記事検索

567.先天性心ブロック、抗SS-A抗体

スレッド
567.先天性心ブロック、抗S...
妊娠女性が抗SS-A自己抗体
を持っていると、
出産児に先天性心ブロックが発症する
可能性があることは、
以前(1983年)より報告されています。


抗SS-A抗体の保有率は
約1%であり、
抗体保有女性からの出産児の
約1%に、
先天性心ブロック児が発症すると、
推定されています。


近年、抗SS-A抗体の測定方法別と、
抗体価別の罹患率が判明してきました。

抗SS-A抗体の抗体価が高いほど、
先天性心ブロックのリスクが高まる
傾向にあるのです。

また、抗SS-A抗体陽性女性の
妊娠管理の方法も、
ある程度判明してきています。


抗SS-A抗体は
妊娠中期の死産にも
関係している可能性があります。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
* は必須項目です。必ずご記入ください
  • なし
  • 中央
チェックされている場合は表示されます。
画像認証