記事検索

ロサンゼルスの不動産に関するブログ

https://jp.bloguru.com/fudosanamerica

フリースペース

ロサンゼルスやオレンジカウンティーで不動産に関する相談は 加木あおいまで 是非お問い合わせください!

Garage のリモコンについて

スレッド
ガレージのリモコンは自分でも余分に作ることができます。 
最新の車には自分のリモコンのコードを覚えさせることができる機能がついていますので リモコンを作る必要はありませんし また最新のものでしたらアプリでガレージを開けることもできます。 

さてリモコンの余分に作るためには Garage Openerと同じメーカーのリモコンを購入します。 あとはGarage Openerのマニュアルを参照して作ります。
通常はOpener本体にLearning ボタンがついているのでそこを押してリモコンに覚えさせます。 メーカーや機種によって異なりますので マニュアルをみてくださいね。

#fudosanamerica #maintenance #アメリカンホーム #garagedoor

ワオ!と言っているユーザー

Garage Door Opener について

スレッド
ガレージドアーを開ける機械をGarage Openerと呼びます。
以前はTilt upと言って一枚板のガレージドアーを上げていましたが、 近年はRole up式のドアが主流です。
昔はガレージオープナーのリモコンのコードはマニュアルでコードを設定していて、 たまに同じ番号の家があれば その家のガレージが空いてしまうという怖い話もありましたが、最新のGarage Door Openerは 開け締めのたびに周波数を変えるというふうにSecurityがアップされ、 最近では自分の携帯にアプリを設定して家にいなくてもガレージが開けられたりするようなものを出てきております。

https://www.youtube.com/watch?v=GgdzEYKpGXw 
#fudosanamerica #maintenance #アメリカンホーム #リモデル #garagedoor

ワオ!と言っているユーザー

Garage Door について

スレッド
アメリカの家にはガレージは通常はついています。 古い家1950年代以前のものは1台分のガレージしかない家もありますが 普通は2台用のガレージがついています。 昔はオープナーがなくガレージは手動で開け締めをしておりました。 1980年代ころから一般の住宅にもガレージオープナーいうものが使われはじめました。1990年くらいまではガレージは一枚の大きな木のパネルでできていましたが近年はパネル式のアルミやスティールでできたドアでロールアップして巻き上げられるようにして開くようになりました。

古いタイプのガレージドアから新しいタイプのガレージドアに取り替えるコストは素材にもよりますが ガレージドアパネルとガレージオープナーを含めると$1500−$2000くらいです。 ガレージドアパネルの種類については以下にまとめますが、 ドアにInsulationをつけるとお値段は高くなります。 極寒のないカリフォルニアですので Insulationを付ける必要はあまりないとおもいますが。

ガレージドアの種類
1. Wood   高級感があるが 重い。 傷みやすい
2. Steel   丈夫 メンテナンスが楽 
3. Aluminum   Steelより軽いがその分凹みやすい。 メンテナンスが楽
4. Fiberglass  最近人気がでてきた半透明のガレージ 海風などに強く、 軽い素材でできている
#fudosanamerica #アメリカンホーム #リモデル #garagedoor

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ