English日本語

ハッシュタグ検索

"#詩"の検索結果
  • 前橋ポエトリー・フェスティバル2017へ 行こっ。。。

    明日は急遽、前橋ポエトリー・フェスティバル2017へ行くことにしました。全国からツワモノ詩人たちが集まって来るようだ。さて、私はそこで何をするかというと、そりゃ、楽しむだけさ。どうやって楽しむ? だって。えーと、朗読を聴いて世界に入り、展示された詩を味わい、詩人に話しかけ刺激をもらうんだよ。 ただ、...
  • 詩を書くなら魂を灯せ

    つい批判的精神という防御を忘れ あなたをいいひとにしてしまった しかし慄くことではない 化粧をして ピエロのように愛想振りまいて 自分を飾りながら 何処かであいつ最悪 って、言っているあなたが いることなんて 俺はそんなことでは傷つかないんだよ とても歓迎なのさ 詩に関することでは 俺にナイフが光っ...
  • Re.furusu.jibun

    僕だけのために僕が詩を 書いている訳ではなく だからと言って誰かへの 押し付けにならないようにしよう 最小公倍数の僕が残ったのだから とてもわかりやすくて とても自由で とっても素敵に世界が存在して そこを歩いて行けばいい ひとり歩きを始めよう 二年前にあった自分のスタイルへ戻ろう だけどこの二年間...
  • 空回りの後に……

    なんともややこし事に なってきたようです たぶんそうなんだと思います そう思います そうなのだから それ以上はわからないのですが 今回のことは いつも私の念頭にある サービス精神が悪い方へ流れ 良かれと思ったことが ひとには良くないのでした 少し言い訳をさせてもらえれば 私は小さい頃から 変わってい...
  • ・・・・・

    雨がふります っ っ っ 今日もまた 僕らに僕を戻すように 雨がふります っ っ っ 雨は神様の 涙なんかではありません 雨がふります っ っ っ 今日もまた 濡れてしまおうか っ っ っ...
  • 詩に纏わる孤独

    どうしてもわからない ある詩人が詩を インターネット上で公開すると 絶賛される 好みの違いだろうか わたしには良さがわからない しかし そこには多くのひとの心を揺さぶる 何かがある 確実に そこがわからない 何度も読んでみる 作品への感想も読んでみる やはりわからない なぜわたしの詩に 孤独が絡みは...
  • 下弦の垂れる抽象風骨

    月から滴り落ちる悲しみ 遠い過去に貼られた 臆病の言葉を剥がせない夜風 解っているのさ 時空に張り巡らせたトラップが 自分の虚言によるものだと 吐いて踊る明日の音楽隊 響き割れる髑髏の行進 タッタラッタ タッタラッタ 沈んでゆく歓喜の叫び 干からびた指先 後退に消滅してゆく者達の儀式 発射される護衛...
  • 私という作品

    死ぬまで毎日 詩は書いているのだろう そう思っていた そのこだわりは つまらなく感じたのである 今日は 一作も詩を書かなかった 途切れた時 何かが起きるんだ そう思っていた ごはんを一日食べなかった それぐらいのことだった たいしたことはない 一日 詩を書かなくても 私という作品は 途切れることなく...
  • 詩の祭りだ祭りだ。。。

    埼玉詩祭
  • 遺書という防波堤

    遺書は手書きだろうか ワープロ打ちか 布団の中で悩んでいる やはり最期の証となる 重要なものになるだろう それを下手な手書きでは あっちから笑い声が聞こえそうだ ワープロ? ん〜 素っ気ない 誰でも同じような字になり しかも文書力がないから あっちから笑い声が聞こえそうだ ああ 俺はどうして笑われた...
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

ページ 1/237