記事検索

378. 着床障害の方が流産したとき

スレッド
378. 着床障害の方が流産し...
数えることすら苦痛なぐらい
胚を移植しているのに、
すべて生理のように流れている方が
少なからず当院を受診されています。

そのような着床障害の方は
治療により妊娠成立できると、
ほぼ成功したかのように感じられているようです。

しかし、妊娠10週ぐらいまでは
不安定で、流産しやすい時期なのです。


でも、
そのような方が流産してしまったとき、
初めての妊娠期間を経験され、
今までとは違う世界観を感じられているようです。

これは不育症の方が流産したときとは、
大きく違います。


少しの間でも赤ちゃんを育てられたこと、
流産した赤ちゃんから元気(希望)をもらったこと、
と、
前向きに受け止められているようなのです。

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ