記事検索

266. すべての人が遺伝子に異常あり

スレッド
266. すべての人が遺伝子に...
ご夫婦あるいは流産物の染色体検査は、
臨床的には、非常に重要です。

染色体の異常とは、
23対の染色体の数の異常と、構造の異常のことです。


染色体とは、細胞の核のなかにあって、
遺伝子の塊でもあります。

最近の遺伝医学の進歩により、
ヒトの染色体上には
約2万余の遺伝子があることがわかり、
病気の原因としての遺伝子の異常が
少しずつ解明されてきています。


一方で、最新の研究結果からは、
すべての人が、
平均して50以上の遺伝子に異常があるそうです。

そして、
その異常が病気につながるとはかぎらないのです。


ひとつの結論として、
遺伝子検査がすべて正常な人はいないのですから、
必要以上に検査結果に振り回されないようにしましょう。


気にしすぎると、
それがストレスとなり、
精神面から
原因因子を作ってしまうからです。
#遺伝子

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ