記事検索

744. 流産絨毛の染色体検査が異常な場合

スレッド
744. 流産絨毛の染色体検査...
流産絨毛の染色体検査が異常な場合、
構造的な異常ならば遺伝的な可能性が高いですが、

ほとんどの場合は、数の異常ですから、
その場合は、偶然的な異常です。

数の異常は年齢とともに増加します。


染色体の数の異常は偶然ですが、
連続して起こったとき、

その場合は、

体外受精の
PGT-A(着床前胚染色体異数性検査)
による正常胚の移植が、
ひとつの対策として有用と考えます。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ