記事検索

678. 子宮内のNK細胞の重要性

スレッド
678. 子宮内のNK細胞の重...
妊娠初期の子宮内膜細胞の
約30%が白血球細胞です。

その中の約70%が
NK(ナチュラル・キラー)細胞であり、

子宮内膜のNK細胞の多くは
血管の形成や、
胎盤になる細胞の増殖を助けており、
いわゆる善玉です。

しかし物理的、生物学的、
心理的ストレスがかかると、

悪玉NK細胞が増えて、
(NK細胞活性が増えて)、
胎盤になる細胞を攻撃
してしまいます。


NK細胞は、
アドレナリンの影響を
受けていますので、
イライラ、迷い、不信感が強いと、
NK細胞活性は高くなる
傾向にあります。


上の図は、
以前より私が考えている
ひとつのモデルケースです。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ