(遺伝子の集まり)の
数の異常を検査する

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)
について、

日本の予備的研究の途中結果が
公開シンポジウムとして発表されました。

少し前まで 
着床前スクリーニング(PGS)
と、呼ばれていた検査です。


結果は、
35~42歳の女性77人中、
38人が胚を移植することができ、
38人中27人が妊娠され、
27人中3人が流産したとのことでした。

移植できた人の
妊娠成功率は約70%であり、
流産率は約10%ということになります。

また、
従来のグレード検査と、
今回の着床前検査の結果は
ずれていました。

受精卵の良し悪しの判断に
グレード検査だけでは無理がある
ことになります。

さらに
遺伝子医学研究者からは
受精卵の高いモザイク率が指摘され、
そのため、
着床前検査の不完全性についても、
発表されていました。


着床前検査(PGT-A)は、
出生前検査(NIPT)と同じく、
生命の選別ではないとは言えないので、
倫理的にも十分な検討が必要であることも
発言されていました。


今後、日本産婦人科学会は、
より詳細な分析のため、
臨床研究を継続するようです。


現在までの 着床前診断、
着床前スクリーニング について
の情報は、
私のブログの
No.539,538,537,536,535、
534、484,478,457,455
に書いてありますので、
参考にしてください。



下記の #(ハッシュタグ) をクリックすると、
同じような内容のブログを検索できます。

#着床前スクリーニング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ