記事検索

Sake Nation “Special Case of Ban Lifted on Alcohol Take-out Sales from Restaurants”

スレッド
by Kosuke Kuji

As the novel coronavirus raged across Japan in March, many restaurants voluntarily shortened their business hours or shut down.
Since the state of emergency was declared, citizens were continuously advised not to dine out in restaurants or attend drinking parties in large groups. The tourism and restaurant industries were dealt a significant blow in Japan.
Restaurant owners were not exactly wringing their hands, as many restaurants started to accept take-out orders.
Although this is wonderful, alcohol permits in Japan stipulate alcoholic beverages purchased from restaurants must be consumed on the premises.
Take-home consumption is prohibited.
In such times, the news reported alcohol delivery and take-out sales from restaurants became legal in the U.S.
We sake breweries initiated an effort to establish a system allowing take-out sales of alcoholic beverages as permitted in the U.S. by dividing the volume into smaller portions, etc., to save our restaurant clientele. The National Tax Agency JAPAN, the administering agency of liquor licenses, immediately responded at a startling speed and lifted the ban to permit take-home sales of alcoholic beverages. However, thanks to the remarkable speed of the permit granted in only one day, many restaurants continue to use this system to accept take-out orders for both food and alcoholic beverages.
Restaurants, especially bars and pubs do not only serve food. Consumers enjoy satisfaction from savoring the sake selections chosen by the owner together with delicious cuisine in the ambiance of the establishment. We cannot yet enjoy the ambiance of a bar or pub, and the cuisine alone lacks the joy of dining out; however, adding the alcoholic beverage adds joy to a take-out meal consumed at home.
There must be more we could do. We sake breweries look forward to continuing our efforts.



酒豪大陸「飲食店の持ち帰り酒販免許特例解禁」

新型コロナウィルスが日本で猛威を振るっている3月、飲食店は自ら自粛をしたり、店舗のオープン時間を短くしたりしていました。
緊急事態宣言が出てからは、名指しで飲食店に行かないように、大人数の飲み会をしないように、と言われ続け、観光産業とともに、日本でもかなりの被害を受けているのが飲食店でした。
もちろん手をこまねいているわけではないのですが、テイクアウトを始める飲食店も多数出てきました。
それはそれで素晴らしいのですが、日本では免許の関係で、飲食店にあるお酒はその飲食店で飲まなければ行けません。
持ち出したりするのは禁止されています。
そんな中、アメリカでも飲食店にアルコールの持ち帰り販売が可能になったというニュースが出ました。
私達蔵元は飲食店さんを救うために日本でもアメリカ同様に、飲食店でお酒を小分けしたりして持ち帰り販売できる制度の創設に動きました。すぐさま免許を管轄する国税庁が呼応して、驚くほどの早さで飲食店でのお酒の持ち帰り免許が解禁されました。しかも申請から1日で認可されるというスピード感のすごさもあり、多くの飲食店さんがこの制度を使って今でも料理とお酒をテイクアウトしています。
飲食店、特に飲み屋さんは料理だけ出すお店ではありません。そこの主が選んだ自分の料理にあう日本酒をその雰囲気でおいしい料理と楽しむことで満足を得られます。雰囲気などは今は出来ませんが、料理だけでは飲み屋の魅力は少なく、これに酒がつく事で少しは飲み屋の良さを自宅で味わう事が出来ます。
やれることはたくさんあるはずです。酒蔵も頑張っていきたいと思います。

#Sake #BanLifted #TakeOut

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ