記事検索

391.妊娠初期の超音波写真の見方 

スレッド
391.妊娠初期の超音波写真の...
超音波写真があれば見てください。
計測してあれば、
GS 何mm、 CRL 何mmと印刷されています。

GSとはgestational sac の略で、
「胎嚢」 と言う意味です。
胎嚢は赤ちゃんが入ってくる袋なのです。
妊娠4週末から妊娠5週には見えるはずです。

妊娠5週から妊娠6週には、
「胎嚢」 の中に小さなリングが
見えてきます。
それが「卵黄のう」 です。
「卵黄のう」は非常に大切です。
赤ちゃんが発生するための
栄養タンク(貯金箱)なのです。

別名、エンジェルリング
と呼んでいる方もいます。


CRL とは、crown-rump length の略で、
「頭殿長」 という意味です。
赤ちゃんの頭部から殿部までの長さです。
妊娠6週ぐらいから
数mmの赤ちゃんが心臓の拍動とともに
見えてきます。


ちなみに、
予定の生理日の第1日目が妊娠4週0日
となります。生理が1週間遅れていれば、
妊娠5週0日となります。


診察して、超音波の写真を渡すだけで、
詳しく説明してくれない先生は、
おなかの赤ちゃんにとって、
あまり良いとは言えませんよね。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ