記事検索

348. 第10回 「青クリの会」のご報告

スレッド
348. 第10回 「青クリの... 不育症と着床障害の関係図 不育症と着床障害の関係図
2015年3月1日(日曜日)の正午より16時頃まで、
10回目の「青クリの会」を開催いました。
約50名の方がご出席されました。

不育症と着床障害の専門クリニックとして、
日本では最初に2008年5月に開業して以来、
2014年4月までの6年間における
不育症と着床障害の関係を調査した結果も
ご報告しました。

6年間の初診患者の中で、
A群として、
胎のう確認後の流産を
2回以上経験された方は、
3008人であり、
B群として、
胚移植して
3回以上の妊娠判定陰性あるいは
化学流産を経験された方は、
955名でした。

A群とB群が重複するC群の方が、
464人もいらっしゃいました。


この結果より、
当院受診された患者さんにおいては、
不育症の方の約6人に1人が
着床障害も経験されおり、
着床障害の方の約2人に1人が
不育症も経験されていたのです。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ