記事検索

47. 悲嘆のプロセス:その4、「現実直視」

スレッド
47. 悲嘆のプロセス:その4...
「抑うつ」「無気力」な状態から、
少しこころが活動し始めると、

「なぜ?」
赤ちゃんは亡くなったのか、

何がいけなかったのか、
流産を繰り返すとはどういうことなのか、
無性にこの現実を知りたくなると思います。


10年ぐらい前でしたら、その情報を知るすべは
ほとんどなかったと思います。
たぶん、それまでの先生から、
「私の知っている大学病院に紹介します。」
と言われ、大学病院なら権威の象徴だから、
たぶん大丈夫と、
自分を納得させていたのではないでしょうか。

大学病院というブランドが治療してくれるのではないのです。
大学病院の教授がすべてに優れているのではないのです。
大学病院のそれぞれの先生が、
どの分野に優れているかが問題なのです。


現在では、インターネットがあります。
ブログには、患者さんの生きた言葉があふれています。

洪水のような情報量ですが、
その中から、自分の現在の状況が
少しずつ見えてくると思います。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ