記事検索

412. 夫婦の染色体検査は必要か?

スレッド
412. 夫婦の染色体検査は必...
夫婦のどちらかに染色体異常があっても、
遺伝的に流産する確率は約50%です。

夫婦のどちらかに染色体異常があっても、
必ず流産するわけではありません。

夫婦のどちらかに染色体異常があっても、
約50%の確率で元気な子を出産できるのです。

夫婦のどちらかに染色体異常があっても、
それに対して治療はできません。

夫婦のどちらかに染色体異常がある
ことがわかると、
精神的な原因が発生してくることがあります。


妊娠前の夫婦の染色体検査をしなくても、
流産した時の流産物の染色体検査を
すれば、
夫婦から遺伝した異常(構造の異常)
かどうかも、ほぼわかります。

流産物の染色体検査が正常ならば、
子宮内に未治療な原因が
ある可能性が高いのです。

#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。