記事検索

136. 動物実験でもストレスは流産の原因です

スレッド
136. 動物実験でもストレス...
いろいろな動物、
たとえば、
ラット、ハムスター、マウス、
そして、馬において、
妊娠初期のストレスが流産の原因になる
という研究報告は、
1973年から1989年にかけて
数多く発表されています。

1984年には、
マウスにおいて、
ストレスが胎児の先天異常率も上昇させた
という研究報告もあります。


マウスにおいては、
流産しやすい組み合わせがわかっています。

その流産しやすいマウスモデルの
妊娠直後に24時間、
音のストレスを与え、
与えなかった群と
その流産率を比較した研究報告が、
1995年、
ドイツ、フランス、カナダの
共同研究チームより発表されました。


その結果は、
ストレスを与えなかった群の流産率が15%に対して、
ストレスを与えた群の流産率は35%と高率でした。


このメカニズムについては、
ストレスにより、
神経伝達物質(サブスタンスP)が上昇し、
その神経伝達物質が
NK(ナチュラルキラー)細胞を含めた
免疫系を活性化して流産させている可能性が高い
と報告されています。


このように
動物実験ではありますが、
妊娠初期のストレスにより
流産が誘導される
という研究報告は数多くあるのです。
#ブログ #妊娠ストレス

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。