記事検索
ハッシュタグ「#コラム」の検索結果10件

伊勢湾台風から今回の18号に思う

スレッド
日記

平成21年10月8日(木)午前4時7分、台風18号の激しい雨音で目覚めた。しばらく床の中でその風雨の激しい雨音を聞きながら目を閉じていた。
台風や低気圧特有の強弱が激しい雨音である。
その雨音に眠気をそがれて、今このパソコンに、私の過去における台風体験の思いをはせながらキーボードをたたいている。

 台風18号の予報に関連して、室戸台風、枕崎台風 伊勢湾台風 とあわせて昭和の三大台風と匹敵する規模をもったこの18号だと報道されている。

私が過去伊勢湾台風を体験したのは、今日西暦2009年10月8日(平成21年10月8日)から遡って西暦1959年(昭和34年9月26日)までの年月は21年前にもなる。

私が21歳の時である。

当時の私の居住は三重県鈴鹿市であった。当時アルバイトで運送会社のトラック助手をして東京に来ていて伊勢湾と遭遇した。
無論当時はテレビもなく、トラックにはラジオの装備もなく、エアコンの装備もなく、冬は「いっとう缶(液体等を入れるブリキの四角い缶18リットル入る)」を横に輪切りにして、炭で暖をとっていた時代である。冬のニュースで、トラック運転席の換気が出来ず、一酸化中毒で死亡すると言った記事も珍しくはない時代である。

そのような時代であるから、交通規制もなく、台風情報もなく、国道1号線で静岡県駿河湾の海岸に差し掛かり、運転席の窓ガラスは大波をかぶり石で割れ、必死で名古屋までたどり着き、名古屋ではとうとう物理的に通行に不能に陥り、トラックを放棄して、徒歩で二日間を要し帰路についた。
当時の記録によれば、死者4,697人・行方不明者401人・負傷者38,921人とある。
台風一過後晴天である。
その晴天のなか、台風犠牲者の死体収容作業を何度となく目にした光景は忘れがたい。

 それから51年間、意識的に心臓の鼓動を止めることもなく、私は生きていたことになる。私の人生設計に於ける未来への可能性はあったはずである。

しかし、当時の私は、己の人生設計と言う意識すらなかった。
意識があればまた違った人生もあるはずである。このブログにも巡り合わなかったであろう。
政治家になって自分のブログは秘書に書かせ、それを承認するだけと言う立場におかれていたかも知れない。

 あるいは人生設計をして、その計画を実行していれば、素晴らしい現実が待っていたかも知れない。また計画実行の過程で、挫折の苦悩に直面し、自ら心臓の鼓動を止めていたかも知れない。

 当時は、高校進学は10人に一人、大学進学は30人に一人と言う時代であった。人生の目的の大半は、喰っていくことが最大の目的であった。

 伊勢湾台風を体験してから51年、私の生きてきた道のりは何だったのだろうか?
と思う。これで良かったのか? 悪かったのか? 今更過去に思いを巡らせ振り返ってえて見ても何の価値観があるのだろうか?・・・

台風18号の雨音は、今も激しく屋根たたく。
西暦2009年10月8日 平成21年10月8日(木)、岩魚太郎の日記である。

------------------------------------

伊勢湾台風(いせわんたいふう。昭和34年台風第15号、国際名:ヴェラ〔Vera〕)とは、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島-東海地方に大きな被害を及ぼした台風である。
枕崎台風、室戸台風と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。これらのうち、室戸台風は戦前に発生した台風である。
死者4,697人・行方不明者401人・負傷者38,921人(「消防白書」平成20年度版[1]より)[2]にのぼり、明治以来最大の被害を出した。3,000人以上の犠牲者を出した台風として、室戸台風、枕崎台風とあわせて昭和の三大台風と呼ばれる。この犠牲者の数は、1995年1月17日に兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)が発生するまで、第二次世界大戦後の自然災害で最多のものであった。
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より転載
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

「ちょっとHな人類学」

スレッド


「ちょっとHな人類学」

素朴な疑問?って貴方にはないですか?スカートは何故女性だけのもの?ある時猿の交尾に直面しました。猿の交尾期は10月〜12月頃までだそうです。動物は交尾期があるのに何故人には交尾期がないの?そんな疑問に挑戦しました。
題して「ちょっとHな人類学」という落語的学説?です。10日に1度のペースで公開してゆく予定です。
誤字・脱字・文書が意味不明?・ご感想・匿名で結構です。ご意見をお聞かせくだされば幸甚です。ご意見はメールで: iikeuchi@poplar.ocn.ne.jp             
  
 目次
01.序文 10月23日公開
 ●女の痴漢はなぜないのだろう?
02.人の雄と雌の誕生 10月23日公開
 ●318万年前に生存していた女性の「H」はくエクスタシーを感じた?
03.人のおしゃれの秘密
04.「生殖行為」
05.男「雄」のセックス
06.人の「H」と動物の「H」
07.結婚
08.婚の条件
09.哺乳類「人」の親離れ
10.「雄」と「雌」が存在する理由
11.性器とおっぱい
12.「H」の形は人以外はすべて後行為
13.プラトニックラブは成立するのか
14.子供は地球の中心


*****************************************************
ちょっとHな人類学」の記載はすべて「PDF」表示になっています。PDFをご覧頂く方は「adobe」のソフトが必要です。インストールされていない方は下記のURLをクリックしてください。無償でダウンロード出来ます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html



 

#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

公園の花水木

スレッド
公園の花水木
埼玉県伊奈町公園4月25日 
http://www.bloguru.com/akioikeuchi/

#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

花水木

スレッド
花水木
公園の青空をふと見上げて見ると、花水木が太陽の光を受けて輝いていました。 

花言葉:花水木(はなみずき) 私の思いを受けて下さい

#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

別離

スレッド
別離
花びらに 愛しき別離の悲しさを
思いをよせる 再会のとき

花言葉「華美・精神美」

#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

一年に一回

スレッド
一年に一回
4月24日(日)
我が輩の居住地は日本国埼玉県上尾市である。
4月23日(土)桜も終わり我が家の庭にこの花が咲いていた。漫然と見過ごしていたこの花も、デジカメで拡大して撮影してみると太陽光に輝いて見える。しかし花咲く植物は周期がある。桜は何故1年に1回春にしか咲かないのか?この花は(さつき?我が輩は花は好きであるけど花の名前音痴)何故桜が散った後に咲くんだろう?春夏秋冬、季節の移り変わりで咲く花は1年に1回だけ?何故?この我が輩の単純な質問も、科学的に説明を受ければ、理解をするけど納得は?
桜もこの花も、咲いているうちはきれで美しいが散った後は、来年までその美しさが開花するまでは忘れられてしまう。1年に1回の瞬時の美しさである。1年に1回と言えば動物もそうである。何故例外を除いては、子孫繁栄の生殖行為は1年1回で、しかも動物によって生殖行為の時期は何故相違するのであろうか?誰かその答えを明快に我が輩に回答して頂きたいと思うのだが?
前記した「例外」とは、我が輩の薄識(博識)では「鮭」と「人間」である。鮭の稚魚は海に下り3年〜4年?で生まれた川をさかのぼり、その川で産卵して死ぬ。「鮭」の生殖行為は一生に一度きりで、しかも子孫繁栄の生殖行為を行った後で自然死!美学である。
一方の例外である「人間」はとみると、朝昼晩夜中、所かまわず、子孫繁栄の為の生殖行為を?行っている。花が咲くのは1年1回、動物の交尾期も1年に1回、人間だけが何故1年に1回だけでなく生殖行為が可能なのですか?誰か教えてくれますか?
次回にその答えを見つけたいと思うのだが、はたして見つかるか???乞うご期待
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

桜満開その3

スレッド
桜満開その3
4月9日(土)桜満開その3
我が輩の居住地は日本国埼玉県上尾市である。
我が郷土上尾村の桜は満開である。上尾村???そう!れっきとした上尾村である。埼玉県上尾市上尾村XXXX番地である。通常常識的には「県→市→町」であるが、我が郷土は上尾市の中の上尾村である。上尾市の中でも唯一の村名は我が居住する郷土のみである。村名の由来はまたの機会に記述するが、我が郷土の満開の「桜」に関する思いをしるしたい。桜前線は北上し紅葉前線は南下する。紅葉樹はなんとなく太古の昔から自然の山林に自生しているものと想像出来るが、「桜」は自然発生的に自生しているとは思えない。いつの頃かは解らないが、大昔から人工的に植樹していたのかも知れない。思考的には単純で短絡思考かも知れないが、「万葉集」にも「桜」を題材にした歌が多く見られ、それは人為的に植樹しいるのかも知れない。多くの人々は桜の下にゴザ(ビニール)をしき酒宴である。この時期、ニュースで全国的に取り上げられるのが上野公園である。我が輩の居住する地域においても同様である。老若男女元気いっぱい!その酒宴の杯の上に桜の花びらが乱舞する。ああ!「桜の季節は短くて、楽しきことのみ多うかりき!」そこで???
貴方は:花より団子派?? それても万葉集の「歌人」派??

「桜花(さくらばな)、咲きかも散ると、見るまでに、誰れかもここに、見えて散り行く」
解説:(桜の花が咲いて散るのを見るように・・・誰なのでしょう、ここに集い、そして散り行く人々は・・・)柿本人麻呂歌集(かきのもとひとまろかしゅう)より

参考:ソメイヨシノ(バラ科 サクラ属)
ソメイヨシノは里桜の代表であり、公園や街路・河川の堤防など各所に植栽されている。葉の展開に先立って花が咲くので、花としては見応えがある。
ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種であり、学名の種小名の先頭に雑種を意味する×印が記されている。不稔であり、開花しても普通果実はできず、花が散るとやがて花柄は一斉に落下してしまう。希に果実が形成されるが、発芽する種子はほとんど無いようである。
 植栽してから15年ほどすると花付きが良くなり、20〜40歳の期間は見事に花を咲かせる。その後次第に樹勢が衰え、50歳を過ぎると衰えが目立つことが多い。特に管理が悪い場合には樹勢の衰えが目立つ場合が多く、100年も花を咲かせ続けるソメイヨシノは珍しいのではないかと思う。なにやら人生とよく似ている。このようなことから、かつて花見の名所であったところに久々に訪れてみると、ようやく生きている程度の桜並木になっていることも多い。桜の名所を維持するためには、20年後の姿を予想しつつ、長期にわたる管理計画が必要である。

#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

桜満開その2

スレッド
桜満開その2
4月8日(金)桜満開その2
我が輩の居住地は日本国埼玉県上尾市である。
桜の写真撮影のためフアインダーを覗いていると、背後で女性の声がした。
「お願いがあるんですけど・・・」我が輩は声に向かって振り返った。
「小さい桜の枝折ってほしいんですけど?」
我が輩?
「病院に入院している人がいるんですけど、その人はもう長くないんですよ。だから是非この世の思い出に桜の花を見せてあげたいんです。すみませんが小さな桜の枝を折って頂けないでしょうか?」
そのとき幼稚園の子供たちが桜の下を先生に導かれながら通りかかった。その子供たちをやり過ごして適当な桜の枝を折って渡した。
子供たちには桜の枝を折る場面は見られなかったものの、一般の大人たちの複数の人々は軽蔑の眼差しで見ていた。この情景をどうご覧になりますか?

いい歳をした大人(おじいちゃん)が、桜の枝を折っている。

見ている第三者は桜の枝を折る理由を解らない。
?桜の枝を折ってくれと頼んだ女性は、桜の枝が自ら手の届く位置にありながら何故折ってくれと頼んだのか?
?頼まれて花泥棒した我が輩の行為は是か非か?

あなたならどうします?

#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

桜満開

スレッド
桜満開
4月7日
我が輩の居住地は日本国埼玉県上尾市である。
日記を書く決意をして早くも一週間を経過した。4月7日、我が輩の居住地である上尾市文化会館の桜も、万を喫したように一斉に開花した。日本の「桜」は花の代名詞である。
「花より団子」と言う言葉があるが、「花」の意味は、日本人であれば「花=桜」と理解できる。そもそも日本にはどうして桜の木が多いのだろう?子供相談室にでも聞いてみたいものである。花(桜)が咲けば、人々は花の下へ集まってくる。近くのスーパで30人程度の中年女性の方々が団体で買い物をしていた。弁当・パン・果物・ジュース等々、金額して500円前後、夕食の食材ではない。支払いが個人である。
我が輩が桜の写真を撮るべくカメラを持参して出向くと、スーパで買い物をしていた女性の方々が、桜の下に輪になって座っていた。しかも下に敷く敷物のも、花見の宴席に使用する大きなビニールシートでは無い。察すに、敷物は我が家であり合わせのものを持参、昼食の弁当はスーパで調達、アルコールも個人調達で花満開の下でおしゃべりを楽しむ計画であったと思われる。個人主義と団体(チームプレィ)の融合である。好きな食い物は個人の金で買い、花の下でのおしゃべりだけが団体プレイである。しばらくカメラを構えながらおしゃべりの内容を聞いてみたが、見事なまでの井戸端会議であった。それも言うなら「桜井戸端会議」と言うべきであろう。感服!
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

我が輩のPC操作術

スレッド
4月5日
我が輩のPC操作術は(如何にも古典的表現)68歳にしてはそれなりのいいせんをいっているものと自負している。我が輩の日記を閲覧して方は、参考に我が輩のPC操作術を独断と偏見で箇条書きにした。
1.ハード・PCの中を開けハードディスク等の機器類を取り付けられる。
2.Word:パンフレット・案内状・レベルは中級
3.Excel:かなり高度な計算および詳細の図面及び作成 中の上
4.画像処理:画像の加工等腕は中級
5.PowerPoint:プロ級 「PowerPointで自分史を」とのアイディアを提案しているが、我が輩の提案に賛同する数すくない。
興味がある方は http://www.dmkikaku.com/ 参照
6.ホームページ作成:中級 作成したHP見てください。
http://www.twt-tokyo.com/  http://www9.ocn.ne.jp/~yakuokan/
http://www.dmkikaku.com/
閲覧された諸先輩方々、自分の腕の比較してみてください。初心者の方は無料パソコン教室へどうぞ。
#読書 #本 #詩 #エッセイ #コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ