記事検索

611.こころ と からだ の変調

スレッド
611.こころ と からだ の...
排卵期に妊活した後、
あるいは、
卵を移植した後、

一週間ぐらい経過した頃より、

腹痛、不眠、イライラを
よく経験されている方は、

「生殖ストレス」

が、不育症・着床障害の
引き金になっている
可能性があります。


生殖ストレスが強いと、
ストレスホルモンが増加して、
免疫細胞が攻撃的になり、
血液は固まりやすくなり、
子宮内のラセン動脈(細動脈)は
細くなり、
子宮環境が受精卵にとって
悪化してしまいます。


この場合の治療には、
からだの治療だけでなく、
こころの治療も必要なのです。


ブログNo.573 の
「恵みの窓(ラセン動脈)の不思議」
も参考にしてください。



ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ