記事検索

541.ヨーグルトが子宮内環境に良い?

スレッド
541.ヨーグルトが子宮内環境...
子宮内膜液の
遺伝子検査により、
子宮内にも細菌叢があり、
その多くが乳酸菌の
ラクトバチルスであったとのことです。

ヒトの体にはヒトの細胞と同じくらいの
細菌が住んでいるらしく、
ほとんどが善玉菌(乳酸菌)です。

35人の不妊症患者さんの検査で、
子宮内膜液中の
ラクトバチルス細菌叢が
90%以下の場合、
胚移植の成功率が
低下したということが報告されています。
(Am J Obstet Gynecol 2016)

この結果から、
ラクトバチルスという乳酸菌の
子宮内の低下が妊娠維持に
関係しているらしいのですが、

ヨーグルトのような発酵乳製品を
食べれば効果があるのかどうか?

抗生物質はどうなのか?

また、本当に、
ラクトバチルスの減少が
原因なのかどうか?
は、まったく不明のままです。


しかし、
乳酸菌は、免疫系を調節する作用を
持っていますので、
乳酸菌が一部の方に
効果があるのかもしれいません。



ブログNo.528に書いてあるように、

「無菌性炎症」 も含めた
子宮内の炎症状態が
胚移植不成功と、
流産の
原因のひとつです。


そうであるならば、
いろいろな免疫系を検査して、
その異常を治療することが、
成功への近道であると
考えられます。


免疫系は、
精神・神経系の心理面からも
影響されますので、
心のバランスも非常に大切です。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ