記事検索

甲州の東面斜面ぶどう園

スレッド
河口湖から雁坂峠を越えて、甲府... 河口湖から雁坂峠を越えて、甲府盆地に入ったとたんに「桃園・ぶどう園」の幟が目立つ。そして稲作田はごく少なく、ほとんどが果樹園だ、それもぶどう。僕の目指すぶどう園は甲府盆地でも、東向き斜面の果樹園さ。甲府盆地を見下ろす高台にある、僕の決まったぶどう園到着。これはシャインマスカット。 発送かい?持ち帰りかい?って、... 発送かい?持ち帰りかい?って、園のおかあさんが聞いて来た「持ち帰り」って答えると、隣の「畑」に案内して下さった。収穫寸前まで大切に紙袋を保護されている。 これは巨峰ね。 これは巨峰ね。 見事な房が並ぶ。6~7月に紙袋... 見事な房が並ぶ。6~7月に紙袋をかけるんだそうな、一房づつ。 このぶどう園は、出荷専門。観光... このぶどう園は、出荷専門。観光果樹園ではない。どうやってこのぶどう園を知ったかは記憶にないが、数年前から巨峰はここで直接買う。1年ぶりに会う「千代子おかあさん」も元気。いま、宅配便に託す箱詰めで、テンヤワンヤ。
2019年9月15日(日)夕方。ポーラ美術館ですっかり時間を使ってしまった。甲府にぶどうを買いに行く時間が怪しくなった。・・でも・・

ワオ!と言っているユーザー

ポーラ美術館

スレッド
森の中にあるポーラ美術館。気持... 森の中にあるポーラ美術館。気持ち、イイ~!正面玄関。 エスカレーターで受付に降りる。... エスカレーターで受付に降りる。エスカレータで降りながら、気分が凛としてくる。
12月1日までの企画展は「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」というもの。現代アーチスト作品の中に、その巨匠と呼ばれる人達の作品を1~2点置いて、ひとつの区画で見せてくれる・・・しかし、僕には何の事やら、さっぱり理解が出来なかった。ヘロ、です。
その中でも、この展示区画の様に... その中でも、この展示区画の様に、印象派を並べてくれると、心落ち着いた。シンコペーションを理解した訳ではないけど。しかし今日の収穫は、渡辺豊という現代画家を知った事。彼のキュピズム作品、とても良かった。引く線にためらいもなく、引かれるべき所に引かれ、心地よい。黄色系の色彩も好印象。 エドガー・ドガの「踊りの稽古場... エドガー・ドガの「踊りの稽古場にて」1884年頃。油絵ではなく、紙にパステル。構図が何とも風変わり。しかし空間に踊り子たちが動き回るシーンが想像出来る。 左はマネの「ベンチにて」187... 左はマネの「ベンチにて」1879年。右はルノワールの「レースの帽子の少女」1891年。どちらも好きな絵だな。 ルノワール作品が、三連続で並ぶ... ルノワール作品が、三連続で並ぶ。赤色の画面作品、何故か僕には心地よくない。その右の白い色調作品には、インドの女神を思い出させる。何でだ?僕にとってルノワール作品は良いのと、そうでないのとが極端にある。 ポーラ美術館の裏には「遊歩道」... ポーラ美術館の裏には「遊歩道」がある。これをゆっくり歩くのはイイ気持ち。 大きな樹が幾つもある。見上げれ... 大きな樹が幾つもある。見上げれば、自分は自然界の極一部に存在している事の実感がわく。そして心がなお晴れる。
2019年9月15日(日)午前。天気予報では今日は風強く、正午頃から雨降り。パラ飛行は諦めて、箱根のポーラ美術館に行く。富士山の頭も見える良い天気の中、箱根仙石原への道を登る。ホントにパラ飛行出来ないの?

ワオ!と言っているユーザー

やっぱり鰻は・・に限る

スレッド
サンマは目黒に限る・・じゃない... サンマは目黒に限る・・じゃないが、鰻は○○に限る、鰻の産地でもないのに。確かに高額な鰻だ。だから今日明日&明後日の昼ご飯は、コンビニでのイートインで済ます、ハイ。いただきま~す。 ここの鰻屋に来たら「太うなぎ」... ここの鰻屋に来たら「太うなぎ」を頂きます。それでも4500円! 太うなぎ、とはこう言う事。 太うなぎ、とはこう言う事。 わずか14分の幸せ。友人いわく... わずか14分の幸せ。友人いわく「早過ぎない?」。そりゃもう・・・お替わり~!・・そうはイカンよ、ハル君、4500円!だから。
2019年9月14日(土) 飛びに神奈川県松田町まで来た、けど、小雨になり飛べなかった。圏央道の渋滞1時間半に耐えて来たのに。酒匂川ランディングで、仲間とおしゃべりして、お風呂屋でゆっくり過ごし・・う~、次は・・そうだ!鰻に行こう!

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ