記事検索

49. 悲しい手術

スレッド
49. 悲しい手術
ほとんどの手術は、手術前の状態より良くなるために行われます。
ですから、大きな希望があります。

対極的に、流産手術は悲しい手術です。
流産 (子宮内での赤ちゃんの死亡) を宣告され、
絶望と悲しみのまっただ中に行われる手術です。


10年以上も前のひとりの患者さんのことをよく思い出します。
非常に難治性の不育症患者さんでした。
10年間以上も私を信じて、
流産しても、流産しても、
私のいろいろな治療を受けてくださいました。

しかし、
10回以上も、流産手術を行うことになってしまいました。

あまりにも過酷で悲しくて、
無言のまま、流産宣告をし続け、

最後の数回は、ご本人の希望により、
流産手術を麻酔なしで行いました。


ご本人は、感情が凍りついており、
痛みさえ感じないようでした。
いや、
身体的な痛み以上に、
こころの痛みが極まっていたのかもしれません。


たぶん、自分の命より大切な命だったのではないでしょうか。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ