記事検索

493.映画「光をくれた人」は不育症の物語

スレッド
493.映画「光をくれた人」は...
映画「光をくれた人」を見てきました。

主なストーリーは、
主人公の妻が2回連続流産して、
失意のどん底にあるとき、
身元不明の赤ちゃんに遭遇するのです。

妻は夫に警察へ届けないよう懇願し、
夫はその切なる願いを受け入れ、
3人は本当に家族のように
幸福に暮らしました。

その数年後、
本当の母親が現れたのです。


すべての人が普通のいい人なのですが、
夫婦は過ちを犯しました。

この過ちをのりこえる過程が、
本能的母性と
夫婦愛のぶつかり合いで
感動的であり、泣けてきました。


不育症、着床障害で
現在がんばっている人は、
特に一見の価値があると思います。


夫婦のきずなが強くなってきますよ。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ