記事検索

221. 流産、死産、そして夫の悲しみ

スレッド
221. 流産、死産、そして夫...
また流産、また死産した。
そのとき、
旦那さんのことまで気遣える人は、
たぶん、
ほとんどいないでしょう。

自分自身の喪失感、罪悪感で
いっぱいであったはずですから。

旦那さんとしても、
男として、
自分の悲しみは心の奥に仕舞い込み、
あなたを支えようと必死だったはずです。


ただ、旦那さんのなかには、
ご本人以上に
愛するわが子を亡くした悲しみから
立ち直れない人もいらっしゃるのです。

ご本人以上に
女性性が高く、
女性的なやさしさを持った人なのだと思います。


こんな場合、
亡くなった赤ちゃんのことを思い出し、
お二人と、もうひとりとの、
家族の時間 を
持たれることをお勧めします。

亡くなった赤ちゃんが
ご夫婦の絆を
より一層、強くしてくれますから。

#旦那さん

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ